2009年02月14日

来たるべきもの

武富士:女子バレー部の活動終了へ「業界の環境厳しく」と (毎日新聞)

消費者金融大手の武富士(本社・東京)は13日、バレーボール・プレミアリーグ女子に所属する同社バレー部「武富士バンブー」の活動を、5月の黒鷲旗全日本選抜大会を最後に終了すると発表した。同社広報部は「消費者金融業界を取り巻く環境が過去に例を見ないほど厳しくなっているため」としている。

武富士は同日、2648億円の赤字となる今年度の決算見通しを発表。上限金利の引き下げなどを盛り込んだ改正貸金業法が来年施行されるため、消費者金融業界では、利息制限法の上限金利を超えた「過払い利息」の返還のために引当金を積み増しており、大幅な赤字となった。

武富士の女子バレー部は今季、プレミア10チーム中8位。01年に休部したイトーヨーカドー女子バレー部の全選手とスタッフを引き継ぐ形で創部。01〜02年シーズンにVリーグ(現プレミアリーグ)で準優勝した。選手16人とスタッフ9人の今後について、広報部は「チームごとの移籍も含め、受け入れに興味を持ってくれる企業と交渉したい」としている。



来るべき時が来てしまいました。2007年の3月9日、私は「存続への微かな不安」という記事の中で、武富士バンブーがいつ廃部になってもおかしくない状況であることを書きました。武富士の四半期ごとの決算の数字を見るたび悪い予感は募っていき、2009年2月13日に現実のものとなってしまいました。驚きはありません。ただただ残念なだけです。

この間に、私はスポーツビジネスに関する本を読み漁りました。企業が多くのスポーツの受け皿となり、その発展に多大な貢献をしてきたことを認めつつも、弊害もまた小さくないことを知りました。そして今また、その「弊害」によって1つのチームが…いや、一昨日の記事に書いたとおり、たくさんのチームが消えようとしています。企業にとってスポーツチームをもつのは「余力」の部分があってこそ。それがなくなればチームを手放すのは当然のことです。「一企業によるチームの所有」という形態は、景気や社会情勢に左右される要素があまりに大き過ぎます。

武富士は貸金業法等の改正によって、いわゆる「グレーゾーン金利」の問題にさらされ、過払い金返還訴訟が多発する事態になりました。今期の赤字決算も、そのための引当金を大幅に積み増ししたことが理由。いくら考えても武富士の業績が好転する要素はなく、「その時」がいつ訪れるのかを待つばかりでした。

ニュース記事では「チームごとの移籍も含め、受け入れに興味を持ってくれる企業と交渉したい」なんて書いてますが、これはチーム関係者が言った言葉ではないと信じたい。あくまでも武富士本社の広報部の方が言ったこと。イトーヨーカドーに切り捨てられ、武富士も手を引く中、奇跡に近い確率で全体移籍を受け入れる企業が現れたとしても、またいつ休廃部の危機が訪れるかわからない。それでもなお「企業スポーツ」にすがろうというなら、ちょっと頭が悪すぎます。繰り返しますが、一社がチームを所有する時代は終わろうとしているのです。

武富士バンブーは変わろうとしていました。ちょっと遅かったですが、今リーグ前の10月に初めて地元春日部市役所を訪問。11月には「スポーツで埼玉をもっと元気に!!」というイベントに参加し、埼玉県内に本拠を置く他のスポーツチームとの連携も始めたところでした。明日の越谷でのホームゲームでは、同市出身の金子美里から何かプレゼントもあるらしい…。ほんのちょっと前まで、そんな小さな企画すらほとんどなかったのです。「これから面白くなる!」 今回の廃部はそんな矢先に飛び込んできました。

私はクラブチーム化を望んでいます。簡単でないことは百も承知の上です。しかし永田部長の選択肢の中に、この路線が存在することを信じたい。「スポーツで埼玉を〜」のイベントを通して、他のチームから学んだことは少なくないはずです。特にbjリーグの埼玉ブロンコスは、元を正せばアンフィニ東京という企業チーム。クラブ化は並大抵の苦労ではなかったろうと思います。今のバンブーの苦境に、きっと力を貸してくれるはずです。先日取り上げた旧オンワードオークスの奮闘ぶりも、大いに参考になるはずです。

チームが興行権を持たない現行のVリーグのシステムでは、クラブチームの運営は非常に難しいものがあります。私はホーム&アウェー制でプロ化するのがベストの選択肢であると信じて疑いませんが、協会の時代遅れ感覚と、プロ化は避けたい財界系一流企業の存在を考えると、現実には無理でしょう。それこそbjリーグのように、組織を割ってクラブチームによる新リーグを立ち上げるしかない。そこまで行けないなら、地方の協会から興行権を買い取り、入場料収入を得たいところ。集客の多寡が自チームの収入に結びつくようになって初めて、会場の雰囲気作りやファンサービスの重要性に気付くはずです。まあ、ホームゲームが数試合しかない現行のドサ回り形式では、それもたかが知れてるんですがね…。


このチームを5月で終わらせたくありません。チームの名前は変わっても、10年後も20年後も脈々と伝統を受け継いでいくチームになって欲しい。そのためには企業チームではなかなか難しいでしょう。地域に支えられ、地域に必要とされるチームにならなくてはなりません。永田部長はそれをわかっていると信じます。私のような一個人にできることなどたかが知れていますが、些細なことでも何か役に立ちたいと強く思っています。今週末の試合会場で何らかのメッセージが発せられるのかどうかはわかりませんが、今はまず永田部長の言葉を待ちたいと思います。
posted by 千酔亭 at 00:27| Comment(13) | TrackBack(0) |  → 武富士バンブー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月18日

「スポーツで埼玉をもっと元気に」

先週金曜日のことですが、表題のイベントに観戦仲間2人と連れ立って行って参りました。浦和レッズ、大宮アルディージャ、埼玉西武ライオンズ、埼玉ブロンコス、大崎電気オーソル、そして武富士バンブーという埼玉県に拠点を置き、トップリーグで活動する6チームが一堂に会した今回の試み。異なるスポーツ間で横のつながりを持ち、県内のスポーツを盛り上げていこうという非常にいい方向性をもったイベントだと思います。思ったより人の入りが少なかったですが、初めての試みとしてはこんなもんなんでしょうか。

2部構成になっていて、第1部では各チームのGM〜代表クラスの方による「スポーツのちから」と題したシンポジウム。第2部が選手たちによるトークショー。私が強い興味を持っていたのは第1部の方でしたが、結論から先に言うと、今回のところは互いのこれまでの活動や現状を話し合ったくらいで、今後に向けての具体的な話は何も出ませんでした。本当にただ第一歩の足跡をペタッとつけただけ。

話しを聴いていて面白かったのはbjリーグ 埼玉ブロンコスの成田社長と、日本ハンドボールリーグ 大崎電気オーソルの矢内GM。前者は典型的な企業スポーツの形態から抜け出せないJBLを脱退し、bjリーグ立ち上げに加わった経緯を。後者は今まさに感じている現状への危機感を、包み隠さず話してくれました。単純に笑えたという意味では、大宮アルディージャの渡邉代表もなかなか愉快な方でした。

残念ながらバンブーの永田部長から、興味深い話は何も聞けませんでした。他の方の話を手元のメモにいろいろと書き込んではいましたが、ご自身の口からは当たり障りのない言葉しか出ず、ファンとしてはそこがとても残念でした。言えないことも多々あろうかとは思いますが、それでも今のVリーグや、企業スポーツのあり方に対する危機感を、遠回しにでもいいから感じられる発言を期待していたんですがねぇ…。それすら難しいんでしょうか。

質問コーナーがあれば集客への意識について聞いてみたかったんですが、第1部では残念ながら無し…。プロリーグの各チームはもちろん、バレーと同じ典型的な企業スポーツのハンドボールよりも、その意識が低いことに正直ちょっとイライラしました。1時間はあまりに短く、「えっ、もう終わり?」という感じで終了。あれではチームの存在を来場者に意識付けることはできなかったでしょうね…。一緒に行った観戦仲間が、帰りに「今度ブロンコスの試合見に行ってみようか」と言っているのを聞きつつ、「今度バンブーの試合を見に行ってみよう」と思ってくれた人は、多分いないだろうな〜と考えてしまいました。

とにかくこれは第一歩だから…ということで、無理に自分を納得させていますが、何ともいえない消化不良の感を拭えませんでした。選手のトークショーはいらないから、テーマをもっと絞り込んで、突っ込んだ内容のディスカッションを期待したい。単なる定期会合で終わらせてはいけない。今回のような総花的な内容では、回を減るごとに聴衆が減ってしまうでしょう。

SportsSaitama2.JPG

で、第2部には各チームの選手が登場。沖縄遠征中の大崎電気は欠席。その時間まさにアジアシリーズを戦っていた西武からは、OBで現球団職員の高木大成氏が参加。他はこんな面々でした。

浦和レッズ MF 細貝萌
浦和レッズレディース DF 田代久美子
埼玉ブロンコス ガード 清水太志郎
埼玉ブロンコス フォワード 庄司和広
大宮アルディージャ DF 冨田大介
武富士バンブー MB 石川友紀

こういう場にいちばん向かないのがユキなんじゃないか? という心配をしていた通り、司会の堀尾正明氏からの質問に片言しか返せないユキ。堀尾氏が10秒しゃべって、ユキは1〜2秒。とりあえず無難な返事をしておいて、突っ込まれると何も言えないユキ。本当に困ると笑ってごまかそうとするユキ…。チームの看板選手になっていかなきゃいけないんだから、もうちょっとしゃべれないとね。まあ、これも経験です。

第1部と同じく、いちばん聴衆を笑わせたのは大宮の冨田選手。ビッグクラブの影になってしまうマイナーチームを渡り歩いてきた悲哀や、河川敷の練習グラウンドが2度に渡って水没してしまった悲劇を、やや自虐的に話してくれました。「努力が嫌い」と言ってはばからないブロンコスの庄司選手も面白かった。

でも今回いちばんツボだったのは、その庄司選手の靴のサイズに話が及んだ時。31cmというサイズに驚いて、隣のユキに何事か話しかけた浦和レッズレディースの田代選手。しかしそこでユキの靴がやけに大きいことに気付いてしまいました…。

ユキの足元を覗き込みながら何事か言っている田代選手。
「見るな〜!!」とばかりに右腕をブンブン振るユキ。

靴のサイズを聞かれたに違いないと大爆笑する、観客席の意地悪なファン3人組。帰り際、観客をお見送りする選手たちの中にユキを見つけて、早速ツッコミを入れる観戦仲間K。笑ってごまかすユキ(笑)。何かそれだけで妙に満足して、3人組は所沢の夜に消えて行くのでした。

------------------------------------------

え〜と…今後の更新ですが、「本当に書きたいことがあったら書く」という感じで、月1〜2回のペースでやっていこうかな〜と思っております。それで充分でしょう。気楽に気楽にやって行こうと思います。なお、コメントとトラックバックは承認制とさせていただきます。
posted by 千酔亭 at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) |  → 武富士バンブー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月21日

Takefuji Bamboo Ver.2008-2009

再開を決めたわけじゃないんですが、書きたいことがあったので書きました…というか、mixiからの転載だったりします(笑)。V・プレミア開幕が近づいてくると、やっぱりワクワクしますねぇ。


さて、各チーム、新外国人選手や内定選手が続々と発表される中、バンブーだけが今もって何の発表もありません。ネット上では、やれ廃部だの降格決定だのと喧しいですが、果たしてそうでしょうか? 親会社の業績が芳しくないのは確かにその通りで、廃部に関しては私も不安を持っています。昨日や今日のことではなく、1年半も前にblogにそう書きました。今年はリーグの公式スポンサーからも撤退しています。

でも「外人を採らないなら降格決定的」という見方には、真っ向から反論します。あまりに一面的な見方と言わざるを得ません。…いや、これも正直に言いましょう。私自身も以前はそう思っていたし、昨シーズンの不振をblog上で、「外国人選手に大きく依存してきたツケ」と書きました。でもこれはあくまで、いくつかある原因の中の1つであって、全部ではありません。外国人選手がいないことによるデメリット(高さの面や、2段トスの上げどころ等)は確かにありますが、でもメリットだってあるわけです。


先日発売になった月刊バレーボール誌上で、石原監督は昨シーズンを振り返り、「淡白だった」と言っていました。どう淡白だったのかという具体的な言及はありません。でもこれはやはり、主に攻撃面を指しているんでしょう。そしてその最大の原因が、セッター総取っかえという「アクシデント」にあったことは疑う余地もありません。昨年4月に平井が加入。5月に井村が、7月に伊豫谷が、8月(発表は10月)に春山が相次いで引退。9月につるじが加入するも、現役復帰という形でしたから、実際にトス合わせを始めたのは10月に入ってから。平井もケガをしていたのか、サマーや国体予選でコートに入ることはありませんでした。つまりリーグに向けてチームを「一から」作り始めたのが秋頃ということ。どんなにたくさん攻撃の型があっても、それらはほぼ全てセッターを経由するわけですから、勝手知ったるセッターがいない影響は、ちょっとやそっとのものではないはずです。

井村がトスを上げていた頃は、完成度の高い様々なコンビがあり、その上でハニーフやエステスという「大砲」の存在がありました。でも昨シーズンの状況を考えれば、同じレベルの完成度を求めるのは酷というもの。レセプションが安定しない中で、つるじが見事な(強引な)トスワークを披露し、石川と石田の成長などもあったとはいえ、全体としてはやはり単調になってしまい、ラリーに持ち込んでも落とすことが多くなりました。

もう1つ、一度リズムを崩してしまうとなかなか立て直せないという問題もありました。典型的だったのは3レグのデンソー戦。セットカウント2-3(25-18、25-11、11-25、18-25、9-15)で敗れた試合ですが、改めて見てもひどい得点経過です。5月の黒鷲でも、リーグでは圧倒していたJTに同じような負け方(32-30、30-28、15-25、12-25、7-15)をしています。ここまで極端でなくても、連続失点を喫する場面は本当に多かった。これもまた、攻め手の少なさに起因していると思いますし、石原監督に「淡白だった」と言わしめる要因だったのではないでしょうか。


今年のサマーリーグ。予選を見た段階では、まだそれほど期待の芽は大きくありませんでした。平井のトス回しに目を瞠り、池浦の成長を感じ取ることはできましたが、NEC戦のスト負けを見る限り、連続失点癖はそのまま。何か変化が起こるような予感はなかった。でも9月の決勝リーグを見て一変しました。たかがサマーとはいえ、あんなに何の不安もなくバンブーの試合を見られたのは初めてでした。平井のトスワークは引き続き冴えており、石川もそれに応えて「センターエース」と呼びたくような高い決定力を見せ、ブロックも安定していました。

BambooSummer08-29.JPG

考えてみれば、石川は3年目にして初めて、十分な準備をしてリーグを迎えることができます。1年目は全日本に召集され、黒鷲後から約半年間チームを離れました。2年目は前述したセッター総取っかえに見舞われ、やはりトス合わせの時間が少なかった。サマーでのユキは攻守に渡って本当に頼もしかったし、今年こそが本領発揮の年になると、自信をもってそう思います。まあ去年だって、2レグと3レグでは内藤の決定率を上回っていたんですがね。打数は少ないけど。

Kana_Yuki07-08.JPG

同じくサマーで存在感を見せた金子について、世間的にやや誤解があるように思います。彼女は攻撃面はもともと良いのです。今年急に良くなったわけではありません。サトの問題はあくまでブロックでした。「えせ」リードブロックをしがちで、相手セッターに裏をかかれ、サイドへ詰められずに2mも離れたところでジャンプしてしまう。監督が怖くて使えないと考えても、残念ながらしょうがなかった。でも今年のサマーを見ると、かなり良くなりましたね。ユキやカナに比べれば少々もたついて見えてしまいますが、1年前のサト自身と比べれば、かなりの進歩が見られました。ユキともカナともタイプが違う「パワー系」センターですから、今回のリーグで活躍の場は必ずあるはずです。池浦ともども、4年生は着実に進歩しています。


サイドを絡めたコンビの攻撃を熟成させて、「コート内にいる6人全員のテンポが合ったバレー」をする。それが2008-2009バージョンの武富士バンブーじゃないでしょうか。大型の外国人選手を入れないメリットは、まさにそこにあります。意思の疎通を欠く心配もない。サマーリーグの結果は、その方向性が正しいことを証明したのだと思います。「ナイスコンビ!!」と何度叫んだことか。ラリーに持ち込んで、最後は外国人選手がドカンと決めるこれまでのパターンから、今シーズンはコンビか速攻でピリオドを打つ。そんなバレーが見られるはずです。

もう1つの問題、連続失点癖にも改善が見られました。その理由として最も大きいのが、「データバレー」の導入だと思います。客席に入力担当が1人、伝達担当が1人いて、ベンチでは石原監督と宮下コーチ、若しくは尾崎コーチがインカムをつけていました。そこで質の良い情報が得られ、コート内の問題に対して迅速かつ的確な対策を打てているから、連続失点を最小限で食い止められた。それどころかバンブーの連続得点シーンの何と多かったことか! おそらくサーブの狙いどころについても指示が出されていたはずです。

BambooSummer08-1.JPG

導入してすぐに結果を出せたのは、新たに加入した宮下コーチ(前カナダ女子ナショナルチーム監督)のお陰でしょう。3チームが入替戦行きになる今リーグは、ソフトの使い方や生かし方を試行錯誤している場合ではないのだから、高いレベルでの実戦使用経験者が必要でした。外国人選手は入れずとも、こういう補強はしているのです。そしてきちんと結果に結びつけました。


もちろん不安が全くないと言えばウソになりますが、でもそれはどこのチームとて同じこと。外国人がいないから入替戦行き決定なんていったら、昨シーズンのシーガルズの4強入りは説明がつかない。シーガルズにできたことが、バンブーにできない道理などあろうはずがない。セッターもサイドもセンターもリベロも、何ら引けを取ることはありません。それに外国人を入れたからといって、うまく機能するとも限らない。そんな例は過去にいくつもあるでしょう。セッター2人が2年目を迎え、若手が着実に成長し、ベテランが存分に力を発揮できる今年なら、去年の轍は踏まないと自信をもって言えます。大事なことはチームがしっかり連動していることです。

澤畠 石川 吉澤
石田 内藤 平井 田向

これが個人的に希望のスタメン。まあ実際にはセッターつるじで、リベロは今村だろうけど。でもこのスタメンで平井が前衛に上がってきた時に、2枚替えでつるじとルミ姐が入ってきたらかなりツボです。三十路頑張れ! いや、ネタはともかく、バンブーを愛する皆様。何も悲観的になることはありません。良い結果が出ることを信じて応援しましょう。あとはケガ人が出ませんように。
posted by 千酔亭 at 00:28| Comment(8) | TrackBack(0) |  → 武富士バンブー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月18日

バンブーの勇退者情報…

V・プレミアリーグ各チームの勇退者情報、バンブーが大トリになりました(シーガルズはナシという仮定ですが)。ハル、キリ、シエリの3人が退団します。ハルとキリは予想どおりでしたが、シエリには驚きました。今年は彼女にとってリベンジの年だと思ってたんですけどねぇ…。

小松留美選手が勇退。新たな道を歩むことになりました

宣 美幸選手が勇退。新たな道を歩むことになりました

和久山志恵里選手が勇退。新たな道を歩むことになりました

ハルはセンターとしてはかなり小柄な173cm。闘志を前面に出して、スピードで勝負するタイプも、怪我に泣いてしまいました。懸命のリハビリの末にコートに戻り、ピンチサーバーとしてユニフォーム姿を見たのは、昨年12月の深谷が最後になりました。その日の夜はkazさんやSさん、Tさんと初めて会って酒を飲んだ日でもあり、色々な意味で忘れ難い1日になりました。

キリのプレーする姿を見たのは、ピンチブロッカーとしての登場を除くと、昨年の国体予選しかありません。そこでのプレーぶりもあまりいいものではなかったので、正直選手としての印象がほとんどありません。きれいな顔立ちで人気があったよな〜というくらいだったりします…。

シエリは残念ですよ。去年の「数字」は確かに良くなかったけど、その前年までは良かったわけだし、一過性のスランプだったんでしょう。せめてもう1年、本来の実力を証明するためにも続けて欲しかった。昨シーズンの2レグ以降、代わって出場したレオとて同じような数字だったわけだし、ここからが本当の勝負…だったはずなんですが…ねぇ。これでレオの控えはトミってことになるのか。不安だな〜。

まあとにかく、人が出たり入ったりはチームの常。3人のこれからに幸多からんことを願っております。お疲れ様でした。


…何てしんみりしていたら、選手のメッセージ動画が更新されていることに気がつきました。全員のを一気に見る。

つるじ…あんた最高だよ(笑)。

ミホ…おまえバカだろ(笑)。


あ〜、悲しい気分が吹き飛んでしまった。いいのかこんなんで…。
posted by 千酔亭 at 21:30| Comment(4) | TrackBack(0) |  → 武富士バンブー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月09日

武富士バンブー@サマーリーグ08

サマーリーグ回顧、最初はもちろん我らがバンブーです。

ずっと楽しみにはしていましたが、正直なところ結果にはあまり期待していませんでした。それよりも11月に開幕するV・プレミアリーグに希望がもてるような、若手の成長を見たかった。勝ち負けよりも、レギュラー陣を脅かす存在になれるかどうか。結果は期待を上回るものでした。土曜日こそNECにスト負けでしたが、日曜日はパイオニアと日立佐和を連破。(若手とは言い難いですが)アマのトス回しに目を見張り、ユキとアヤがしっかり決められていることに何度もひざを打ちました。たくましさを増したミホは、今回のメンバーの中でなら風格すら感じます。

土日とも一緒に見ていたkazさんは、アマをスターターにして、つるじを流れを変えるためのサブとして使う構想を、去年からずっと言っていました。私は1試合通してアマのトス回しを見たことがなかったので、その考えに賛成していなかったのですが、今回その見方を変えました。両セッターの使い分けは、その方がいいかも知れません。と言うか、その方が両者の個性を生かせる気がします。

私の乏しい表現力では、それをうまく言葉にできません。でもアマこと平井真栄というセッターが、V・プレミアリーグにおいてもスターターとして十分に通用する実力の持ち主であることを、今回のサマーリーグにおいて認識することができました。それが何よりの収穫です。

SummerLeague08_arena.JPG
会場の蓮田市総合市民体育館(パルシー)

SummerLeague08_b13.JPG
この人がアマです。試合前練習中の1コマ

SummerLeague08_b1.JPG
センターを積極的に生かせるセッターだと思いました。

SummerLeague08_b4.JPG
輪の中心にミホがいました

SummerLeague08_b8.JPG
エースの仕事をしました

SummerLeague08_b6.JPG
パイオニア戦、途中で下げられたアユ。監督に注文をつけられています。

SummerLeague08_b12.JPG
ワンブロにサトが入って、前3枚の平均身長は181cm

SummerLeague08_b11.JPG
そりゃブロックも機能します

サマーリーグは選手が線審を務めたり、モップ係になったり、試合に出る以外のところでも出番があります。今年のバンブーでは、思いがけない大物が「雑巾係」になっていました。レシーブで床に転がった選手の汗を拭く役目。Vプレミアリーグでは、ボランティアの高校生がやっています。今回それを担ったのはN・K選手とH・K選手。両者とも山梨出身であるのは内緒です。

SummerLeague08_b3.JPG
待機中

SummerLeague08_b2.JPG
活動中

こんな大物に雑巾係やらせちゃ、コート内の若手は気を使うんじゃないでしょうか。
あ、大物といえば、こんな光景も見られました。

SummerLeague08_b9.JPG

イトーヨーカドー時代を思い出しますねぇ…。2人とも40までやれ!
posted by 千酔亭 at 21:41| Comment(0) | TrackBack(0) |  → 武富士バンブー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。