2008年05月28日

「うす汚ねぇシンデレラ!」

期間限定加入中のCS放送、TBSチャンネルで懐かしいドラマを見ました。一世を風靡した大映ドラマの「少女に何が起ったか」です。小泉今日子の主演で、昭和60年1月〜3月に放送されていました。当時私は中学3年生。生まれ育った稚内を離れ、札幌に引っ越した時期と重なります。このドラマが自分にとってすごく懐かしいのは、主人公が3歳から18歳まで稚内で過ごしたという設定があるからです。実際一昨日の放送では、稚内駅から南へ2駅のところにある抜海(ばっかい)という駅でのシーンが放送されました。真冬の寒風吹きすさぶ中、小泉と辰巳琢朗の熱演が笑いを涙を誘いました。

そう、大映ドラマといえば「クサい」「強引」「大袈裟」と三拍子揃った、ドラマの三冠王でした(笑)。

「少女に何が起ったか」のストーリーについてはこちらをご覧いただくとして、このドラマの見せ所は何と言っても、石立鉄男演じるガラの悪い刑事の登場シーン。毎度毎度午前0時に登場し、「やい! うす汚ねぇシンデレラ!」と罵りながら、服引っ張るわ髪の毛つかむわ、よくファンに殺されなかったなと思うほど。当時の小泉今日子は、まさにトップアイドルでしたからね…。私の周りにもファンが多くて、その大根役者ぶりを指摘しようものなら、「何でおまえはあの良さをわからねぇんだ?」と説教されました(笑)。

もしかしてYouTubeに動画あるかもと思って検索したら、本当にありました。そんな古いドラマ知らないという若い方、ぜひちょっとご覧下さい。こういう世界もあったんです。日本のドラマ史に残る爆笑名シーンです。



このほか、「イソップゥゥゥゥゥゥ!」のスクールウォーズや、「ドジでのろまなカメ」のスチュワーデス物語、フジテレビ放送分ですが、二重人格モノのヤヌスの鏡が忘れ難いところです。

ドラマを見なくなってもう15年以上経ちます。トレンディドラマと言われていたやつの薄っぺらさがどうにも嫌で、それ以降徐々にテレビから離れて行ったんですが、大映ドラマの「突き抜けたクサさ」には、不思議と拒絶反応が起こりませんでした。自分としてはかなり不思議な心理です。トシですかね?

そうそう、今日また1つトシをとりました。四十路カウントダウン365が厳かにスタートしました(悲)。
posted by 千酔亭 at 21:36| Comment(13) | TrackBack(0) | テレビ・映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月07日

『アース』

バレーの話題を書こうかとPCに向かったところ、友人からヤフオクの宣伝をしてくれとの書き込みが…。WWF関連のチャリティってことなので、私利私欲ではないけども、ここはあくまで個人の趣味でやってるblog。興味のないことならNGだな〜と思いつつ、中身を拝見。

[チャリティ]渡辺謙さん、直筆サイン入り『メガネフレーム』
<このオークションの売上金は、『WWFジャパン(財団法人世界自然保護基金ジャパン)』に全額寄付されます>

私個人は渡辺謙もメガネフレームもどうでもいいんですが、なるほど、これ映画に関連した出品なのですね。1月12日公開で、タイトルが『アース』。その中で渡辺謙がナレーションを担当しているそうです。で、その映画に関する説明に思わず目を見張りました。

「ディープ・ブルー」「プラネットアース」のスタッフが贈る、かつてない生命の旅

おお、それはどっちも見たぞ! ディープブルー自体も見たし、元ネタ…というか、完全版である「ブルー・プラネット」はDVD BOXまで買った。NHKで3シリーズ・11回に渡って放送された「プラネットアース」も、一部再放送を含めて全部見ました。実はここでも取り上げています。友人がそのことを知ってて宣伝を依頼したとは思えませんが(笑)。

『プラネットアースを見よう』 2006年5月7日
『THE BLUE PLANET』 2006年8月22日

ディープブルー/ブループラネットと同じスタッフによる製作ということは…と思いつつ、ディスカバリーチャンネルのHPを見ると、やはりトップページの一番上に、でかでかとバナーが貼ってありました。しばらく見ないうちにこんな映画を作っていたとは…。

映画のHPはこちら。YAHOO動画にもメイキングを含む、プロモーション用の映像がいくつかアップされています。ぜひご覧下さい。すごく面白そうです。近くのシネコンでも12日から上映されるようなので、早速見に行くつもりです。

オークションではなく映画そのものの宣伝になったけど、友人よ、これで満足してくれ(笑)。自分はYAHOO IDを持ってないから、入札はできんのだ。
タグ:映画
posted by 千酔亭 at 20:49| Comment(1) | TrackBack(0) | テレビ・映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月13日

スカパー開通

本日めでたくスカパーが開通しました! 取り付け作業も自分で全てやっています。アンテナの調整は、意外なほどあっさりベストポジションを確保できました。一番苦労したのは、同軸ケーブルをエアコンダクトに通すことですね…。なかなか通らなくて、ずいぶん時間がかかりました。

SkaPer1.JPG

早速プロ野球パ・リーグのクライマックスシリーズ 第2ステージを見、続いてナショナルジオグラフィックチャンネルの「あなたが選ぶナショジオ ベスト30」という番組を見ています。めちゃめちゃおもろいです。今見ているのはハイエナの生態を追った「ハイエナ・クイーン」というドキュメンタリーですが、素晴らしかったですね。ハイエナに対する見方を変えるものでした。

読書時間が減ることになりそうですが、でも面白い試合と、心に響くドキュメンタリーが見られるなら、それもまた良しでしょう。バレーに野球にサッカー等々、色々楽しみたいと思います。

SkaPer2.JPG
posted by 千酔亭 at 18:50| Comment(2) | TrackBack(0) | テレビ・映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月07日

スカパーのアンテナを買った

正確にはアンテナとチューナーのセット(HUMAXのCS-N5)。新宿のヨドバシカメラにて7800円で購入。表示価格は12800円だったんだけど、新規加入の場合は5000円引きだそうな。取り付け費用も0円なので、安いもんですねぇ。もっと早く加入するんだった。タダとはいえ取り付けは自分でできそうだし、明日にでもさっさとやってしまおうか。

cs-n5.jpg

J SPORTSはもちろん、バレーファンとしてはGAORAフジテレビ739は押さえなきゃいけない。これらを全て含む「プロ野球セット」加入は必須ですね。あとは音楽系でミュージック・エアと、ドキュメンタリー系のナショナル・ジオグラフィック・チャンネルも入れておきたい。映画は見ないからいいんだけど、ミステリチャンネルには心を惹かれるものがあるな〜。

パンフレットとホームページを見つつ、しばらく悩むことにします。2週間の仮登録期間もフルに生かしましょう。これでスポーツ中継に関しては、地上波におさらばできるんですね(感涙)。
posted by 千酔亭 at 20:25| Comment(5) | TrackBack(0) | テレビ・映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月09日

「奈良県立歴史民族博物館」

そこに行ってきたとか、そういう話じゃありません。M-1グランプリを
毎回見ている人なら、すぐにピンとくるでしょう。笑い飯のネタです。
これを見たのは2003年のことでしたが、腹がよじれるほど笑いました。
"YouTube"で発掘したので、未見の方はぜひどうぞ。



ついでなので、過去の名作をもう2つ。まずは一昨年のチャンピオン、
ブラックマヨネーズの2005年のネタ「ボウリングの球」



こういうオーソドックスな漫才、好きですね〜。漫才の「型」をしっかり
踏まえた上で、その枠の中で、あくまでも「言葉」で笑わせるってのが、
いいんですね。設定が幅を利かせすぎるとコントになってしまう。

笑い飯は漫才の型に辛うじて収まってる(というか型を自ら広げた)けど、
2004年のチャンピオンであるアンタッチャブルは、私はあれはコント
だったと思います。冒頭の「つかみ」以外は、全て設定の中で話が進んで
いましたから。所々で設定から抜け出してこなきゃ、漫才とは言えない。



まあ、この年は低調だったし、最終的に2位だった南海キャンディーズが
チャンピオンにふさわしいかといえば、それはちょっと…。

一転して去年はすごくレベルが高かった。2003年のチャンピオンたる
フットボールアワーが再登場し、麒麟も良かったんだけど、とにかく
チュートリアルが抜群でした。残念ながら映像はなかったんですが、
忘れた頃に載せます。

今年も1回戦がすでに始まっています。年末の決勝に誰が残るか、楽しみに
待ちたいと思います。
タグ:M-1 YouTube
posted by 千酔亭 at 21:39| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ・映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。