2006年01月25日

羊肉は臭いのか?

去年くらいから東京でもジンギスカンを食べられる店が増えてきました。近所のスーパーにもラム肉が売られていたりします。ちょっと前まで影も形もなかったのに。確か「発掘あるある大辞典」か何かで、羊の肉に「L−カルニチン」という物質が多く含まれている…と取り上げられてから、にわかに売られ始めたように記憶しています。

で、食べてみた方いかがでしょう。 羊肉ってやっぱり「くさい」ですか? 北海道(=ジンギスカンの本場)で当たり前のように羊肉を食べていた自分にとっては、食欲をそそるにおいなんですけどね…。ジンギスカンを食べた九州出身の会社の同僚に「くさい!」と言われた時は結構ショックでした。

でも自分も博多ラーメンの豚骨の臭いがどうにも苦手なので、要は慣れの問題なんでしょう。まだ札幌にいた頃、山●屋という博多ラーメン系の店の前を通ると吐き気を催すほどの強烈な豚臭さが鼻をついて、あれのお陰で豚骨嫌いになったように思います。好きな人にはたまらん匂いなんでしょうけど…。

においを気にすることなく羊肉を味わおうと思ったら、一番いいのはカレーです。スパイスが臭みを消してくれます。できればマトン(生後1年以上の羊の肉)ではなく、ラム(同1年未満)を使うこと。カレーの本場インドでは一般的です。第一ヒンドゥー教では牛は「神聖な動物」であり、食べることは決してないし、豚もほとんど食べられることはない。ビーフカレーでもポークカレーでもなくラムカレーを是非お試し下さい。旨いですよ。


posted by 千酔亭 at 22:20| Comment(4) | TrackBack(0) | グルメ? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
羊肉はうまいじゃないですか。私は好きですよ。
学生の頃って(遥か20年以上前なんですが)
新宿アルタの屋上にあるビアホールでバイトしててそこの名物料理がジンギスカンでした。閉店後、夕飯の賄いが毎日ジンギスカンでしたね。
私は豚骨ラーメンも大好きですよ。と言っても本州の人間用に臭みをなくしたもの限定ですが。
妻が熊本なので、帰省の折に一緒に豚骨食べに行きますが、油と臭みが強くてなじめません。
Posted by なお at 2006年01月26日 02:25
おお、なおさん羊肉の旨さを理解してくれますか!
20年以上も前に、東京でジンギスカン食わせる所が
あったんですね。それもアルタの屋上とは…。
でも毎日食べるのはさすがに辛くなかったですか?

九州の人は「豚臭さ」が強いほうが喜びますよね。
自分には信じられません。北海道人はやっぱり
味噌ラーメンですよ。
Posted by 千酔亭 at 2006年01月26日 23:57
毎日食べてもイヤになりませんでした。
若くてお金がないときだったから毎日お肉が食べられる幸せを感じてました。

九州は豚骨で北海道は味噌。
静岡はこれといってないですね。
ご当地自慢ラーメンがなくて寂しい気がします。
Posted by なお at 2006年01月27日 10:26
私はキルギス出身です。キルギスって羊肉の食文化だご存知ですね。日本人はやっぱり羊肉の独特な臭いに苦手なんですね。びっくりしたのは、ホルモンOKな日本人は羊肉ダメです。それを理解できない。私は豚骨ラーメンくさいと思います。キルギスでは日本の焼肉みたいに羊肉を普通に食べないで、煮込み料理によく使います。もちろん、タレとかはまったく使いません。塩、コショウだけです。北海道の人は羊肉を好きのはとっても嬉しいです。ちなみに、キルギスの自然や気候は北海道によく似てますよ。

話は変わりますが、私は日本で理解できないのが居酒屋、焼肉屋とか、日本の雰囲気のある飲食店ではアメリカのジャズが流れています。それはまったく合わないと思います! 洋風のバーだったらいいけど。。雰囲気に合わせて日本の曲を聞きたいのです。
 
Posted by キルギス人 at 2009年12月13日 13:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/12270272
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。