2007年09月30日

連覇おめでとう

久々に野球の話題。北海道日本ハムファイターズがパリーグ連覇を
成し遂げました。開幕前は正直言って無理だと思ってました。新庄と
岡島はまだしも、小笠原の穴は埋められるもんじゃない。良くて3位
だろうと…多分ほとんどの人がそう思っていたはずです。実際4月を
終えた段階では最下位で、その状況に少なからず納得もしていました。

しかし交流戦の14連勝から上昇気流に乗り、8月に首位に立ってから
ソフトバンクとロッテに詰め寄られはしたものの、最後までその座を
明け渡すことはありませんでした。

昨日までの数字で、チーム打率は5位、得点は6位。ホームラン数に
至っては大差をつけられての6位。これでも優勝できるんですね。
少ないチャンスを点に結びつけ、投手力と守備の堅さで押し切って
しまう。点の取り方、勝ち方を知っている。

 「うちは3連打で1点しか取れないが、向こうは1安打で1点取る。」
  (楽天 野村監督)

 「本塁打も総得点も低かったけど、点の取り方の幅が広かった。」
  (ソフトバンク 王監督)

 「強さは感じないけど、気付いたら負けている。」
  (西武 伊東監督)

勝ち方にもいろいろあります。「打線は水物」なんていう言葉もあり
ますが、犠打、進塁打、盗塁、四死球、敵失…そういったことをフルに
生かしたからこそ、波を少なくシーズンを乗り切れたんだと思います。

ヒルマン監督と高田GMがチームを離れるようですが、哲学と方法論を
しっかり持った今の日本ハムなら、それで崩れることもないでしょう。
観客動員も伸びたのは、選手個人ではなく「チームの」ファンが増えた
何よりの証明です。

全体のベクトルが、進むべき方向にしっかりフィックスした結果の
見事な連覇。プロスポーツチームとしての1つの理想形を見た思いです。

ラベル:プロ野球
posted by 千酔亭 at 17:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。