2010年06月10日

ファンにとってのサマーリーグ

『2010 X・サマーリーグ 開催概要』

サマーリーグの入場料、決勝リーグではそれなりの金額を払っています。でも予選は無料。今回は500円払わなきゃいけないけど、それは入場料ではなく「大会運営協力費」なのだそうな。これはいったい何か? 考えるまでもない。文字通り「大会の運営に充てられる費用」でしょう。よって今回の大会も名目上、「入場料は無料」であるわけだ。

東西に別れてやっていた大会を1つにまとめ、且つ運営にかかる費用の負担をファンに求める。しかし入場料は取らない。

1会場にまとめた大きな理由は費用の削減でしょう。元々は昨年までと同じ運営方法を考えていたはずですが、開催を引き受けてくれるところがなかったのかも知れません。だからこそ、やっぱり疑問なのです。「では、なぜチケット代を取らないのか?」

全席自由の1000円、有料入場者が300人としましょう。30万円あれば、ちょっとした会場の使用料には十分足りるはずです。もしかしてVリーグ機構は、サマーリーグ予選程度の大会で、今まで無料だったものを有料にしたら誰も来てくれない、若しくは苦情が大量に来るとでも思っているんでしょうか?

ファンなら1000円程度のお金は払います。世の中不況で、スポーツを巡る環境が厳しいこともみんなわかっています。少しの金銭的な負担より、試合を見られない事の方がよっぽど辛い。Vリーグではあまり出番のない若手の成長を見る、本当に楽しみな機会なのです。機構側とチームは、それをちゃんと理解してくれているでしょうか?

大会運営協力費を払うことより、東西の開催が一緒になったことより、入場人員の制限が何よりも最悪です。バレーを多くの人に見てもらいたいと思うなら、「ファンを重視」し、「常に発展」して行く姿勢があるなら、こんなことは絶対に止めるべきです。
 
posted by 千酔亭 at 22:13| Comment(0) | TrackBack(0) | バレーボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。