2008年03月08日

【武富士バンブー】@所沢市民体育館

週休1日、残業山盛り、10時〜16時は殺人的忙しさ…。そんな状況が3月いっぱい続くのかと思うと、春なのに鬱な気分の千酔亭です。まあ、昨年に比べればマシらしいんですが、ここんとこ楽をしていたので、この忙しさは結構こたえます。

Tokorozawa1.JPG

さて、ようやく所沢の写真を載せられます。1週間経って、今日はもう山口で試合だったんですよね。佐和に勝ったようですが、なんじゃこの苦戦ぶりは…。こういうことじゃいかんよ、本当に。そういえば東レ戦も、第3セットの途中までは良かったのに、終盤に連続失点を喫し、第4セットは崩れてしまいました。

今日の監督コメント、同じような状況になりながらも持ち堪えたことを、「チームの成長の証しであると思う」なんて言ってますが、いやいや、ハッキリ言って悪いけど、相手が佐和だから持ち堪えられたんでしょ? ライスコ見てないからはっきりとはわからないけど、戦評の内容からすると、辛くも逃げ切ったという感じみたいだし…。

2月2日の車体戦につけた記事タイトル「転がる石のように」ってのが、悪い意味で今年のバンブーを象徴しています。3月の所沢と昨年12月の深谷を比べたら、全体として確かに良くなっているし、それ自体は間違いないんですが、でも転がり出すと止まらないのは、どうにも変わりません。スタッツの数字は悪くないけど、喜ぶ気にはなれませんねぇ…。

あ、所沢のJT戦は良かったですよ。JTがグダグダだったのもありますけどね。そういう訳で、先週の写真をいろいろと…。

TokorozawaB0.JPG
何はなくとも、この写真から

TokorozawaB1.JPG
ユカは練習を見る限り、行けそうなんだけど…

TokorozawaB2.JPG
アラキングに負けるな!

TokorozawaB10.JPG
カナのカッコいいAクイック

TokorozawaB11.JPG
ニコちゃんも大活躍でした

TokorozawaB4.JPG
ルミ姉に本来の切れが戻っていました

TokorozawaB5.JPG
つるじは今年の個人的MIPです

TokorozawaB9.JPG
この写真だけJT戦。カナ3連続ブロックの3本目です

ロクな写真がなくて載せられてはいませんが、ユキが着実にたくましさを増しています。まだまだ波が大きいですが、波にすらならなかった昨年に比べれば、格段の進歩を遂げています。つるじに鍛えてもらってますよね。ホント、つるじが来てくれて良かったと思います。

明日のパイオニア戦、絶対勝て!

TokorozawaB7.JPG
posted by 千酔亭 at 23:58| Comment(4) | TrackBack(1) |  → 武富士バンブー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月02日

【武富士バンブー】快哉を叫ぶ

所沢から帰って参りました。県内の開催で宿泊するつもりはなかったんですが、土曜のバンブーの負け方にちょっとイラっとしてしまい、ヤケ酒を飲んでいるうちに帰るのが面倒になってしまいました。所沢駅前のサウナで夜明かししたんですが、ちと飲み過ぎたか頭痛がひどい。9時までにチェックアウトしなければならなかったので、近くのネットカフェに移動し、さらに2時間ばかり横になっていました。

回復したところで再び所沢市民体育館へと移動。土曜のバンブーは、第4セットに崩れてしまったとはいえ、それまでの戦いぶりは凄く良かった。この試合運びができるなら、今年好調の東レには跳ね返されても、JTになら勝てるはず。

その予想は的中しました。3-0のストレート勝ちです。

JTファンの方が圧倒的に多く、私の周りもそうでしたが、その中でカナの3連続ブロックに快哉を叫ぶのは、何と気持ちのいいことなんでしょう! 前日のデンソーvsパイオニアでも、私の席はパイオニア応援席の真ん前だったんですが、デンソーのブロックが決まるたび、これ見よがしにガッツポーズをやるのがたまらなく快感でした(笑)。これでシーガルズが勝ってくれれば、もっと良かったんだけどねぇ…。でも今日のビールはうまかったよ(←また飲んだ)。

写真はまだ整理してません。これから多忙になるため、いつアップできるかわかりませんが、徐々にやっていきます。3月は更新頻度が極端に落ちると思いますが、blogを止めるわけじゃありませんので、誤解のございませんよう。

Kana'sBack.JPG
posted by 千酔亭 at 23:11| Comment(5) | TrackBack(3) |  → 武富士バンブー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月24日

【武富士バンブー】情けない…

あまりに風が強いので、また電車が止まることを懸念してしまい、上尾行きを取り止めました。なので、こんなものを食べながら、ライスコにてバンブーを応援。

ImamuraMikan.JPG

結果はセットカウント2-3の敗戦です。とにかく第4セットを取りきれなかったことが全て。交互に点を取り合う、文字通りのシーソーゲームとなりましたが、最後はルミ姉とニコリッチの連続スパイクミスでした。理由はわかりませんが、今日はチエがスタメンから外れていました。第4と第5セットにレシーバーとして出場しましたが、スパイク本数はゼロ。ケガですかねぇ。ルミ姉には申し訳ないですが、チエが出ていたら…と思わずにはいられません。

久光は最終的な失点が31。そのうち28が第4セットまでに出ていました。これだけ点をもらっているのに勝ちきれないとは…。昨日といい、今日といい、情けないですよ…本当に。これだけ負けると、どんなにリードしていても、ちょっとしたことで気持ちがネガティブになるんでしょうか。


土曜の上尾で見た大槻めぐみ(四国エイティエイツ)のように、もうカラ回りスレスレのところまで、気持ちを強く前に出している選手を見ると、こういう選手がバンブーにいてくれたらと思わずにはいられませんでした。久留米で試合を見て、昨日の記事にコメントをくれたmadokaさんも「なんとなくチームも盛り上がらないし、のっていけない感じが見られました」と書いています。どうもそれが、悪い意味でバンブーの「チームカラー」になってしまいました。

スポーツ観戦っていうのは、結果を見るものではなく、勝負がつくに至る過程を見るものです。勝利を目指して戦う姿を見ると、チームや個々の選手に対する思い入れも出てきます。懸命に応援して勝てば嬉しいですし、もちろん負けることだってあります。最終的に出た結果は、どちらも受け入れなければなりません。

でも負けが込んでくると、普段良く見ている分だけ、悪いところも気になります。修正や改善の成果が出ず、結果が悪いままだと不満が募ります。野球やサッカーのファンは、ブーイングや野次といった直接的な形でそれを表明しますが、バレーでは見たことがありません。全日本の試合のような、応援ムード一色のテレビ中継が、負けても負けても優しく励まし続ける、無批判なファンを生み出したのかと…そう思います。先日の川崎で見た「出待ち」の風景には、それほどまでに暗澹たる気分にさせるものがありました。

結果がなかなか出なくても、せめて勝利への強い気持ちが見えれば、それで救われるところはあります。でもそれすら感じられないほどのひどい負け方なら、もう少し接し方を考え直すべきじゃないでしょうか。自分達の知り合い以外に「出待ち」が誰もいなければ、それだけでファンの意思は選手に伝わるはずです。伝えたいことがあるなら、後でホームページから送ればいい。

次週は所沢でのホームゲーム。もう入替戦行きは確定ですから、決定率とか成功率とか、細かいことは気にしません。監督以下、チーム全体の「気持ち」を見に行きます。
posted by 千酔亭 at 19:07| Comment(0) | TrackBack(1) |  → 武富士バンブー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月23日

【武富士バンブー】何があった?

上尾にV・チャレンジリーグの試合を見に行ってました。行く時は暖かかったのに、帰るとき寒いの何の! それでも体育館から駅まで歩き、電車に乗って帰ろうと思ったら、改札の前に人の群れが…。強風の影響で大幅な遅延になっているらしい。次の電車が到着するのは1時間も先だという。仕方がないので、近くのデパート内にある店で夕食を食べる。時間を見て駅に戻り、ホームに降りると結構な数の人が並んでいました。乗れないかもな〜と思っていたら、案の定でした。寒風の中さらに20分待ち、ようやく帰路につくことができました。やれやれ…。それでも明日また行きますけどね。

さて…バンブーですが、何ですかこのスコアは?

LiveScore080223.jpg

携帯のサイトで得点経過は確認していました。2セットを大差で連取していたので安心してしばらく見ず、目の前のチャレンジリーグの試合に集中。で、もうとっくに終わったかと思って改めて見ると、第5セット、8-7という状況。1、2セットの得点をひっくり返したかのような3、4セットの取られ方。あきれてしまったものの、それでも第5セットは競っている。携帯の「Vスコア」は1点ずつの経過を伝えてくれないので、次の更新(=試合終了)をイライラしながら待つ。

10分くらい経った頃でしたか、ようやく更新された結果は9-15。要するにコートチェンジ後は1-8ということ。ひどいですね。技術とか戦術の問題じゃないでしょう。1つ何かうまくいかなかったら、そのまま坂を転がり落ちるように崩れてしまう。

スタッツを見ましたが、何が起こったのかはよくわかりません。決定率が低過ぎで、スパイクミスが多いとは思いますが、珍しいことではありません。デンソーの数字だって、いくらかマシという程度。試合を見た方や、ライスコを追っていた方の戦評を待ちましょう。

この後バンブーのHPから、石原監督へメッセージを送ろうと思います。もちろん励ましなどではありません。かと言って罵倒するわけでもありません。ある「お願い」をしようと思っています。やってくれるかどうかはわかりませんが、来週の所沢大会を楽しみに待つことにします。
posted by 千酔亭 at 21:52| Comment(2) | TrackBack(1) |  → 武富士バンブー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月18日

とどろきアリーナにて その1

土日で撮った写真を見たんですが、予想以上にブレがひどいです。使えるのが少ない。かなりガッカリな出来で、ショック大きいです…。何とか見られそうなやつは明日改めて載せます。ごく一部の期待してた方すみません。

Todoroki-B5.JPG

<以下、19日追記分>

色々なショックから少し立ち直ったので、続きを書きます。

とどろきアリーナに行ったのは初めてのことでした。埼京線で渋谷まで行き、そこから東横線に乗り換え、武蔵小杉から徒歩15分くらいだったでしょうか? 東横線に乗ったのも初めてだったりします。とどろき緑地という区域内に、見慣れたVリーグののぼりが立っていました。

Todoroki-1.JPG

ちなみに右側の建物はサブアリーナで、メインアリーナは奥です。土足で入れるのがありがたいですねぇ。照明は決して明るくはありませんが、深谷に比べりゃマシです。

Todoroki-2.JPG

アリーナ席は日曜大工で作ったような木の段に、スタッキングできる安っぽい椅子を並べてつないだもの。背もたれがあるのはありがたいけど幅が狭いよ。

Todoroki-3.JPG

さてバンブーですが、土曜は現在2位のデンソーにフルセット勝ち。日曜はNECにスト負けでした。事前の予想と真逆です。うまく説明できなませんが、どうにも穴だらけに見えた深谷でのバンブーと違い、だいぶ粘り強くなっていると感じました。しかしながら、それ以上にデンソーの動きが、特にフル回転で頑張っている細田絵里の動きが鈍っていることが、デンソーファンでもある私には気になってしまいました。

とは言え、約1年ぶりに見たバンブーの勝利の瞬間。よくよく調べると、去年2月11日の東京体育館(vs車体)以来でした。その翌日の久光戦に破れ、川越で連敗し、深谷で負け、有明で負け、3決で負け、そして今リーグの深谷でも連敗。もしかして俺、疫病神? なんて思うほどだったので、本当に嬉しかったのですよ。バレー談義をしつつ、しこたま飲んで、カプセルホテルで熟睡。小さな幸せって感じです(笑)。

覚悟していた入替戦を回避できるかも知れない…。真剣にそう思ったから、翌日のボロ負けはショックでした。その後にイライラを増幅させるような光景を見てしまったこともあり、前日とは一転して、凄まじく不機嫌な日曜の夜となってしまいました。

書きたいことはまだ山ほどあるんですが、言葉がきつくなってしまいそうなので、やめときます。でも1つ強く言いたいのは、「やさしく励ますだけがファンじゃないだろう!」ということ。バンブーにはむしろ、激励より叱咤の方が必要です。

Todoroki-B14.JPG

Todoroki-B4.JPG

Todoroki-B20.JPG

Todoroki-B3.JPG

Todoroki-B6.JPG

Todoroki-B10.JPG

Todoroki-B21.JPG

Todoroki-B22.JPG

3月1・2日の所沢でのホームゲーム。1日はチケット購入済みで、2日も行こうかな〜と思案中。月曜日以降に仕事で「死ぬ」ことがわかっているので、身体を休めておいた方がいいかな〜とも思うんですが、でもやっぱ行かずにはいられんのですよ…。
posted by 千酔亭 at 23:36| Comment(6) | TrackBack(1) |  → 武富士バンブー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。