2009年03月21日

優勝おめでとう!

プレミアのリーグ最終戦は携帯で追えばいいや…ということで、上尾市民体育館へ行ってきました。目的はもちろんPFUの優勝シーンを見ること。上尾はマンブルという「飛び道具」を除けば、さほど怖さを感じないチームですから、あとはサーブで極端に崩されない限り、大丈夫だろうと思っていました。

昨シーズンまで3年連続2位だったこのチーム。足りないのは安定感だったように思います。ハマると強いけど、崩れ出すと脆いやや変則的なバレー。それを操るセッター古藤千鶴と、高い決定力を誇るエース餅田千佳が注目を集めるのは当然だと思いますが、しかし今シーズンのPFUに安定感をもたらしたのは、大久保梨紗と清水亜寿里だったんじゃないでしょうか。私は今日の試合を含めて3試合しか見ていませんから、多分に推測を含んでいますが、でも外してはいない自信もあります。センターもサイドもこなせるユーティリティプレーヤーの大久保。新加入ながら最年長、誰よりも大きな声を出してチームを鼓舞する清水。今日の試合後に胴上げされた2人を見て、果たして来た役割の大きさを再認識することができました。

Douage_Koto.JPG

Douage_Shimizu.JPG

Douage_Mochida.JPG

Douage_Ohkubo.JPG

もちろん塚原の成長も大きいし、ユーティリティというなら佐藤だってそうです。池田は竹村の抜けた穴をしっかり埋めました。ベテランが若手を生かし、若手がベテランを生かす。今季のPFUには、そういう良いサイクルがあった気がします。試合後のインタビューでの古藤と餅田の涙を見て、本当に見に来て良かったと思いました。

Interview_Koto.JPG

Interview_Mochida.JPG

…その一方で、何とも落ち着かない気持ちを抱えながら、携帯ライスコでプレミアの試合経過を追っていました。バンブーが佐和にスト勝ちするのは予想通り。問題はパイオニアvsJTだったんですが、セットカウント3-1でパイオニアが勝ち、入替戦でPFUの対戦相手となるのがバンブーで確定しました。去年と一緒。両方のファンである私にとって、最も見たくない組み合わせです。

優先度1位はバンブーですから、残念ながら入替戦では応援できません。その分明日の試合で、今リーグの有終を飾れるように声援を送りたいと思います。
posted by 千酔亭 at 21:21| Comment(0) | TrackBack(0) |  → PFUブルーキャッツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/116005561
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。