2009年02月11日

企業スポーツ

『日産が野球部など休部 経営合理化の一環』(スポニチ)

日産自動車は9日、自動車不況を受けて正社員を含めた国内外のグループの従業員のうち、1割近い2万人を2010年3月末までに削減し、計21万5000人にすると発表。国内では新規採用の抑制などによる正社員4000人を含め計1万2000人を削減する。リストラの一環として、硬式野球部、卓球部、陸上部の3部を休部。都市対抗野球2回、日本選手権1回の優勝の実績のある名門野球部は、1959年創部からの歴史に、ひとまずピリオドを打つ。


『セコム:ラグビー部の強化中止、社員有志での自主的活動に』(毎日新聞)

社会人ラグビーのトップイースト11に所属するセコムは10日、ラグビー部の強化を中止し、社員有志による自主的活動に変更すると発表した。正社員である日本人選手38人やスタッフは会社に残るが、プロ契約している外国人選手5人やコーチとは今季限りで契約を打ち切り、事実上のクラブチームとなる。


アメリカの金融危機に端を発した世界的な不況の波は、否応なく日本にも押し寄せ、企業スポーツの休廃部や縮小が相次ぐ事態になっています。ラグビーは昨年末以来、ワールド、IBMに次いで3チーム目。どれも明確な「廃部」ではなく「強化の縮小」としています。プロ選手とは契約を切り、社員有志による活動として残す。ただし勤務時間や職場の配置で優遇されることはなくなり、遠征費用なども出ない。「廃部」という言葉こそ使っていませんが、事実上同じことです。一部選手の流出は避けられないし、トップリーグはもちろん、それに順ずるレベルでも戦えなくなるのは明白。それぞれに「縮小」の理由は違うとはいえ、同じ競技で3チーム続けて同じ方策を採ったというのが、どうも引っ掛かります。

企業がトップレベルのスポーツから撤退・縮小する例は、私が把握してるだけでも、まだこれだけあります。

西武(アイスホッケー)→廃部
オンワード(アメフト)→廃部
TDK(サッカー・JFL)→廃部
TASAKI(サッカー・なでしこL)→廃部
三菱ふそう川崎(野球)→休部
ホンダ(ハンドボール)→縮小
ホンダ(F-1)→撤退
富士重工業(WRC)→撤退
スズキ(WRC)→撤退
三菱自動車(ダカールラリー)→撤退

地域レベルではもっとあるはずですが、主だったところはこのあたりでしょうか。これらの発表全てが、ほんの数ヶ月以内に起こったという事実に、改めて驚きを禁じ得ません。廃部がまだ何ヶ月も先のことというチームもありますが、最初に取り上げた日産のように、何の連絡や相談もなく、突然決定事項として伝えられた例もあります。選手やコーチなど、関係者の心情を考えると胸が痛みます。

こうなってくると「負の連鎖」も心配になります。苦しいながらもチームを維持してきた企業が、現在の相次ぐ休廃部に乗っかってしまわないか。株主からの突き上げなどもあるかも知れません。逆に上層部は維持するつもりでも、一般社員の支持を得られないことも考えられます。給与どころか雇用そのものが危うい状況で、スポーツ部だけが聖域になるのはあり得ないことです。

救いなのは今回廃部になったチームの中に、クラブとして生き残りをかける動きがいくつかあること。冒頭に取り上げたセコムのような、「事実上そうなってしまう」…という消極的なものではなく、自らチームの存続をかけて動いている強い意思の存在。

元オンワードオークスメンバーによるチーム再建への挑戦ブログ

アメフトXリーグの名門、旧オンワードオークスがクラブチームとして再建を図っています。「社会情勢に左右されない地域とファンと共に歩む真のクラブチーム」、「地域に根ざし地域とファンの方から愛され必要とされるチーム」を目指し、blogを通してその過程を伝え、再建にかける強い気持ちを発信しています。選手だけじゃなくチアリーダーも!

「私はチアリーダーです。ダンサーではありません。応援するチームがなければチアはできません。ただ、チアリーダーがやりたい訳ではありません。このチームのチアリーダーがやりたいんです。このチームでなければ私がチアリーダーをやる意味はありません」
(2008年12月24日 チアリーダー守田亜美さんによる記事)

素晴らしいと思いましたね。多くの選手やスタッフが記事を書いており、関係する人たちの一体感と、必ずまた日本一に返り咲くんだという意思を感じ取ることができます。今年1月8日の記事では、これまで]リーグで鎬を削ってきた他チームの選手やコーチが、自らのblogで今回の再スタートを応援してくれていることも紹介されていました。

株式会社ファクトリージャパンというスポンサーを得て、これまで同様、神奈川県相模原市を本拠地とするものの、オークスの名前は権利の関係上使えないらしく、名目上は全く別のチームとしての再スタート。2部若しくは3部リーグから始めなくてはなりません。最低でも約3000万円かかるという活動費の継続的な確保。来年以降の使用グラウンドが未確定など問題もあるようです。いろいろと難しいとは思いますが、何としても成功して欲しい。私はアメフトのルールも正確には知らず、]リーグはCSでちょっと見たことがある程度なんですが、それでも今回の「災い」が、関係者の努力によって「吉」となることを願ってやみません。同じような事例は今後も出るはずだし、旧オークスには素晴らしい成功例となってほしい。


「企業スポーツに支えてもらった時代が終わりを迎えた気がする」
(日本オリンピック委員会 福田富昭・選手強化本部長)

「できることをやらなければ、次世代の夢も希望もなくなる」
(日本アイスホッケー連盟の冨田正一会長。企業に依存したチーム運営からの脱却など、対策を研究する委員会を発足させた)

「スポーツ界発展のために、ぜひ成功させたい」
(陸上のクラブチーム、セカンドウィンドACの川越監督)

「もう、企業スポーツが中心となる時代は終わったと思います。これからはプロ化と地域密着しかありません。1社が1チームを持つのではなく、地域の複数の企業が支え合うといったものに変えていかなければ。同じ理念があるのであれば、他の競技も一緒になって盛り上げていきたいと思っています」
(bjリーグ 河内敏光コミッショナー)


2009年という年は、後にスポーツ界における大転換の年として記憶されるのではないか? 希望的観測に過ぎるかも知れませんが、そうなって欲しいと思います。バレーボールにも、危険水域に足を踏み込んでいる親企業がいくつかあります。全体移籍などという幸運はもうないでしょう。冒頭に取り上げた日産は、事前に何の説明もなく、突然休部を通告されたそうです。バレーで同じことが起きない保証はどこにもありません。危機感は足りているでしょうか?
ラベル:企業スポーツ
posted by 千酔亭 at 19:12| Comment(11) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月15日

ラグビーも面白い

スカパーに加入してから、ラグビーを見る機会が飛躍的に増えました。昨年秋はワールドカップの再放送を頻繁にやっていたし、その後国内トップリーグの放送を見、今はパシフィックネーションズカップを見ています。ついさっきまで日本vsトンガの試合を見ておりまして、後半に4トライを挙げた日本が35-13で勝利しました。

前半は両チームともノートライで、ペナルティーゴールを狙う堅い作戦。素人にはちとつまらない。しかし後半になってトンガの足が止まり始め、逆に日本は早い展開ラグビーを開始。やっぱりこうじゃないと面白くない。印象に残った選手を問われればFL菊谷、WTB小野沢、FBウェブと、トライを挙げた選手たちになりますかね。フッカーやロック、プロップの良し悪しは見極められません。やはり走るバックスにばかり目が行ってしまいます。

昨日のサッカー、バスケットボール、今日のラグビーと日本代表の試合を立て続けに見ましたが、やはり余計な演出がないってのはいいですね。純粋に競技の面白さを堪能できます。異論反論あるでしょうけど、いっそバレーも地上波の放送なくしてしまった方が、見る側としてはいい方向に向かうような気がしています。視聴率のための無駄な演出は、競技自体の面白さを殺いでしまいます。

話が反れました。ラグビーはまだ正確にはルールを把握していないし、解説者の技術・戦術解説も一部理解できません。でもそれでいいと思うんです。理解したいからまた見るし、そのうちに徐々にわかってくるはずです。見ている人の心の内側から、面白いと思う感情が自然と湧いてくることが大切。放送する側が面白がらせようとする必要はない。ただ競技の魅力をストレートに伝えてくれればいい。今日のJ SPORTSの中継は、まさにそうでした。ラグビーを堪能させてもらった。大会はまだまだ続くので、可能な限り見ようと思います。

今日のトンガや、サモア、フィジー、それにニュージーランド(オールブラックス)には、試合前にウォークライといわれる戦い前の踊りがあります。これを見るのも何だか楽しみ。ウォークライと一口に言っても、各国ごとに本来の呼び名は異なり、当然内容も違います。YouTubeに映像があったので載せましょう。上記4カ国のを1つにまとめています。順番はこのとおり。

トンガ Sipi Tau
サモア Siva Tau
フィジー Cibi
ニュージーランド Haka(Ka Mate)
ニュージーランド Haka(Kapa O Pango)

Ka Mateがいちばん有名でしょう。これをモチーフにしたCMも過去にありましたっけ。すごくカッコいいですので、ぜひ見てください。


posted by 千酔亭 at 22:14| Comment(4) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月05日

スポーツ新聞の行方

まずはこちらをお読み下さい。思わず唸ってしまう話です。

『スポーツ新聞が亡くなる日』
Sports Times × 論スポ

私もたまにではありますが、通勤の共にスポーツ新聞を買うことがあります。目的は野球か競馬の記事。他はまあ、目を通す程度。リンク中にある「情報が浅く、一遍化」という言葉を、「うん、まあ確かに…」と肯定してしまいます。結局のところスポーツ新聞が満足させているのは、その2競技のファンだけじゃないでしょうか。たぶんサッカーファンは満足しないだろうし、バレーやバスケのファンには問題外。ゴルフや格闘技のファンがどうなのかまでは、私自身に興味がないのでわかりかねますが…。

紙代の高騰については、私自身が(コピー用紙ですが)売る側にいますので、よ〜くわかります。かといって値上げは読者離れを加速させるから、そう簡単にやる訳にもいかない。経費節減で支局を撤退させるなどの社内努力はするものの、そうすることで内容が薄くなってしまう。そこに持ってきて、

「取材には規制、規制、申請書、申請書ばかり」
「どんどん発信する側にコントロールされるようになってきますね」

という状況が追い討ちをかける。おそらくその「規制」が最も少ないのが、野球と競馬なんでしょう。ベテラン記者が多くて、いい記事を書けるのかも知れません。でもそれ以外の競技は、表面的なことをなぞるだけの記事が多いように思えます。何でも載ってるけど、欲しい情報は何もない。まるでかつてのダイエーのようです。そう、スポーツ新聞は、昔ながらの百貨店。

週刊や月刊の専門誌を買えば、もっと良質の情報が手に入ります。新聞の利点は速報性と多様性ですが、今は新聞を買わずとも携帯で得ることができます。WEB上にはより多様な情報があり、メディアのサイトだけではなく、チームのホームページや、選手のblogから発せられる生の声があり、ファンのblogにも優れたレポートが多くあります。

私はバレーファンなので、毎度そちらの話になってしまうのですが、新聞の記事は見るに値しません。唯一の専門誌は事実上、協会の広報誌。大きな大会の前に出る「Number PLUS」などには、読み応えのある記事もありますが、基本的にバレーファンの多くは、紙媒体に期待をしていないはずです。

スポーツナビにOQTの期間中、東レ男子チームの小林敦コーチがコラムを連載しています。

「北京五輪への道」
小林敦の五輪最終予選解説

特定の選手をミーハー的に応援している人はともかく、バレーボールという競技自体の面白さに魅せられているファンにとっては、こういうのが読みたかったんだ! と思わせてくれる内容です。かといって、スポーツ新聞にこれをそのまま載せても、理解できる人は少ないでしょう。途中で読むのを止めてしまう人が出るかも知れません。ただバレーボールにおける戦術ってものが、あまりに語られなさ過ぎると思うのです。何かといえばサーブレシーブにばかり問題を帰してしまう傾向が強い。わかりやすいですが、それでは一面的に過ぎて、問題の本質を見誤ってしまいます。

スポーツ新聞でも専門家によるコラムは載っていますが、概して扱いが小さく、内容も無難になりがちです。もっと突っ込んだもの、厳しい指摘が欲しいところですが、その競技の統括団体やチーム、選手個々人との関係を考えると、なかなかそういうことは書けないものなんでしょうか。以前に取り上げた中西美雁さんの言葉を思い出します。

  『自分はそういう「メディアの文法」的な無難な文章じゃない、
  掘り下げたもの、対象となる選手やチームに、ある意味戦いを
  挑むようなものが書きたい』

  『通り一遍のきれい事でない、掘り下げるようなドキュメンタリー
  って選手やチームだけじゃなくて読者にもそっぽを向かれる覚悟と
  エネルギーはいるし、、、、現況、発表する場がないんですよ、
  ぶっちゃけ』

「百貨店不況」なんていう言葉があったくらい、広く浅く商品を取り扱う形態の店舗は、厳しい経営状況におかれていました。有効な対策を打てなかったところは、容赦なく淘汰されていきました。スポーツ新聞が置かれている状況は、これに似ているように思えます。現在、複合型大型店舗の主流は、専門店街(ショッピングモール)に移っています。スポーツ新聞はどんな手を打つんでしょうか。
posted by 千酔亭 at 21:34| Comment(8) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月31日

遅まきながら上村愛子を称える

休日にしては早起きをして、J SPORTSで放送していた「フリースタイルスキーFIS W杯07/08 男女モーグル 〜上村愛子の活躍をもう一度」を見ていました。今日の放送分はワールドカップ後半の4戦(全10戦中)。ポイントリーダーの証、イエロービブを身に着けての堂々たる滑りっぷり。第5戦の猪苗代から最終戦まで圧巻の5連勝。強い!の一言でした。

これまでエアは見事だけど、得点配分の高いターンとスピードが少し足りない…というのが、彼女への一般的な評価だったと思います。私もそう思っていました。トリノ五輪前に書いた自分の記事を改めて読み返しましたが、やはり同じようなことを書いています。でも今シーズンの上村はターンこそが素晴らしかった。スピードもあり、エアの前後のつなぎも見事。ソルトレーク五輪金メダリストでもあるラハテラコーチが、いい方向に導いてくれたことが大きかったと思います。

まだ高校生だった長野五輪の頃からずっと見ているからこそ、今年の種目別年間総合優勝には感慨深いものがありました。3年前からやっている上村のblogで、優勝を決めた当日に書かれていた『諦めないで頑張ってきてよかった!』という言葉には、私ごときには窺い知れない大変な思いがあったろうと思います。本当に魅力的なアスリートになりました。次なる五輪は2年後ですが、とにかく怪我なく迎えて欲しいというのが、何よりの願いです。

Aiko_Champ2008.jpg
総合優勝の証、クリスタルトロフィーを手に


男子バレーボールの北京五輪最終予選を見ようと、チャンネルをフジテレビ739に切り替える。…あれ? やってない。TBSチャンネルだったっけ? あれ? こっちもやってない。放送予定を確認すると、フジテレビ721だった…。俺は見られないんだよ721は_| ̄|○
posted by 千酔亭 at 13:48| Comment(5) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月22日

『論スポ』への期待

今日5月22日、新しい雑誌が創刊されました。『論スポ』という名前です。「本格スポーツ議論マガジン」というサブタイトルがついています。「地球環境論」とか「スポーツ環境マガジン」とか、無用の付加価値をつけてますが、まあ広告を得るための方便でしょう。概ね自分が望む方向の雑誌になってくれそうな気がしています。

Ronspo080522.jpg

巻頭にある、編集長 本郷陽一氏(2年前に廃刊になったSPORTS Yeah!の編集長であった方です)が創刊の辞を載せています。「世にあるスポーツメディアに不満だった」という言葉から始まる、決意表明とも受け取れるその文章を読んで、安くはありませんが、買って読んでみようと思いました。

「(既存のスポーツメディアから)批判、議論は生まれない」
「スポーツを論じようと努力すれば必然、不満の本当の正体が見えてくるのではないか」

まさにそうだと思います。ただ頑張れ頑張れと応援しているだけでは、問題の本質は何も見えません。結果に一喜一憂してそれでおしまい。なぜそうなってしまうのか考え、掘り下げて見ることで、試合の見方や、応援する選手・チームへの接し方、競技全体が抱えている問題をも把握することができるようになります。私は、自分が最も好きなスポーツであるバレーボールについて、的外れなところもあるかも知れませんが、自分なりの見方や考え方をここに書いてきたつもりです。

ともするとこの国では、批判すること自体がおかしいことのように扱われることがあり、浪花節が幅を利かせてしまいます。一部には単なる感情的な批判もあることは確かです。でも真剣に考えているからこそ問題意識が芽生え、それを理性的に分析・検討した結果の批判であるなら、それは誰にも非難される筋合いのものではありません。

この雑誌では、そこから議論を生み出そうとしています。雑誌だけでなく、 "Sports Times"というWEBサイトも設け、メディアミックスでの参加型ジャーナリズムを目指しているようです。その意気やよし! あとはどれだけ実質が伴うかですが、じっくりと見守って行きましょう。参加できそうな題材なら、自分もそこに加わりたいと思います。読者(閲覧者)がこういうメディアを育てていかないと、日本にスポーツジャーナリズムは根付きません。大マスコミ主導の「シャンシャン報道」には、もう心底飽きましたから。


まだ少ししか読んでいませんが、バレーの記事もちょっとありました。何と中田姐さんと白井貴子さんの対談です。目次を見ると「死ぬまで頑張るんだという覚悟」というタイトルがついています。2mくらい引きました(笑)。記事はたった4ページですが、酒を飲みつつ4時間も語っていたらしい…。離れたところで全部聞いていたかったですね(爆)。

どうしても昔話になってしまうところが多いですが、2人ともちゃんと問題意識は持っているようです。でもその問題を動かすには至らない。というか、問題意識を持っている人が、バレー界の中枢に入っていけない。中田もテレビが主な仕事場だから、問題の根本には突っ込めないんでしょう。でも白井さんがなかなかいいキャラクターのようで、言いにくいことをハッキリ言っています。罪がない程度に引用します。

編集部:(OQTで)エースの栗原はどうですか?
白井:え? 栗原エースなの?
編集部:ではエースは誰ですか?
白井:エースっているの?

白井さん、素敵です(笑)。むしろ中田の方が昔話に傾きがちですかね。でも「外から見ていると、たまに個人競技を見ているような錯覚になる時があります」という発言には、全面的に同意します。日本語おかしいですが、これは編集者のせいか? 両者とも竹下と高橋に苦言を呈してもいます。

それ以上は書かずにおきましょう。ぜひ読んでみて下さい。かくいう私も、会社帰りに買って、電車の中でこの対談記事を読んだだけなので、これからじっくり見ることにします。五輪前ということもあってか、ホッケーや重量挙げといったマイナー競技にも光を当てていて、そういうところも面白く読めそうです。
posted by 千酔亭 at 21:05| Comment(9) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。