2006年10月26日

日本一おめでとう!

プロ野球の日本シリーズは日本ハムが中日を4-1で下して優勝を決めました。
自分は日本ハムのファンという訳ではありませんが、道産子としてはやはり
こちらを応援します。

テレビの中継でゲストの上原も言ってましたが、引退試合が日本一を決める
一戦になるとは、新庄ってのは言葉では説明できない「何か」をもっているん
でしょうね。でき過ぎた漫画みたいです。本人にしかわからない苦労も多々
あったでしょう。北海道に巨大な足跡を残してくれました。今はただお疲れ様
でしたと言ってあげたい。

個人的に最も印象に残った選手は森本です。とにかく動きに全くムダがない。
スタートが早く、移動が早く、何でもないようにキャッチしている打球でも、
他の選手と比べて守備範囲が断然広いからそう見えるだけで、相当な名手だ。
守備だけならイチロー並だろう。来年は新庄に代わってセンターを守ることに
なるんでしょう。打つ方にもっと磨きをかければ、最強のトップバッターに
なれます。

小笠原は今ひとつでした。WBCもそうでしたが、短期決戦ではちょっと力む
ようですね。むしろ守備で目立ってました。FAで移籍の噂もあるようですが、
北海道に残って欲しい選手です。

投手陣がプレーオフから日本シリーズを通して素晴らしかった。ダルビッシュ、
八木の若い2人は天晴としか言いようがない。岡島も武田久もマイケルも見事。
いろいろあったけど金村も立派です。アホみたいなピッチングしたのは昨日の
トーマスくらいでしょう。


野球チームをゴルフのクラブに見立てる例えがあります。ドライバーがあって、
アイアンがあって、サンドウェッジやパターなど、様々なクラブを駆使して
試合を戦うように、野球のチームにもそれぞれの役割をもった選手がバランス
良く必要で、ドライバー(=長距離砲)ばかりあってもしょうがない。数年前の
巨人はまさに「ドライバーばかりのチーム」で、チームのバランスがガタガタに
なってしまった。今立て直しに苦心しているのはご存知の通り。

その点日本ハムも中日も、投打とも実にバランスが取れている。それだけに
今回の4勝1敗という一方的な展開は予想していませんでした。多くの人が指摘
しているように、私も落合監督の投手交代や、マウンドに行くタイミングには
疑問を感じました。特に昨日の中田の交代はさすがに早過ぎでしょう。


正直に言うと、シーズン中はあまりテレビ中継なども見ていませんでした。
でもやっぱり面白いですね。WBCもそうでしたが、試合開始から終了まで全て
見られるのがいい。シーズン中の中継は途中から始まり途中で終わる。
だから見る気になれない。ポストシーズンと国際大会以外は、地上波から
野球が消える日も近いかも知れません(少なくとも関東では)。

まあ、そんなことはともかく、今日は思い切り「ビールかけ」を楽しんで、
ススキノで暴れて下さい。本当におめでとう!

posted by 千酔亭 at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/26225673
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。