2010年06月10日

ファンにとってのサマーリーグ

『2010 X・サマーリーグ 開催概要』

サマーリーグの入場料、決勝リーグではそれなりの金額を払っています。でも予選は無料。今回は500円払わなきゃいけないけど、それは入場料ではなく「大会運営協力費」なのだそうな。これはいったい何か? 考えるまでもない。文字通り「大会の運営に充てられる費用」でしょう。よって今回の大会も名目上、「入場料は無料」であるわけだ。

東西に別れてやっていた大会を1つにまとめ、且つ運営にかかる費用の負担をファンに求める。しかし入場料は取らない。

1会場にまとめた大きな理由は費用の削減でしょう。元々は昨年までと同じ運営方法を考えていたはずですが、開催を引き受けてくれるところがなかったのかも知れません。だからこそ、やっぱり疑問なのです。「では、なぜチケット代を取らないのか?」

全席自由の1000円、有料入場者が300人としましょう。30万円あれば、ちょっとした会場の使用料には十分足りるはずです。もしかしてVリーグ機構は、サマーリーグ予選程度の大会で、今まで無料だったものを有料にしたら誰も来てくれない、若しくは苦情が大量に来るとでも思っているんでしょうか?

ファンなら1000円程度のお金は払います。世の中不況で、スポーツを巡る環境が厳しいこともみんなわかっています。少しの金銭的な負担より、試合を見られない事の方がよっぽど辛い。Vリーグではあまり出番のない若手の成長を見る、本当に楽しみな機会なのです。機構側とチームは、それをちゃんと理解してくれているでしょうか?

大会運営協力費を払うことより、東西の開催が一緒になったことより、入場人員の制限が何よりも最悪です。バレーを多くの人に見てもらいたいと思うなら、「ファンを重視」し、「常に発展」して行く姿勢があるなら、こんなことは絶対に止めるべきです。
 
posted by 千酔亭 at 22:13| Comment(0) | TrackBack(0) | バレーボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月08日

VolleypediaとHowTo本

Volleypedia.JPG

8ヶ月ぶりにこっそり更新します(笑)。

何かを深く知ろうという思いから、本屋でHowTo本を探すとします。その時に何を基準に誌面を見るでしょうか。自分がつい最近買ったのは「ロードバイク 初めてガイドブック」という本。スポーツサイクルはメンテが必須なので、勉強のために買いました。A4オールカラー130ページで、値段は1800円。安くはないけど、でも1度見て放り出すような本でもないから、別に高いとは思わない。もっとコンパクトなのもあったけど、そっちはある程度手慣れている人向けという印象だったし、何よりも見やすさ、わかりやすさを重視しました。

VolleypediaをHowTo本と一括りにするのは少し違うかも知れませんが、「より深い知識・理解を求めて」という購入動機は一緒と思うので、ご容赦いただきましょう。で、A4モノクロ130ページという形態はどうなんでしょうか。自転車メンテの本では、いくつかある選択肢の中からA4オールカラーを選んだ私ですが、本屋の店頭でVolleypediaを見た時、真っ先に思ったことは「え? A4なの?」ということでした。

素人とはいえ、ある程度の知識はありますから、無意識に手にしやすいサイズを考えていたようです。A4だと電車の中では読みにくい。でもここはやはり、技術・戦術の入門編として見ようという方に合わせるべきで、この判型で良しとしましょう。まあ、ここの出版社のバレー関連ムック本はみんな一緒ですがね(笑)。

もう1つ強く感じたことは「写真が見づらい」ということ。例えば19ページ上の連続写真では、まず写真ごとの境が分かりづらく、かつボールが背景に溶け込んでしまって、よく見ないとわかりません。ボールの描く放物線軌道の頂点位置に関する説明写真で、ボールが見えにくいというのは正直いかがなものかと思います。45ページのリードブロックの連続写真もそう。ブロッカーがどのタイミングで反応しているか確認するには、ボールがはっきり見えていることが重要です。

写真をモノクロにしたのは…というか、せざるを得なかったのは価格を考慮してのことでしょうか? 980円。少しでも多くの人に買ってもらおうと思えば、確かに安いに越したことはありません。1000円を切る値段で…ということを意識したのかも知れません。でも最初にも書きましたが、一度見てそれでお終いという内容ではないし、全部とは言わないまでも、一部をカラー写真にすることはできなかったんでしょうか。出版事情に詳しいわけではないので、それがどのくらい値段に跳ね返るのかはわかりませんが、でもこの本にとって必要なことのように思えます。プレー経験のない素人には、実感を伴って理解するということができませんから、写真はとても大事です。

いずれ改訂版が出るものと思いますので、カラー化はその時に期待しましょう。サイズも個人的にはA5が希望だったりします(笑)。twitterであった「電子書籍にして写真と共に動画リンク機能とか付ければ…」という意見はユニークで、ぜひ合わせて実現して欲しいものです。…内容にそのものついては、私ごときど素人がうだうだ言うことは何もありません(^^;)。

少しでも多くの人がこの本を手に取ってくれることを祈っています。
ラベル:バレーボール
posted by 千酔亭 at 23:11| Comment(2) | TrackBack(1) | バレーボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。