2008年04月16日

PFU@チャレンジマッチ

今年PFUを見るのは4度目ですが、実は今まで勝ち試合しか見たことがありませんでした。自分が見に行くと勝っていたので、何だか縁起のいいやつなのかも知れないと思っていましたが、相手がバンブーなら話は別。来るなと言われても困るので、観戦仲間には内緒でした…。

PFUのホームページでは、得点経過やセットごとの内容を、ある程度まとめていてくれており、見られなかった試合は常にここで確認していました。改めて得点経過を見ていると、崩れ出すとなかなか立て直しが利かないチームの特徴を、実によく表しています。守りに入らず、どんどん仕掛けていくのがPFUらしさで、それこそ私が面白いと思っているところですが、でも次のリーグまでには、やはりもう少し「堅さ」が欲しい。

レセプションがやや不安定で、センターからの攻撃発生率が低く、サイドにトスが偏るものの、高さがないから速さを追求する。でもそこでミスが多発しがちです。今のスタイルを大きく変えて欲しくはないので、そこが何とも難しいところですが、控えセッターの時長をもう少し多く使って、安定を図るべきところは図って欲しいと思います。

プレミアが2チーム減るという状況から考えて、会社が本格的な強化に乗り出さない限り、昇格は相当厳しくなりました。チャレンジは全て社業のあるチームですから、この先、差が広がることはあっても、縮まることはないと思います。バレー界全体の視点から考えると、それはとても不幸なことです。まあ、そこから切り離して単純に面白がっている分にはいいんですけどね…。

スタメン変更のことや試合内容については、一昨日ある程度触れているので、今日は特に書きません。バンブーの応援が目的でしたから、写真も少な目。ウォームアップ中の写真が中心です。

ChallengeMatch-P1.JPG
PFUの「ネタキャラ」こと、佐々木侑(ゆき)

ChallengeMatch-P0.JPG
何かすごい楽しそうです(^^;)

ChallengeMatch-P2.JPG
リベロは竹村ではなく…

ChallengeMatch-P4.JPG
山田真里恵でした〜

ChallengeMatch-P12.JPG
河合も見たかったんですけどねぇ…

ChallengeMatch-P5.JPG
いつもの「ツー」は、がっちりマークされてました

ChallengeMatch-P8.JPG
センターではなくライトだった大端

ChallengeMatch-P9.JPG
餅田はリーグを通して安定していました

日曜日の試合後、バンブーのお見送りをしようとバスの近くで待っていると、古藤が目の前を通りました。あれっ? と思って見ていると、シエリのところへ行って何やら話し始めました。長崎と東京で場所は離れていますが、同じ'82年生まれの同級生ですし、高校時代のつながりがあったんじゃないでしょうか。

ChallengeMatch01.JPG

選手出入り口に目を向けると、今度は大端が出てきました。バンブーの総務の方に何やら話していましたが、どうやらユカを探しているようです。こちらも'81年生まれの同級生。で、そこまではわかるんですが、なぜか登場した'85年生まれの佐々木侑。しかもユニフォーム姿のまま。この日は最高気温10度そこそこの寒い日だったというのに…。10分以上いたんじゃないでしょうか。

ChallengeMatch-P10.JPG
風邪ひくから、せめてジャージを着てきなさい

ChallengeMatch-P11.JPG
ニコちゃんと記念撮影とかいいから!

バンブーのバスをお見送りして、帰路につこうとすると、通り道にPFUのバスが停まっていました。佐々木がちゃんとジャージを着ているか確認するため…という名目で(笑)、せっかくだからこっちもお見送りしました。

ChallengeMatch08.JPG

大丈夫。ちゃんと着てました。
posted by 千酔亭 at 23:21| Comment(0) | TrackBack(1) |  → PFUブルーキャッツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月26日

PFUブルーキャッツ@上尾

Challenge1.JPG

覚悟はしていましたが、あまりに照明が暗い上尾市民体育館。入口から観客席までが近すぎて、風が吹き込む上尾市民体育館。2箇所で石油ストーブを焚いていた上尾市民体育館。10時スタートで4試合を詰め込んだ上尾市民体育館。今まで見た中で一番凄い会場でした。大砲みたいなレンズを構えたカメラマンがいるな〜と思ったら、私がいつもblogを見ている方だったようです。

ChallengeP1.JPG

上尾で撮った写真、まずはPFUブルーキャッツを。東京フェスティバルの時も取り上げましたが、今回は特にセッターの古藤千鶴を中心に追っかけました。私が見た土曜日こそ、四国エイティエイツを圧倒しましたが、翌日曜日は三洋に敗れてしまいました。土曜日に見た三洋が、勝ったとはいえボロボロの内容だっただけに、正直「まさか」という気持ちです。辛うじて首位をキープしていますが、こういうことじゃプレミア入りは厳しいかも知れません。佐和は三洋より、もっと粘り強いチームです。少しの失望を禁じ得ません。

ChallengeP3.JPG

ChallengeP4.JPG

ChallengeP5.JPG

ChallengeP11.JPG

この日はかなりツーアタックを警戒されていたので、先日の東京体育館のようにはいきませんでしたが、第3セットに控えセッターの時長が対角に入ると、アタッカーに変身。最終的には5/11で、決定率45.5%でした。やっぱりセッターの数字じゃありませんね(^^;)。本当に見ていて面白い選手です。Vリーグの公式サイトでも取り上げられていました。

MiniReport.JPG

これで結構有名になるでしょうか? ある意味一番有名かもしれない塚原は、途中出場でスパイク1本打ちました。決まりませんでしたけどね…。まあ、長い目で見てあげるべき選手でしょう。

ChallengeP6.JPG

ChallengeP7.JPG

ChallengeP8.JPG

ChallengeP9.JPG

この日は河合のジャンプサーブが猛威を振るいました。見ての通り、腰を痛めないか心配になるほどの反りっぷり。13本打って、エースが4本(うちノータッチが3本)、効果判定が6本で、サーブ効果率は何と40.8%!! 全身バネという感じです。京都橘高校は面白い選手を色々出してくれますね。嘉悦大のキャプテンを努め、内定選手としてエンクロでプレーする岳衡(ゆえはん)は同期。西山由樹は1年後輩。そのまた後輩には小酒翔子に西山慶樹、渡辺美穂、泉岡未来などなど。

この日は佐々木も大端も良かったんですが、試合後インタビューは餅田でした。入替戦に出てくること自体は間違いないと思いますが、何としても1位通過してきて欲しい。2位だと相手がバンブーになる。それだと0.1秒たりとも応援することはできません。あと4試合、1セットも落とさないつもりで、試合に臨んで欲しいと思います。

ChallengeP10.JPG
posted by 千酔亭 at 23:00| Comment(2) | TrackBack(0) |  → PFUブルーキャッツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月07日

東京フェスティバル その2

昨日更新するはずだったんですが、ほとんど書きあがったところでうっかり消してしまい、とても書き直す気にはなれず、今日に持ち越しました。保存機能のついているFirefoxで書けばいいんですが、ついつい使い慣れているSleipnirを使ってしまう。こっちにも保存機能がつきゃいいのに…と思いつつ調べると、何と最新版にはちゃんとあるではないか! という訳でダウンロードしましたよバージョン2.6.2。もうちょっと早く気付けばよかった…。

TokyoFes15.JPG

気を取り直しまして、日曜日の第2試合はPFUブルーキャッツ vs 健祥会レッドハーツ。私が見たかったのは前者の方。過去にサマーリーグなどで見ているはずなんですが、バンブーしか見ていない私の記憶にはほとんど残らず。なので、まじまじと見るのは実は初めて。しかし噂には聞いている伝説の(?)レシーブフォーメーション「フラット6」。本当に真っ直ぐだな…(^^;)。

やはり多少の不都合があったのか、以前ほど極端ではありませんが、今でもオリジナリティあふれる形であることに違いはありません。

TokyoFes16.JPG
左の3人が後衛

TokyoFes17.JPG
1、12、14が後衛

ちなみにセッターは12番で、リベロ14番は守備担当範囲が広め。チーム全体でのこの日のサーブレシーブ成功率は76.6%という高い数字。あぁ、うらやましい…。バンブーでは夢のような数字だ。…そんなことはともかく、レシーブの要は1番の餅田(レフト)、15番の佐々木(ライト)、14番の竹村(リベロ)。餅田と佐々木は打つ方でもエースの働き。それぞれ打数が44と51です。佐々木は決定率が今ひとつでしたが、この日はトスが合ってなかった印象もかなりありました。

しかし今回、それ以上に私の印象に残ったのはセッターの古藤。とにかく攻撃的です。2アタックはバンバン決めるし、自分がレシーブした時には瞬時にアタッカーに変身します。これがまたキレのいいスパイクを打つ。ちなみにこの日は9/17で決定率52.9%…。これセッターの数字じゃないでしょがく〜(落胆した顔)

V・チャレンジのレベルでは圧倒的な攻撃力を持ちながら、しかし健祥会の粘りにフルセットまでもつれ込んでしまいました。アグレッシブで多彩で、攻めている時はいいけど、でも守りに入ると淡白。それがこの試合を見た私の、PFUに対する印象。もうちょっとしつこくならないと、V・チャレンジで優勝しても、佐和には勝てないかな〜と思ってしまう。

見ていて面白いチームですし、ぜひともプレミアで見たいでんですけどね…。

TokyoFes18.JPG
おそらく今日本で一番攻撃的なセッター、古藤千鶴

TokyoFes20.JPG
攻守に大活躍のレフト、餅田千佳

TokyoFes26.JPG
意外に器用なライト佐々木侑と、なかなかキレイなリベロ竹村留美

TokyoFes22.JPG
193cmの塚原。とにかくデカいが動きは…。(隣の餅田は168cm)

TokyoFes23.JPG
中央、栗山米菓から移籍の佐藤奈美。打つ方がもうちょっと…

TokyoFes28.JPG
苦戦しましたが、勝ちました〜

ぜひもう一度見たいな〜と思ってリーグの日程を見たら、2月の最終週は埼玉開催じゃないか! しかも女子の全チーム集結。上尾の体育館なら駅から歩ける距離だし、早速チケット買っちゃいました。3月から仕事仕事で行けなくなっちゃうし(バンブーの所沢での試合も泣く泣く断念)、2月はバレーに浸りましょう。

明日はその他の写真をいろいろと〜。

TokyoFes25.JPG
posted by 千酔亭 at 22:10| Comment(5) | TrackBack(0) |  → PFUブルーキャッツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。