2008年07月22日

アラキング goes to Italy

荒木絵里香がイタリアのセリエA ベルガモへ移籍するそうです。
チームのサイトに載ってるんだから間違いないでしょう。

荒木にとって、Vリーグという舞台は狭くなってしまったんだと思います。
本人が海外へ行く気になったのは当然だし、それより東レがよく出したな〜と
思います。本人の意思がそれだけ強かったということかも知れません。
井野と仲がいいから、海外の話もいろいろ仕入れたことと思います。
実際、井野のblogには荒木と秋葉原で会った話が書かれています。
ちなみにベルガモからカンヌ(フランス)までは直線距離で300kmくらい。
東京〜名古屋くらいの距離です。

今年のチームがどういうメンバー構成になるかはまだまだ未定ですが、
コンビを組むことになるセッターは多分ロビアンコ。ピッチニーニも
チームメイトになるはず。センターのライバルになるのは、バラッツァと
アリゲッティという、これまたイタリア代表コンビ。当たり前ですが、
レギュラーが確約されてるわけじゃありません。去年はドイツの大エース
グリュンがいましたが、トルコに移籍してしまいました。ポーランドの
ロスネルはどうなるんでしょうか。

世界屈指のハイレベルですから、ここでの経験は荒木にとって大きな
財産になると思います。もしかすると、こちらが思うほどうまくはいかない
かも知れません。でもたくさんの悔しい思いを乗り越えてきた彼女ですし、
それを糧に成長できるでしょう。私は心が狭いので、「東レの荒木」は
応援できませんでしたが、ベルガモの荒木は応援します。

まあ、まだ少し早い話題ですね。正式発表を待ちましょう。
ラベル:バレーボール
posted by 千酔亭 at 21:17| Comment(5) | TrackBack(0) | バレーボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
また現れました。
鉄腕エリカはVリーグでチームが優勝しましたし、
MVPだけでなく他の賞も何個か取りましたもんね。
誰にも文句言わせない実績は残したわけです。
日本では実力より実績を重んじるという体質が残っている以上、
実力的にはまだでも実績は作った訳ですから、
東レの人達も大きな気持ちなんだな〜と感じました。

私もOQTの時に自分のサイトの中に書いてみたのですが、
次のオリンピックまで4年はあるわけだし
「北京の後は外国でプレーすれば良いのに」と思ってました。
東レとというチームは嫌いではありませんが、
千酔亭と同じように「東レの荒木」ではなく、
ベルガモの荒木を応援したいと思ってます。
OQT〜ワールドグランプリ、合間にサマーリーグを見ていたら
いつの間にか2ヶ月ほど経っていました。
この間にたっぷり鉄腕エリカを見て、撮っておいて良かったと思いました。
同時に、考えただけでもヨダレが出そうな「ロビアンコがトスを上げ、
鉄腕エリカが打つ」なんていうシーンを想像してしまいます。
北京だけでなく、ロンドン、そしてもしかして東京かもしれない、
次の、もう1つ次のオリンピックでも「鉄腕エリカ」を見続けたいです。

では、また。
Posted by 吉原さんのファンサイト管理人 at 2008年07月22日 21:53
こんばんは。
私、昨日の書き込みで、千酔亭さんの名前に
「さん」を付けてない事に今日気付きました。
すみません。
Posted by 吉原さんのファンサイト管理人 at 2008年07月23日 20:50
確かにそうですね。優勝という大きな結果、MVPはじめ個人賞という実績。
全日本でも仕事をしてますし、誰にも文句は言わせないってところでしょうか。

ちょうど吉原がそうだったように、すぐには結果が出ないかも知れませんが、
転んでもただでは起きないやつだと思います。応援してあげたいですね。

名前のことは気にもしてませんので、ご心配なく。
Posted by 千酔亭 at 2008年07月24日 20:34

こんばんは。

いよいよ、決定しましたね。ロビアンコのトスを打つアラキング、いいですね〜
サイトを見てみましたが、イタリア代表がゴロゴロいますね。
しかし、クローチェの写真がどう見ても「綾戸智絵」に見えるんですよね〜(←どうでもいい)

レンタル移籍で1年経ったら戻るようですが、2年くらいは武者修行をしてきてもらいたいところです。

Posted by 古都の侍 at 2008年07月25日 22:03
レンタルで1年は短いですよ。できることならロンドン五輪くらいまで
戻ってきて欲しくなかったですね。自分が武富士のファンだからとか、
そんなケチな理由じゃなく、それが荒木という選手の成長にとって、
本当に重要なことだと思うからです。

東レを退社して海外に長期間打って出ることが、「恩を仇で返す」的な
ことになるとは誰も思わないでしょう、とにかくまず1年やってみて、
それからもう1度考えて欲しい。本文中にも書きましたが、もう荒木に
Vリーグの舞台は狭すぎると思います。
Posted by 千酔亭 at 2008年07月26日 21:22

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。