2006年12月17日

2006年 全日本女子総括

先日閉幕したアジア大会で、今年の全日本としての日程が全て終了しました。
世界バレーという大目標がある年に、どんなメンバーでどんな戦いをするのか?
非常に興味が湧いた候補発表の段階から、月を追うごとに期待値がしぼんでいった、
監督に対しては失望のみが大きくなった…そんな1年でした。

候補発表の段階で最大の目玉は、1つは栗原と有田の復帰。もう1つはセッターとして
木村と高橋翠を入れたこと。先を見据えた大型化と、以前から言われていた2セッター
実現へ向けてついに動き出すかと思いました。現在の韓国がそうであるように、
性急な大型化は結果が出るのに時間がかかります。増してアタッカーをセッターに
転向させようというならなおさら。それでも長期的な視野に立って強化・育成を
しようという、その意気や良し! 今年は面白くなるぞ…という期待は、6月の
段階で早くも崩れ去ります。栗原も有田もヨーロッパ遠征のメンバーに名前が
ありませんでした。

モントルーでもクールマイヨールでも、先発は当たり前のように竹下。結果は
どうでもいいレベルの大会で、なぜ2セッターを試さないのかと思ったら、最後の
ブルガリア戦でようやく実戦投入。このスタンスが結局12月まで貫かれることに
なります。柳本監督お得意の、単なるアドバルーンでした。


ワールドグランプリを前にリベロは菅山に交代。井野は大会期間中を通して
ベンチ入りすらできず、板橋と共にコートの外から見ているだけ。ここで再三
言っていますが、信頼に足るピンチレシーバーとして使えたのに、なぜ監督は
そうしなかったのか理解できない。確かにリベロとして経験不足ではあるが、
それは最初からわかっていたことだし、それを言うなら菅山とて同じこと。
日本の最大の課題はサーブレシーブなのだから、大山や小山が後衛の時に
有効に使って欲しかった。

リベロとしての大きな仕事に「コーチング」があり、その部分で特に経験値が
大きくものをいう。その意味で菅山は非常に物足りない。指示を伝えることは
できても、後ろからチームを盛り立てるようなタイプではない。サーブレシーブ
でも隣の選手と交錯したり、高橋にフォローされることもしばしば。消去法で
正リベロになった感じでもあり、かなり物足りない。世界バレー前に柳本監督が
「新しいタイプのリベロ」などと言っていたが、皮肉にしか聞こえない。


悪いことばかり書くのも何なので収穫も。何と言っても荒木と小山の成長です。
大友愛の「できちゃった引退」で、特にセンター線には不安をもっていましたが、
荒木の音が出そうなほどの素晴らしい成長ぶりがそれを解消してくれました。
ストレート打ちがやや不安定でアウトになることが多かったですが、それは宿題
として東レに持って帰って、来年までに修正してもらおう。

小山も大きく成長しました。当初はピンチサーバー要員かなと思ってましたが、
サイドが薄い事情もあって最後は完全にレギュラーを勝ち取りました。6月の
ヨーロッパ遠征ではベンチ外で、スタンドからニッポンチャチャチャをやって
いたのが、今となっては懐かしい。真摯に取り組む姿勢が実を結んだんだと
思います。所属の久光に今年はケニアがいないみたいだし、レフトの一角を
がっちり掴めるんじゃないでしょうか。調子の波が大きいことと、レシーブ、
つなぎが相変わらず下手なので、そこらへんを改善して欲しい。

石川は全日本には早すぎたと言うべきでしょう。チームでしっかり地力をつけて、
次に呼ばれる機会を待ちましょう。セッターとコンビを合わせる時間も少ない
ですが、特に怪我もないようだし、活躍してもらいたいものです。


さあ、プレミアリーグだ! サッカーじゃないぞ!! 1月13・14日の越谷大会を
両方見に行きます。楽しみです〜。

Tickets.jpg

posted by 千酔亭 at 15:05| Comment(5) | TrackBack(1) | バレーボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは♪
観ていくうちに、段々嫌気がさしていく全日本。。これはすべて柳本さんが原因?
焦っても仕方がないけど、北京には間に合うのでしょうか?
あと、ロンドンにも。。
選手もストレスたまりますが、ファンもストレスたまります
あー、この1年、もっと有効に使えなかったのか。。結果はまず北京で出てくると思います
ロンドンは。。柳本さん続投?。。セッター育てていないからないような。。
Posted by kerri at 2006年12月17日 20:52
毎度っ☆でございます。

千酔亭さんに感化されて、うちでも総括やっちゃいました。

栗原と有田は残念でしたね〜。来年二人とも全日本に呼ばれると信じております。

一番の問題は、やっぱり監督のような気がします。ただ、監督は北京まで続行するでしょうから、その辺が不安で不安で。もう選手潰さないでね!とそれだけを願っています。
Posted by いち at 2006年12月18日 02:13
>kerriさん

全てと言ってはさすがに気の毒ですかね。最大の問題はテレビ局の
言いなりになっているJVAでしょう。2年後とか6年後のメダルより
今の利益が大事で、とにかくメグ・カナには出て欲しいんだけど、
メダルメダルと大騒ぎして、視聴率を稼ぐにはそこそこの結果も
必要だから、確実な仕事をする竹下や高橋が重用される…。要は
そういうことじゃないでしょうか。

全日本が選手をスポイルしているような気がしてなりません。


>いちさん

毎度おおきに。

3人レシーブとか選手を疲れさせるだけの練習はやめて欲しいですね。
「全日本伝統」らしいけど、ああいう悪い伝統は断ち切って欲しい。
ひたすら浮き玉を拾うだけの練習なんて必要ない。マスコミには絶好の
画なんだろうけど、あれは絶対に無用の練習。腰とか膝に爆弾を抱える
選手に、あんなことやらせちゃいけない。

監督はもう北京までしょうがないでしょ…。アタッカーはともかく、
あとはやっぱりセッターですよね〜。20代前半で170cm以上ある
セッターが、プレミアで出てきて欲しい。
Posted by 千酔亭 at 2006年12月19日 00:09
こんにちは♪
あははは! 「すべて」って書いてましたね。。
それは何が何でも言い過ぎですね
そうですね。。JVA。。
うーん。。柳本さん、北京まで続投のニュースがでましたが、それは多分そうだろうなぁって思っていたので、特に。。です

プレミアリーグに賭けます
Posted by kerri at 2006年12月22日 09:56
プレミア開幕まであと2週間ですね。すごく楽しみです。
打倒パイオニア! 打倒kerri…じゃない、打倒久光製薬!
エステス(旧姓アルタモノワ)がやってくれるでしょう。
去年のハニーフと違って守備がいいですからね。


Posted by 千酔亭 at 2006年12月24日 16:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

2006年 全日本女子バレーボール
Excerpt: 本日、風邪ぶり返しでどこにも行けず、暇だったのでブログのデザインをごちゃごちゃいじってみました。なんだか見にくい気もするので、またごちゃごちゃいじるかもしれないです。 ドーハアジア大会が終わり..
Weblog: 29歳女一人暮しがけっぷち日記
Tracked: 2006-12-18 01:31
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。