2009年03月01日

KUROBEアクアフェアリーズ@上尾 その1

今週のアクアはホームゲームでしたが2連敗。相手がPFUに三洋とキツいところだったとはいえ、土曜のスタッツの数字はちょっといただけない。実際に見てないのにこういうこと書くのも何ですが、結果として負けるにしても、こういう試合を特にホームではやっちゃいけない…と言いたくなるような内容だったんじゃないかと思えます。

私が今リーグでアクアを見たのは3試合。結果は2勝1敗で、負けた1つにしても2セットダウンから盛り返して、フルセットに持ち込んだ内容の濃い試合でした。なので5勝9敗という今のアクアの成績が、私にはどうにも不思議に思えるのです。いい時と悪い時の差が、それだけはっきりしてるってことでしょうか? …そういえば上尾戦の第1、第2セットは目を覆いたくなるようなひどい内容でしたっけ…。

上尾は明確な狙いをもった緩いサーブを多く打ってきました。前衛の選手に取らせて、ブロックの的を絞りやすくするもの。ド素人の自分でもわかるんだから、もうちょっと何とかならないの? と思ってしまうほど、相手の「注文」にハマっていました。11-25、13-25…スト負けの予感が色濃く漂う状況。その後に監督からどんな指示が出たのかは知りません。田中弓貴が輪の中でかなり長いこと熱っぽく話していましたが、もちろん内容はわかりません。でもそこから様相が一変しました。第3、第4セットを取り返した時に、スタンドで思わず「できるなら最初からやれ〜!」って叫んだのは内緒です。

先にマッチポイントをつかみながら、最終的に勝てなかったのはとても残念ですが、得るものは大いにあっただろうし、翌日の快勝にもつながったと思います。正直に書くなら、第1、第2セットの内容に対する不満は、主にセッターの位田に対してだったわけですが(「いんでん」と読んでしまった人は反省するように)、内定選手であることを考えれば、修正がしっかり利いたことを評価すべきかとも思います。甘い? でもセッターがリーグ直前に加わることの大変さは、バンブーファンの私にはよくわかるのです。

先日も書きましたが、土曜はカメラを持って行かなかったので、試合を見ることに集中しました。今まで見えていなかったことがいろいろ見えたように思います。昨年も同じ会場でアクアを見ていますが、kazさんに刷り込まれた「シカマックス」の名前と、漠然としたチームのイメージしか印象に残りませんでした。サマーでは「あ〜、菅原弓貴だ〜!」で終わりました。ファインダー越しに見てばかりいると、どうしても視野が狭くなります。

カメラを持つ時間を減らした流山では村上と熊谷が、カメラを持たなかった上尾では高崎がとても印象に残りました。今日と明日に分けて、日曜に撮った写真を載せていきます。

Aqua1.JPG
選手とスタッフの皆さん

Aqua3.JPG
輪の中心に田中弓貴というシーンを多く見ました

Aqua5.JPG
めっちゃ嬉しそうです

KidsEscote.JPG
ほーかく高過ぎだって…

Mutsu1.JPG
一生懸命乾かしています

Sara1.JPG
何だかちょっとお気に入りの熊谷

Hyo2.JPG
コートネーム(ヒョウ)の由来は何なんでしょうか?

Block8.JPG
きっちり揃って、しっかりワンタッチ

Yuri2.JPG
高崎のブロード。いいセンターだと今頃わかった

Neta1.JPG
このボールをどうしたらいいか、キャプテンに相談中(違


続きはまた明日。

posted by 千酔亭 at 20:43| Comment(0) | TrackBack(0) |  → Vリーグ関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/114997311
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。