2009年07月12日

PFU&AQUA@Summer League

2ヶ月ぶりの気まぐれ更新。サマーリーグ、土曜日だけ見に行きました。3セットマッチとは言え、1日で5試合見るってのはなかなかしんどいものです。 家に帰って夕食を摂りながら、TVでツール・ド・フランスを見ていたのですが、食べ終わって30分としないうちに猛烈な睡魔に襲われ、そのまま寝てしまいました。23時過ぎに目が覚めて、最終盤の映像は見ることができましたけども。仕事の疲れが抜け切らず、日曜も続けて見に行くと月曜日以降死んでしまうので、今日は家でゆっくり休んでいました。本当は見たいんですけどね。

で、まずはPFU。餅田、清水、大久保の主力ベテラン勢は全く出ていないので、それを前提としてお読み下さい。土曜日の試合結果はまさかの3連敗でした。その原因となった事柄をいくつかのキーワードに沿って、書いて行きます。


この日のPFUを象徴するキーワード その1 「混乱」。

第1試合、監督が(?)ローテーション表の記入ミスというポカをやらかす。

 鈴木 佐藤 足立

 川上 松永 時長 池田

選手は最初こう並んだのですが、すかさず副審が間違いを指摘。

 時長 松永 川上

 足立 佐藤 鈴木 池田

セッターを前衛レフトからスタートさせるなんてことは、古藤ならありですが、およそ考えられないことです。

就任直後で仕方ない側面もあるにせよ、練習の段階から監督の意図が分からず、選手が右往左往という場面を何度も見ました。 その度にいちいち大声で指示するも、説明が下手なのか伝わらず、 監督と同じ東レから移籍した東山がフォローするなんていう一幕もありました。

試合中も常にそんな感じで、失点の場面はともかく、得点が決まっても毎度毎度テクニカルエリアまで出てきて、大声で何か指示を出しています。あなたが流れを切ってるんじゃないの? と言いたくなります。そうかと思うと、連続失点しているのにベンチで腕組みしたまま微動だにせず、瞬く間に大差がついてしまったり…。それで試合後に長々と円陣を組まれては、選手はたまったものじゃありません。


この日のPFUを象徴するキーワード その2 「ユニチカ臭」。

全日本でもお馴染みの3人レシーブで、そんなの取れないよと言いたくなるようなアタックを打ったり、浮き玉を上げたり…。古き「悪しき」ニッポン女子バレーの伝統をたっぷりと見せられました。100m先でも臭いそうな濃い「ユニチカ臭」。怒鳴り声、個人攻撃(昨日の主なターゲットは川上)、非実戦的な練習、全く組織化されていないブロック、だからこそそれとは連動し得ないディグ。時間が経つに連れ、どんどん見ているのが辛くなりました。


この日のPFUを象徴するキーワード その3 「違和感」。

みんな髪の毛が黒いーーーーーーーーーーー!
点取ったあとの「グルグル」はやめろーーーーーーーーーーー!


それにしても時長の膝の具合が心配です。第1試合のときから何か歩き方がおかしいな〜とは思っていたのですが、2試合目の途中からタイムアウトの度に右膝をアイシングするようになり、3試合目には左脚をマッサージする場面すらありました。おそらく右膝をかばうあまり、左脚に負荷がかかっているんだと思います。控えのセッター宮島が不在で、移籍の東山は登録の都合なのかユニフォームを着ていませんでした。怪我と関係があるのかはわかりませんが、時長はどうもトスが低くなりがちで、ここで交代を有効に使えれば…と思う場面が何度かありました。古藤の抜けた穴は小さくないですが、そこを何とか頑張って埋めて欲しいと願っています。

自由な発想でバレーをするPFUブルーキャッツの面影はなくなっていました。昨季のチャレンジリーグ優勝チームだというのに、これまで積み重ねてきたものを全否定された気分です。時代錯誤な「昭和バレー」になってしまうのだとしたら、チームのファンを続ける自信がありません。それくらい、嫌な臭いがする監督でした。選手達はみんな好きなんですけどね…。まだまだ波が大きいとはいえ、足立の成長を嬉しく感じました。立派なエースに育って欲しいものです。


==============================================

次にアクアに行きましょう。2試合見ました。1試合目のスタメンは下記の通り。

吉川 村上 伊藤(睦)

高崎 位田 伊藤(智) 熊谷

2試合目は伊藤(智)のところに色摩が入った形。田中弓貴は一度も試合に出ませんでした。率直に感想を書きます。

a) 吉川は現時点でV・チャレンジリーグでプレーするレベルに達していない。
b) センターの控えがもう1枚、できれば2枚欲しい。
c) 新監督の「色」は現時点では全く見えない。

a)について、アクアのホームページを見るとわかりますが、吉川の登録はミドルブロッカーになっています。今回はレフトでの出場。身長が170cmしかないですから、センターよりはサイドで…となったようです。そういう訳なので、いかんせん経験不足。得点より失点がはるかに多く、レセプションも不安定。いいところがほとんどありませんでした。誰よりも本人が一番凹んでると思います。

3試合ともスタメンで、交代することなく出続けたのは、辛抱強く育てて行こうというチームの方針でしょう。思えば色摩も、内定で出ていた07-08シーズンは打っても打っても決まらなかったものです。かと思えば、ラリー中にクイックに入ると、それがあっさり決まったりとか…。まあ、センターからサイドへの転向(若しくはその逆)ってのは、それくらい難しいもの。ファンも長い目で見てあげましょう。まだ1年目。本当にこれからです。

b)について、センターは3試合とも高崎、伊藤(睦)の対角。田中三奈未がまだユニフォームを着られる状態まで回復していないようで、控えがいない状況でした。その伊藤にしても現在の登録はレフトなんですけどね…。センターをもう1枚、できれば2枚欲しいところです。アクアの関係者の方、ここに金子美里と池浦文香を!

c)について、これはまだ仕方がないでしょうか。PFUみたいに突如「激変」されては選手もファンも戸惑ってしまうし、これまでの形をベースに徐々に進化していくのが一番いい。元々はイトーヨーカドーでコーチをしていた方なんですね…。期待しています。

2枚揃っていても間を抜かれる、青猫の悲惨なブロックを見たあとだからか、アクアのブロックが美しく見えました。特に村上と高崎が並ぶローテでは、本当にキレイに腕が伸びていて、スカッとするシャットが何本もありました。

レセプションは田中弓貴が入れば安定するし、あとは対角レフトがもっとしっかりしてくれば、昨日はレセプションに入っていた村上を打ち屋に専念させられます。リベロの熊谷は安心して見ていられました。

セッターの位田は、トス自体は安定していたと思いますが、ライト側への配分の偏りが相変わらずだったようです(特に私が見ていなかった3試合目)。ただ不安に感じるほどではないと思います。うまく説明できないんですが、何かセットアップのフォームが好きなんですよね。体が真っ直ぐに伸びて、きれいなトスが上がる。あとは組み立てのスキルを伸ばしてもらいたい。


で、さきほどサマーリーグの特設ページを見たら、アクアの2位通過が決まりました! 9月の決勝リーグは藤沢での開催。ここなら見に行けます。相手は久光にJT、それと今日スト負けのNEC。はっきり言って全敗の可能性かなり大ですが、何とか一矢報いられるよう応援したいと思います。

posted by 千酔亭 at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) |  → PFUブルーキャッツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月22日

優勝翌日の青猫と偵察部隊

V・チャレンジリーグ最終戦を見に、再び上尾市民体育館へ行ってきました。プレミアは昨日が最終だったから、バンブーの偵察部隊がいるんじゃないかと思ったら、やはり安保コーチがいました。出入り口にほど近い2階エンド側にカメラをセットし、パソコンを携えていました。その背中に「しっかり見ててくださいよ!」と念じつつ、昨日同様1階席へ降りて観戦しました。

結果は0-3のスト負け。凡ミスを連発し、見に来るんじゃなかったと思ってしまうほどの酷い内容。まあ、優勝という大目標を達成したあとだし、どうしてもモチベーションの維持が難しいのかも知れません。第1セットの出だし、いきなり8連続得点で1回目のTTOを迎えた時には、逆に三洋のモチベーションを心配してしまったんですが、2回目のTTOは15-16。20点を過ぎるくらいまでは頑張ってたんですが、最後は一気に走られました。第2セットも、第3セットもいいところなし。動きが良かったのは佐藤くらいで、あとはもう何だかな〜という感じ。

スピード命のPFUバレーですから、レセプションがセッターにきっちり返ることが重要なんですが、三洋の緩急をつけたサーブにボロボロに崩されました。足が動いておらず上体だけで取りに行っている印象で、前に落としたり、後ろに弾いたり…。第3セットあたりからオーバーで取る割合が明らかに増えたんですが、それでも短くなったり低くなったり。公式スタッツのサーブレシーブ成功率は63.9%ですが、判定員の方ちょっと甘過ぎです。

この試合を見てバンブーの安保コーチがどう思ったか、想像に難くありません。三洋はある程度、「仮想バンブー」になり得るチームだと思います。リードブロックを採り、坂田・寺沢の両センターは高さも十分。小さいけどジャンサやバックアタックも打つパワフルな中野。同じく小さいけどブロックを巧みに利用して打つ畑中。オポジットには高さのある木村(今日は早々に槌谷に交代)。中でも今日は「仮想・石田瑞穂」の中野が活躍しました。バンブーには更に「隠れ最強セッター」のつるじがおり、高い決定力をもつセンター陣がいます。

こういう目線でPFUを見るのが嫌なので、チャレンジマッチで当たるのは避けたかったんですが、でも決まったものは仕方ありませんし、私もどうしてもそれを見据えた視点になってしまいます。厳しい言い方ですが、今日みたいな状態だったら、試合はあっという間に終わってしまうでしょう。去年のニコリッチみたいな大砲はいませんが、今年のバンブーは去年より確実に強いですから。

写真もたくさん撮ったんですが、載せるのはチャレンジマッチ終了後にします。2ヵ月半に及んだリーグ戦、本当にお疲れ様でした。頑張れとエールを送るのはとりあえず今日までですが、また来シーズンも応援に行きます。北陸遠征を何とかしたい! あ、その前にサマーリーグがあるか。若手の成長を楽しみにしています。

PFU_Enjin.JPG

posted by 千酔亭 at 18:29| Comment(0) | TrackBack(0) |  → PFUブルーキャッツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月21日

優勝おめでとう!

プレミアのリーグ最終戦は携帯で追えばいいや…ということで、上尾市民体育館へ行ってきました。目的はもちろんPFUの優勝シーンを見ること。上尾はマンブルという「飛び道具」を除けば、さほど怖さを感じないチームですから、あとはサーブで極端に崩されない限り、大丈夫だろうと思っていました。

昨シーズンまで3年連続2位だったこのチーム。足りないのは安定感だったように思います。ハマると強いけど、崩れ出すと脆いやや変則的なバレー。それを操るセッター古藤千鶴と、高い決定力を誇るエース餅田千佳が注目を集めるのは当然だと思いますが、しかし今シーズンのPFUに安定感をもたらしたのは、大久保梨紗と清水亜寿里だったんじゃないでしょうか。私は今日の試合を含めて3試合しか見ていませんから、多分に推測を含んでいますが、でも外してはいない自信もあります。センターもサイドもこなせるユーティリティプレーヤーの大久保。新加入ながら最年長、誰よりも大きな声を出してチームを鼓舞する清水。今日の試合後に胴上げされた2人を見て、果たして来た役割の大きさを再認識することができました。

Douage_Koto.JPG

Douage_Shimizu.JPG

Douage_Mochida.JPG

Douage_Ohkubo.JPG

もちろん塚原の成長も大きいし、ユーティリティというなら佐藤だってそうです。池田は竹村の抜けた穴をしっかり埋めました。ベテランが若手を生かし、若手がベテランを生かす。今季のPFUには、そういう良いサイクルがあった気がします。試合後のインタビューでの古藤と餅田の涙を見て、本当に見に来て良かったと思いました。

Interview_Koto.JPG

Interview_Mochida.JPG

…その一方で、何とも落ち着かない気持ちを抱えながら、携帯ライスコでプレミアの試合経過を追っていました。バンブーが佐和にスト勝ちするのは予想通り。問題はパイオニアvsJTだったんですが、セットカウント3-1でパイオニアが勝ち、入替戦でPFUの対戦相手となるのがバンブーで確定しました。去年と一緒。両方のファンである私にとって、最も見たくない組み合わせです。

優先度1位はバンブーですから、残念ながら入替戦では応援できません。その分明日の試合で、今リーグの有終を飾れるように声援を送りたいと思います。
posted by 千酔亭 at 21:21| Comment(0) | TrackBack(0) |  → PFUブルーキャッツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月28日

PFUブルーキャッツ@上尾 その3

今週末のチャレンジリーグは千葉と富山で開催。富山の方には見たいチームが4つとも集結しています。青猫、アクア、三洋、四国。あ〜見たいな〜。土曜日は青猫vsアクアの隣県対決。「北陸ダービー」として盛り上がってほしいところですが、この言葉でWEB検索するとやはりサッカーの話題ばかりが出ます。アルビレックス新潟vsカターレ富山。若しくはカターレ富山vsツエーゲン金沢。バレーの認知度は低いのですね。面白い試合やってるのに。

それでもまだ、富山の方ではテレビ局で取り上げられているのを確認できました。こちらのページでニュース映像を見ることもできます。えらいぞ北日本放送! 負けるな石川県のテレビ局!


そろそろ本題に入りましょう。PFUといえばオーバーハンドでのレセプションにこだわって、アタックライン近くに並んで構えるフォーメーションを採るチームでした。過去形にしたのは今年はずいぶん違ったからです。改めて去年の写真と見比べると、やはり少し下がっています。上尾の会場はエンド側に席がないので、同じ角度では比較できないんですが、それでもわかりました。

LastSeason1.jpg

LastSeason2.jpg

以前に載せたことがある、昨シーズンの東京フェスティバルの写真です。アタックラインから2mくらい下がった位置に並び、リベロの竹村だけがそこからさらに1.5〜2m後ろという位置取りに見えます。このフォーメーションの狙いをkazさんが書いていたことがあったはず…と思って探したら、去年4月の記事にありました。

「世の中はファイナルラウンドですが」(強行突破 SPORA別館)

記事の一番最後の方です。チャレンジマッチでバンブーと対戦することが決まってしまい、バンブーは青猫にどう対処すべきか? という視点で書かれています。シーズン後にキープレーヤーだった竹村と、チャレンジマッチでリベロを務めていた山田が抜けてしまい、サマーではセッターが本職の(というか何でもできる)時長がリベロでした。

その後に池田が加わって、ほぼ全ての試合でスタメンを務めています。安定していい数字を出しているし、なかなか頼もしい奴です。ただし去年の竹村のような、1人だけ異なる位置取りにはなっていません。そのあたりを見比べましょう。セッター古藤が後衛ライトのポジションから、6つのローテを全て撮りました。池田が誰に代わって入っているかと、前衛レフトが誰かを参考のために書いておきます。

Reception1.JPG
第1ローテ(塚原→池田)、佐藤

Reception_2.JPG
第2ローテ(塚原→池田)、清水

Reception_3.JPG
第3ローテ(川上→池田)、塚原

Reception_4.JPG
第4ローテ(大久保→池田)、古藤

Reception_8.JPG
第5ローテ(リベロなし)、川上

Reception_5.JPG
第6ローテ(塚原→池田)、大久保

たぶんこれで合ってると思うんですが、何かちょっと記憶が曖昧だったりして…。で、去年のフォーメーションに比べると、全体的に後ろに下がっているのがわかります。アタックラインから2.5〜3mあたり。キャッチは基本4人に見えますが、川上はほとんど取ってません。この試合では3本だけ。それも前衛狙いの緩いサーブだったはず。交代で餅田が入ったら4人になります。日曜日の試合ではセット中盤で川上→餅田という交代が、3セットとも行われていました。やっぱり餅田が入るとホッとします。

とはいえこの試合、かなりレセプションを崩されまして、公式スタッツでの成功率は何と38.9%。…そこまでひどくなかったと思いますがね…判定員厳し過ぎ。前回の更新で載せた写真に、餅田がオーバーで取る様子がありましたが、あんな低いボールはアンダーで取ろうよって思ってしまいます。ちなみに新加入のリベロ池田は、ほぼ全てアンダーでした。今のフォーメーションならそれが正解だと思います。まあ、それだけ崩されても負ける気は全くしなかったし、実際ストレートで勝ったんですから、力の差としか言い様がありません。

今日の試合はアクアにスト勝ち。各セットとも20点も取らせず、サーブレシーブ成功率も78.8%という素晴らしい数字。よしよし。…つーか、アクアが何やってんだって感じのスタッツの数字ですが…。

Reception_7.JPG


3月に入って、残すところあと5試合。対戦日程は下記です。

1日(日):vs四国88(黒部市総合体育センター)
7日(土):vs大野石油(いしかわ総合スポーツセンター)
8日(日):vs健祥会(いしかわ総合スポーツセンター)
21日(土):vs上尾(上尾市民体育館)
22日(日):vs三洋電機(上尾市民体育館)

Vリーグ機構もなかなか素敵な日程を組みましたね。最終週の土曜日に上尾と対戦するのは去年と一緒。そこでかなり悔しい内容のフルセット負け(25-23、24-26、25-21、23-25、13-15)を喫して、それを引きずってしまったのか、翌日の健祥会戦でスト負けを食らい、相手の優勝シーンを目の前で見ることになりました。

とにかくまず、前回の対戦で負けている四国に明日きっちりと勝ち、ホームの2試合を連勝し、1週間のインターバルで問題点の修正を図って、再び埼玉に乗り込んできて下さい。優勝の瞬間を見に行こうと思います。ええ、仕事サボってでも行きます(え?)。

Koto1.JPG
 
posted by 千酔亭 at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) |  → PFUブルーキャッツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月25日

PFUブルーキャッツ@上尾 その2(追記あり)

本題に入る前に、パイオニアレッドウィングスの活動継続決定について触れておきます。ついさきほど、山形新聞のサイトで吉報に触れました。チームの存続を「検討中」という段階でニュースになり、存続を願うファンが署名活動を行っていました。実は先日の上尾にもその中の1人であろう方がおり、私も協力させていただきました。毛の先ほどの微力に過ぎませんが、役に立ったのなら幸いです。

しかしながら、喜んでいるであろうファンの方々に、あえて冷や水をかけるようなことを言わせていただきます。今回の活動継続宣言は、1年の猶予期間をもらった…という程度に考えておいた方が良いと思います。いつ廃部になってもおかしくない状況は、何も変わってはいないのです。少しのあいだ先延ばしになったに過ぎません。その間にチームは何をしなければならないか。ファンに何ができるのか。それを考え続けて下さい。廃部は1チームだけでたくさんです。


真面目な話はこのくらいにして(え?)、本題に入ります。日曜日の上尾は第1試合が10時から。早起きをして第1試合を見る。アクアの逆転勝ちに満足し、そのままの位置で第2試合の青猫を待つ。ベンチの上というか後ろというか、そんな位置に座ってましたが、幸いにもこちらサイドに青猫が来ました。ラッキー! プレミアに比べてやけに短い練習時間を疑問に思いつつ、キッズエスコートと公式ウォームアップをじっと見る。

KidsEscote2.JPG

サマーから期待しているかわいい新人(鈴木&足立)に目が行く。鈴木はずっとニコニコしていましたが、真っ先に思ったことは体の厚みが増したな〜ということ。しっかりトレーニングして、筋肉がついたんですね(と思いたい)。足立は髪の毛の色がやたらと明るくなったこと以外、特に変わっていないように見えました。ちょんまげがかわいい。

KidsEscote3.JPG

サマーの頃からどう成長したか見たかったのですが、2人とも出場機会はあまり多くありませんでした。特に足立は日曜日は出番なし。よくわからないまま、週末が過ぎてしまいました。もちろんまだまだこれからの選手なので、期待は次回の上尾大会に持ち越しです。ちなみに2人のコートネームは「ミク」と「ソラ」。某埼玉のチームの新人と一緒です。偶然にしてはなかなか凄い。

公式ウォームアップで注目したのは内定の川上。179cm。1月17日のエンクロ戦から登場し、この日が7度目の先発スタメン。果たしてどんなもんかとじっと見ていました。正直ジャンプ力はもう1つ。なかなかパワフルだし、背筋強そうだな〜と思ったりしましたが、完成度はまだまだ低い。逆に言えば、伸びる余地がまだ相当ありそう。いい選手を獲れましたね。レセプションはお粗末なので、リーグが終わったらみっちり鍛えてもらうとよろしい。

Kawakami2.JPG

Kawakami3.JPG

kawakami5.JPG



ここから追記です。26日夜に書いております。

BlueCats1.JPG

こちらも新加入の清水(14番)は一昨年までKUROBEにいて、キャプテンまで務めた選手。誰よりも大きな声を出してチームを鼓舞する三十路(失礼)のベテランは、やはり安心して見ていられる選手でした。土曜日は内定初スタメンのリベロを盛り上げつつ、自身もかなりの本数を捌いていました。打つ方もまずまず。日曜日は昨日も書きましたが、相手センターがずい分塚原に張り付いていたので、ある程度楽に打てていた印象です。15/27で決定率は何と55.6%。素晴らしい!

特別パワーがあるとか、高さがあるとかはもちろんないのですが、その時の状況に応じて選択肢の中から巧みに選び分けている…とでも言えばいいんでしょうか。大崩れの心配はないだろうという安心感があります。何となくですが、本当にバレーを好きでやってるんだろうな〜とも思いました。現役Vリーガーでは残り少なくなった妹背牛OG。パイオニアの庄司ともども頑張って欲しいものです。千酔亭は北海道の北の方出身の選手を無条件に応援します。

Shimizu1.JPG

Shimizu3.JPG

Shimizu5.JPG

…と言いつつ、やはり最も安心して見ていられるのは餅田だったりします。レセプションこそオーバーハンドキャッチにこだわり過ぎて、短くなったり低くなったりというシーンが見受けられますが、打つ方はとにかく無類の安定感です。今リーグ通算のスパイク決定率は44.5%。168cmのレフトアタッカーがはじき出している数字です。試合を見たことない人がこの数字だけ見ると、PFUは餅田の決定力に頼ったチームと思うかも知れません。実際はそんなことないんですけどね。決して誰かが突出しているということはないチームです。

Mochida1.JPG

Mochida4.JPG

PFUに限ったことではありませんが、試合を見ていて「ここはエースで勝負しろ!」と思う場面があります。私は特定のエースにばかりトスが集まるようなバレーは好きじゃありませんが、しかし勝負どころでの選択肢としてなら、それは当然「あり」です。そういう意味で、古藤は実によく餅田を生かしていると思います。それはやはり、古藤自身もまた「エースのマインド」を持っているからでしょうか。2段トスを強気にぶち込む姿は、とても様になっています。

…と持ち上げておいて落とすのが私(笑)。ちょっと面白いシーンをご紹介しましょう。

neta2.JPG

高く上がったボールをジャンプトスしようと待ち構えているところです。この時、「ネット際のネタージョ」古藤はちょっと面白いことを考えていました。軌道からいって、このボールはネットを越えて相手コートに落ちる。トスを上げると見せかけて、そのまま落としてやろう。Ψ(`∀´)Ψ ケケケ

neta3.JPG

(ノ∀`)アチャー
posted by 千酔亭 at 23:59| Comment(6) | TrackBack(0) |  → PFUブルーキャッツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。