2007年12月03日

星野ジャパン vs 台湾

ホッとしたというのが最初の感想です。ファンだけじゃなく、選手も監督もコーチも裏方も、みんな同じ思いでしょう。この大会は4チーム総当りのリーグ戦ですが、実質は1つたりとも落とせないトーナメント戦でした。だからこそ、日本を代表する超一流の選手達が感情を露にし、雄たけびを上げ、派手なガッツポーズをし、ヘッドスライディングはまるで高校球児のようでした。

山あり谷ありの長いレギュラーシーズンとは違う、国際試合のしびれるような緊張感が、選手を高校生に戻してしまったんでしょうか。サブローのスクイズが全ての流れを変え、その後の連打はコースに逆らわない、教科書のような打撃ばかりでした。投手陣ももちろん素晴らしかった。この3連勝は、1球1球に籠もった気持ちの強さが導いた結果だと、そう信じて疑いません。

見ていて本当に疲れましたが、こういう疲れはいいもんですね。何とも言えない爽快な気分です。最後に出た新井の一発で、ようやく重い気分から開放されました。胸を張って日本に帰ってきて、そしてゆっくり休んでもらいたいものです。
posted by 千酔亭 at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/70758524
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。