2007年02月23日

グラムロックの雄

「グラムロック」というロックの中の1ジャンルは、現在ではほぼ死に絶えていますが、それが最も光を放っていた'70年代の前半、大きな人気を得ていたのがT.REX。マーク・ボランという強烈な個性が生み出した世界は、今もなお魅力的で、色あせることがありません。

最初に現れたスターがいきなり頂点にたどり着いてしまったのが、このジャンルを短命に終わらせた理由でしょうか。ビジュアル系の走りとも言えますし、単純明快なサウンドはパンクへの影響も絶大でした。映像はかなり色々とあったんですが、'72年の傑作"The Slider"から、この曲をチョイスしました。


T.REX "Metal Guru" 1972

もう1人、忘れてはならないのがデヴィッド・ボウイ。'80年代半ば以降のスマートなボウイしか知らない人には、この時期の奇抜なファッションはびっくりかも知れません。いかにもアーティスト然とした若き日のボウイは、掛け値なしにカッコいい。大傑作アルバム"Ziggy Stardust"の収録曲で、私が最も好きな曲の演奏シーンも発掘しましたので、ぜひ聞いてみて下さい。以前に何かのCMで使われていたので、聞いたことあるかも知れませんよ。


David Bowie "Starman" 1972

おまけと言っては何ですが、今日取り上げたグラムの雄2人が競演している映像も見つけました。1分ちょっとの短いものですが、こんなことがあったんですね〜。


Marc Bolan and David Bowie 1977 on TV show



ラベル:YouTube
posted by 千酔亭 at 21:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。