2009年03月22日

優勝翌日の青猫と偵察部隊

V・チャレンジリーグ最終戦を見に、再び上尾市民体育館へ行ってきました。プレミアは昨日が最終だったから、バンブーの偵察部隊がいるんじゃないかと思ったら、やはり安保コーチがいました。出入り口にほど近い2階エンド側にカメラをセットし、パソコンを携えていました。その背中に「しっかり見ててくださいよ!」と念じつつ、昨日同様1階席へ降りて観戦しました。

結果は0-3のスト負け。凡ミスを連発し、見に来るんじゃなかったと思ってしまうほどの酷い内容。まあ、優勝という大目標を達成したあとだし、どうしてもモチベーションの維持が難しいのかも知れません。第1セットの出だし、いきなり8連続得点で1回目のTTOを迎えた時には、逆に三洋のモチベーションを心配してしまったんですが、2回目のTTOは15-16。20点を過ぎるくらいまでは頑張ってたんですが、最後は一気に走られました。第2セットも、第3セットもいいところなし。動きが良かったのは佐藤くらいで、あとはもう何だかな〜という感じ。

スピード命のPFUバレーですから、レセプションがセッターにきっちり返ることが重要なんですが、三洋の緩急をつけたサーブにボロボロに崩されました。足が動いておらず上体だけで取りに行っている印象で、前に落としたり、後ろに弾いたり…。第3セットあたりからオーバーで取る割合が明らかに増えたんですが、それでも短くなったり低くなったり。公式スタッツのサーブレシーブ成功率は63.9%ですが、判定員の方ちょっと甘過ぎです。

この試合を見てバンブーの安保コーチがどう思ったか、想像に難くありません。三洋はある程度、「仮想バンブー」になり得るチームだと思います。リードブロックを採り、坂田・寺沢の両センターは高さも十分。小さいけどジャンサやバックアタックも打つパワフルな中野。同じく小さいけどブロックを巧みに利用して打つ畑中。オポジットには高さのある木村(今日は早々に槌谷に交代)。中でも今日は「仮想・石田瑞穂」の中野が活躍しました。バンブーには更に「隠れ最強セッター」のつるじがおり、高い決定力をもつセンター陣がいます。

こういう目線でPFUを見るのが嫌なので、チャレンジマッチで当たるのは避けたかったんですが、でも決まったものは仕方ありませんし、私もどうしてもそれを見据えた視点になってしまいます。厳しい言い方ですが、今日みたいな状態だったら、試合はあっという間に終わってしまうでしょう。去年のニコリッチみたいな大砲はいませんが、今年のバンブーは去年より確実に強いですから。

写真もたくさん撮ったんですが、載せるのはチャレンジマッチ終了後にします。2ヵ月半に及んだリーグ戦、本当にお疲れ様でした。頑張れとエールを送るのはとりあえず今日までですが、また来シーズンも応援に行きます。北陸遠征を何とかしたい! あ、その前にサマーリーグがあるか。若手の成長を楽しみにしています。

PFU_Enjin.JPG

posted by 千酔亭 at 18:29| Comment(0) | TrackBack(0) |  → PFUブルーキャッツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。