2010年06月10日

ファンにとってのサマーリーグ

『2010 X・サマーリーグ 開催概要』

サマーリーグの入場料、決勝リーグではそれなりの金額を払っています。でも予選は無料。今回は500円払わなきゃいけないけど、それは入場料ではなく「大会運営協力費」なのだそうな。これはいったい何か? 考えるまでもない。文字通り「大会の運営に充てられる費用」でしょう。よって今回の大会も名目上、「入場料は無料」であるわけだ。

東西に別れてやっていた大会を1つにまとめ、且つ運営にかかる費用の負担をファンに求める。しかし入場料は取らない。

1会場にまとめた大きな理由は費用の削減でしょう。元々は昨年までと同じ運営方法を考えていたはずですが、開催を引き受けてくれるところがなかったのかも知れません。だからこそ、やっぱり疑問なのです。「では、なぜチケット代を取らないのか?」

全席自由の1000円、有料入場者が300人としましょう。30万円あれば、ちょっとした会場の使用料には十分足りるはずです。もしかしてVリーグ機構は、サマーリーグ予選程度の大会で、今まで無料だったものを有料にしたら誰も来てくれない、若しくは苦情が大量に来るとでも思っているんでしょうか?

ファンなら1000円程度のお金は払います。世の中不況で、スポーツを巡る環境が厳しいこともみんなわかっています。少しの金銭的な負担より、試合を見られない事の方がよっぽど辛い。Vリーグではあまり出番のない若手の成長を見る、本当に楽しみな機会なのです。機構側とチームは、それをちゃんと理解してくれているでしょうか?

大会運営協力費を払うことより、東西の開催が一緒になったことより、入場人員の制限が何よりも最悪です。バレーを多くの人に見てもらいたいと思うなら、「ファンを重視」し、「常に発展」して行く姿勢があるなら、こんなことは絶対に止めるべきです。
 
posted by 千酔亭 at 22:13| Comment(0) | TrackBack(0) | バレーボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月08日

VolleypediaとHowTo本

Volleypedia.JPG

8ヶ月ぶりにこっそり更新します(笑)。

何かを深く知ろうという思いから、本屋でHowTo本を探すとします。その時に何を基準に誌面を見るでしょうか。自分がつい最近買ったのは「ロードバイク 初めてガイドブック」という本。スポーツサイクルはメンテが必須なので、勉強のために買いました。A4オールカラー130ページで、値段は1800円。安くはないけど、でも1度見て放り出すような本でもないから、別に高いとは思わない。もっとコンパクトなのもあったけど、そっちはある程度手慣れている人向けという印象だったし、何よりも見やすさ、わかりやすさを重視しました。

VolleypediaをHowTo本と一括りにするのは少し違うかも知れませんが、「より深い知識・理解を求めて」という購入動機は一緒と思うので、ご容赦いただきましょう。で、A4モノクロ130ページという形態はどうなんでしょうか。自転車メンテの本では、いくつかある選択肢の中からA4オールカラーを選んだ私ですが、本屋の店頭でVolleypediaを見た時、真っ先に思ったことは「え? A4なの?」ということでした。

素人とはいえ、ある程度の知識はありますから、無意識に手にしやすいサイズを考えていたようです。A4だと電車の中では読みにくい。でもここはやはり、技術・戦術の入門編として見ようという方に合わせるべきで、この判型で良しとしましょう。まあ、ここの出版社のバレー関連ムック本はみんな一緒ですがね(笑)。

もう1つ強く感じたことは「写真が見づらい」ということ。例えば19ページ上の連続写真では、まず写真ごとの境が分かりづらく、かつボールが背景に溶け込んでしまって、よく見ないとわかりません。ボールの描く放物線軌道の頂点位置に関する説明写真で、ボールが見えにくいというのは正直いかがなものかと思います。45ページのリードブロックの連続写真もそう。ブロッカーがどのタイミングで反応しているか確認するには、ボールがはっきり見えていることが重要です。

写真をモノクロにしたのは…というか、せざるを得なかったのは価格を考慮してのことでしょうか? 980円。少しでも多くの人に買ってもらおうと思えば、確かに安いに越したことはありません。1000円を切る値段で…ということを意識したのかも知れません。でも最初にも書きましたが、一度見てそれでお終いという内容ではないし、全部とは言わないまでも、一部をカラー写真にすることはできなかったんでしょうか。出版事情に詳しいわけではないので、それがどのくらい値段に跳ね返るのかはわかりませんが、でもこの本にとって必要なことのように思えます。プレー経験のない素人には、実感を伴って理解するということができませんから、写真はとても大事です。

いずれ改訂版が出るものと思いますので、カラー化はその時に期待しましょう。サイズも個人的にはA5が希望だったりします(笑)。twitterであった「電子書籍にして写真と共に動画リンク機能とか付ければ…」という意見はユニークで、ぜひ合わせて実現して欲しいものです。…内容にそのものついては、私ごときど素人がうだうだ言うことは何もありません(^^;)。

少しでも多くの人がこの本を手に取ってくれることを祈っています。
ラベル:バレーボール
posted by 千酔亭 at 23:11| Comment(2) | TrackBack(1) | バレーボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月13日

"volleyballista"

ちょうど3ヶ月ぶりの更新。忘れられた残骸へようこそ(笑)。

わりと最近のことですが、”Footballista”という雑誌を愛読しています。週刊の海外サッカー専門誌で、お代はたったの300円。でも中身は確実にそれ以上の価値があります。試合結果の論評やインタビューはもちろん、戦術に関するコラムなども面白い。

でも自分がいちばん面白がっているのは「CLデータの深層」という記事。ちなみにCLは”UEFA Champions League”のこと。毎回1つの試合の特定のプレーを取り上げ、はじき出された数字を元に分析を加えて行きます。意図、数字、チーム別の分析、まとめから成る1ページ。

最新号はBARCELONA vs DYNAMO KIEVから。相手からボールを奪った回数と割合を、その位置と選手別にはじき出し、それが「シュートを打つ」という結果にどの程度結びついたかの分析。ディナモの方が奪取数は多いのに、シュート数は20対6でバルサが圧倒しています。

細かい内容はお読みいただくとして、ここで話は唐突にバレーボールに移ります。定期刊行誌が例の「協会機関誌」しかないバレーでは、こんな興味深い分析を読めるのは夢のまた夢。でも”Data Volley”では、おおよそこのような内容の数字がはじき出されているんじゃないでしょうか?

いわゆる「チャンスボール」はともかく、リバウンドとディグからの攻め返しがどの程度「スパイクを打つ」という攻撃に結びついたか。さらには得点になったか。ローテーションごとに数字にすると、なかなか興味深いものになる気がします。もちろんこれは1つの例で、他にも切り口は無数にあります。

定期、不定期を問わず、バレーボールの雑誌にこういう数字が出てこないのは、そこまで突っ込んで見ているファンなんていない…という認識からでしょうか。でも専門誌等のメディアによる発信が(自分の知る限り)皆無である以上、多くの人にとっては興味の持ちようがありません。

バレーボールの見方を「深く」、ただし「分かりやすく」、それでいて「(値段を)安く」紹介できる雑誌があれば、明るい見通しがない現状を、少なからず変えられるんじゃないかと思っています。ちなみに”Footballista”は、表紙も含めて40ページの中綴じ製本。首都圏、関西、東海の駅売店等での販売が中心。それ以外の地域にはメール便での発送を行っています。

ballista_photo.jpg
ラベル:バレーボール
posted by 千酔亭 at 00:38| Comment(3) | TrackBack(0) | バレーボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月14日

所沢大会を振り返る その3

本題に入る前に、去年までバンブーでコーチをしていた小坂さんが、中日新聞のサイト上で取り上げられていたので紹介しておきます。

「元Vリーガー熱血指導 春高バレー出場・金沢商女子」

ちょうど去年の所沢大会の後、地元石川県で教職に就くためチームを去りました。JT戦勝利のあとのインタビューで、カナが「小坂コーチが今日で最後なので…」と言うと、小坂さん泣いてましたっけ。あれから1年、石川県では強豪の金沢商業高校に赴任し、女子バレー部コーチとして春高出場を果たしました。いい結果が出るように応援したいと思います。…あ、そういえばここの高校って、PFUに内定している嶽の出身校じゃないか。


ここからが本題。日曜日はパイオニアのホームということで、V・プレミアの試合後に9人制バレーのデモンストレーションゲーム、パイオニア vs パナソニックエナジーが行われました。9人制の試合をまじまじと見たことはなかったので、残って観戦することにしました。一般女子のネットの高さは2m15cm。6人制は2m24cmですから9cmしか違わないんですが、やけに低く見えます。サーブの打ち直しが可能だったり、ブロックに相手スパイクが当たるのを1回のボールタッチとしてカウントしたり、見た目にはなかなかわかりにくいネットプレー等、ルールも結構違う。何よりフリーポジション制なので、ブロッカーが5人もいる!

9volley-1.JPG

これがまた見事なリードブロックをやってくれます。とにかく3枚ブロックが当たり前。レシーブに入る人数も多いから、ボールがなかなかコートに落ちない。3分以上続いたんじゃないかというラリーが何度もあり、ようやく得点が決まった時には客席から拍手が沸き起こります。見ているうちに、ネットプレーのルールを実に有効に利用していることもわかってきました。試合開始前に場内アナウンスのルール説明を聞いておいて良かった。聞いてなかったら頭の中がクエスチョンマークだらけだったと思います。ルールとは関係ないですが、「天井サーブ」なんてものを久しぶりに見ました。下の写真で天井付近にボールがあるのをお分かりいただけるでしょうか。

9volley-2.JPG

参考までに正確なルールが書かれたサイトをご紹介しておきます。
スポーツルール.com 「9人制バレーのルール」

大勢の観客が集まるトップカテゴリーの試合と、違うカテゴリーの試合を一緒に行うのは、とても良い試みだと思います。日立佐和のホームゲームでは、午前中に小学生の試合をやっていたらしい。ホーム&アウェー制を採っていないVリーグでは、2〜3試合を一緒に行うのが当たり前になっていますが、1試合+別カテゴリーの試合という形を今後増やして欲しいな〜と、個人的には思います。プレミアとチャレンジの組み合わせでもいい。前述した佐和のホームでは、午前中は関係者しかいなかったようなので、プレミアの試合後の方が見てくれる人は多いかも知れません。

6人制とはまた違った面白さでした。機会があったら大会での真剣勝負を見に行ってみようと思います。
posted by 千酔亭 at 13:05| Comment(0) | TrackBack(0) | バレーボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月22日

アラキング goes to Italy

荒木絵里香がイタリアのセリエA ベルガモへ移籍するそうです。
チームのサイトに載ってるんだから間違いないでしょう。

荒木にとって、Vリーグという舞台は狭くなってしまったんだと思います。
本人が海外へ行く気になったのは当然だし、それより東レがよく出したな〜と
思います。本人の意思がそれだけ強かったということかも知れません。
井野と仲がいいから、海外の話もいろいろ仕入れたことと思います。
実際、井野のblogには荒木と秋葉原で会った話が書かれています。
ちなみにベルガモからカンヌ(フランス)までは直線距離で300kmくらい。
東京〜名古屋くらいの距離です。

今年のチームがどういうメンバー構成になるかはまだまだ未定ですが、
コンビを組むことになるセッターは多分ロビアンコ。ピッチニーニも
チームメイトになるはず。センターのライバルになるのは、バラッツァと
アリゲッティという、これまたイタリア代表コンビ。当たり前ですが、
レギュラーが確約されてるわけじゃありません。去年はドイツの大エース
グリュンがいましたが、トルコに移籍してしまいました。ポーランドの
ロスネルはどうなるんでしょうか。

世界屈指のハイレベルですから、ここでの経験は荒木にとって大きな
財産になると思います。もしかすると、こちらが思うほどうまくはいかない
かも知れません。でもたくさんの悔しい思いを乗り越えてきた彼女ですし、
それを糧に成長できるでしょう。私は心が狭いので、「東レの荒木」は
応援できませんでしたが、ベルガモの荒木は応援します。

まあ、まだ少し早い話題ですね。正式発表を待ちましょう。
ラベル:バレーボール
posted by 千酔亭 at 21:17| Comment(5) | TrackBack(0) | バレーボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。