2009年04月25日

写真撮影について

『不安です。』  RYU'S EYES

まずはこのリンク先の記事をお読み下さい。バレーボールをよく取材されているフリーカメラマンの方のblogです。

私自身、2006年の9月に一眼レフのデジカメを買い、それ以降バレー観戦に行く際は、ほぼ毎回持参するようになりました。安物レンズしか持っていませんし、センスを疑われそうな下手な写真ばかりですが、blogに載せていくことを楽しんでいました。

しかしその一方で「肖像権」に、あえてフタをしていたことを認めなくてはなりません。

最初のうちは撮ること自体が楽しくて、せっかく撮ったんだからそれを載せたいという気持ちだけでした。そこから徐々に自分が書きたい内容に沿って場面を選んで撮るようになり、ここ1年は「チャレンジリーグにもこんな魅力的な選手がいるんだ」ということを知らしめたくて、何回かに分けて多く載せるようにしてきました。プレミアに比べて悲しいほど露出が少ないですから、自分としてはそこに意味を見出してきました。

とはいえ、どんな理屈をつけようと、本質的にまずいことには変わりありません。冒頭にリンクを貼った記事を読んで何がショックだったかって、自分の行為が、巡り巡ってバレー界全体に悪影響を与えていたということです。私としては、ここに載せた写真を選手が見ても、嫌な気分になることがないよう配慮してきたつもりですが、そういう問題ではないようです。特に自分は女子の試合ばかり見ているので尚更ですね。

blog上に公開しなければ良いだけのことかも知れません。でも一眼のカメラを当たり前のように構えていることが根本的に問題なのだということを、まず自分が止めることで示したいと思います。「当たり前」と一笑に付される程度のことでも、今はすごく重要に思えるのです。
posted by 千酔亭 at 22:04| Comment(6) | TrackBack(0) |  → Vリーグ関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
う〜ん、どうなんでしょう?

ビデオ禁止はよくありますが、カメラ禁止はバレーではまだ経験がありません。禁止でなければ、かえってチームや選手のアピールにもなる位に思っていたのですが、・・・。

私たちはどうするべきなのでしょう?
Posted by taknuno55 at 2009年04月26日 18:35
> taknuno55さん
Vリーグのホームページには、取材に関する規定はあるんですが、一般のファンによる撮影に関しては全く言及がありません。チーム個別での管理に任せている感じです。だから少なくとも会場で撮影することに問題はないし、チームで明確に禁止していない限り、WEBに載せても大丈夫…ってことになります。

ただ、それで一眼を会場に持ち込む人が増えて、その中にとんでもない不届き者がいて、Vリーグが一般のファンではなく取材者に対して規制を厳しくした結果、マスコミの扱いが悪い方に転がって行き、メディアへの露出が減って、チームをもつことのメリットが小さくなった…という悪循環になっている。リンクを貼った先の記事を要約するとそんなところだと思います。

本当はリーグ側が明確に禁止すべきだと思うんです。CSでNBAとかbjリーグとか見てましたが、カメラ持ってる人自体を見かけません。みんな試合に集中している。少し前に女子のハンドボールとかバスケットボールも見ましたけど、コンデジは見かけても一眼は見なかった。なので、一眼を持ち込んでいた私が言うのもなんですが、やっぱりバレー会場のカメラの放列はちょっと異常だと思いました。

チームや選手のアピールは文字でもできるし、今後はチームサイトへのリンクをうまく活用して書いていこうかなと思います。なので、試合会場ではメモを取りつつの観戦になりそうです。

あくまで「私はそう思った」というレベルの話で、他の人もそうすべきということではありません。

Posted by 千酔亭 at 2009年04月27日 00:26
お久しぶりです。
千酔亭さんのお写真がそういう部分にずいぶんと
配慮しているのはもちろんわかってましたが
それにしてもずいぶん勇気あるなと
ひそかに思ってました。

女子バレーをエロ目的で撮っている写真って
多いじゃないですか。
へたしたら自分がが疑われかねない環境下で
スポーツ写真を撮り続けるのはたいへんだと思います。


Posted by なお at 2009年04月27日 17:00
一眼といえばEOSを売っ払うほど気に入った70年代前半のCanon FT-bで、パーツ交換用を含め2台所有しております。
長ダマといえば75-300mmのF5.6でして、東京体育館でバレーを撮るとなればISO800の2倍増感現像と相場が決まっております。

重いわかさ張るわ面倒くさいわで、昨年2月から出動は無し。
もっぱらコンデジでネタ写真を撮っております。

今回の記事を読んで気になって自分のブログを見返したのですが、一番最近の写真は合成の川浦。
その前がバス。
その前が9人制バレーのフォーメーション。

会場に行くとこういう面白がりかたがあるよというのを伝えるには写真って便利なツールです。
正式に禁止されていない以上は本人がスタイルを明確にしてさえいれば良いのではないでしょうか。

千酔亭さんの静物写真はとてもいいので、体育館の中の『静』『物』を狙って何か伝えてみるってのも面白いかもしれませんよ。
Posted by kaz10000 at 2009年04月27日 22:00
> なおさん
あ、ご無沙汰でございました。

バレー会場で一眼を構えるのに勇気は要りません。
なぜかって、数がものすごく多いからです。まさに放列。
人によってはコート外側のフェンスぎりぎりまで寄っていたり、
スタンドで余裕綽々に撮っている人はサンニッパが多いですね。

自分が疑われかねないのは確かにそうですが、
本文中に書いたような目的をもって撮っていたので、
あまり気にしてはいませんでした。


> kazさん
FT-b、確かに重かったですね…。
私の機材もISO1600じゃないとまともに撮れないので、
苦労はよくわかります。

禁止、若しくは制限をどこまでやるかですが、
きちんと規則がある野球やサッカーでも、
テレビ見てるとよくフラッシュが光ります。

フラッシュ焚かないとかいうマナーさえしっかりしていれば、
コンデジはいいんじゃないですかね? もっとも最近は
一眼並みの性能をもったコンデジもありますが…。

会場に持って行くなら30mm程度の単焦点で、スタメンとか
手っ取り早く撮る用途かな〜。その方が早いのは確かなので。
それ以上長いのを持つと、どうしても選手を撮りたくなります。


Posted by 千酔亭 at 2009年04月27日 22:51
ちょっと見かけたのでコメントします。
上記のブログは私も以前からチェックしていました。

バレーボールに限らず、一般の観客が撮影禁止の場所から撮影を
しない限り撮影は良いと思います。
もちろんブログなんかに使う事も有りだと思います。
あまり大量に出してしまうのはいけないので、モラルの問題でも
ありますが。

問題は取材と言う事で、その仕事をしている方々が特別に許可されている
場所で撮影されたものを、カメラマン個人のブログに公開してしまう事が問題なのだと思います。

ブログは決して報道媒体ではありません。
個人の日記みたいなつぶやきみたいなものでしょ。

肖像権は皆持っている物なので、それをいうと話が広がりすぎますが、
個人的に楽しむ(語弊はありますが)場合は問題ないでしょ。
それを報道と称して許可エリアに入ってまでやるとなると、
普通は危険人物って言われませんか。

結論としては、上記のようなブログは報道媒体ではない。
その撮影しているカメラマンは単なるフリークでジャーナリストでは無い。

だからみんなとは違うので、写真は撮影可能なら撮影しても良いし、それを販売もしなければ問題ないでしょ。

通りがかりのフリーカメラマン、えぼしでした。

Posted by えぼし at 2009年05月28日 07:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/118077816
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。