2005年12月05日

和風英語

街を歩けばアルファベットに当たるというくらい、日本には外国語を用いた看板やポスター等が溢れかえっていますが、その意味や用法をいちいち精査している人はいないでしょう。間違った使い方や、そもそも意味を成さないようなものも実際には随分あるようです。

そんな意味不明・支離滅裂・理解不能の「Japanese English」を集めたサイトがこちらです。英語のサイトなので訳しながら少しずつ読み進めているところですが、結構笑えます。

特にウケたのはこれとか、これとか。これなんかもびっくりしたな。そういう意味だったんだ…。思わず自分の服にプリントされている英語の意味を確認してしまった。とりあえず大丈夫そう。

輸入品のパッケージに時々おかしな日本語が書いてあったりしますが、ここのサイトを見ると、日本における英語の使い方はそれを遥かに凌ぐひどさだとわかります。意味なんていちいち考えないから、下品な言葉がプリントされたものを当たり前のように着ていたりもします。

でも何と言うか…作る側も着る側も少し考えようよ。 せめて性器を指すような言葉のものは、作る側に自粛してもらいたい。海外に行って、日本語で「ち○ぽ」とか「ま○こ」とか書いたTシャツ着た人がいたら引くでしょ?

posted by 千酔亭 at 21:35| Comment(0) | TrackBack(0) | インターネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。