2009年10月13日

"volleyballista"

ちょうど3ヶ月ぶりの更新。忘れられた残骸へようこそ(笑)。

わりと最近のことですが、”Footballista”という雑誌を愛読しています。週刊の海外サッカー専門誌で、お代はたったの300円。でも中身は確実にそれ以上の価値があります。試合結果の論評やインタビューはもちろん、戦術に関するコラムなども面白い。

でも自分がいちばん面白がっているのは「CLデータの深層」という記事。ちなみにCLは”UEFA Champions League”のこと。毎回1つの試合の特定のプレーを取り上げ、はじき出された数字を元に分析を加えて行きます。意図、数字、チーム別の分析、まとめから成る1ページ。

最新号はBARCELONA vs DYNAMO KIEVから。相手からボールを奪った回数と割合を、その位置と選手別にはじき出し、それが「シュートを打つ」という結果にどの程度結びついたかの分析。ディナモの方が奪取数は多いのに、シュート数は20対6でバルサが圧倒しています。

細かい内容はお読みいただくとして、ここで話は唐突にバレーボールに移ります。定期刊行誌が例の「協会機関誌」しかないバレーでは、こんな興味深い分析を読めるのは夢のまた夢。でも”Data Volley”では、おおよそこのような内容の数字がはじき出されているんじゃないでしょうか?

いわゆる「チャンスボール」はともかく、リバウンドとディグからの攻め返しがどの程度「スパイクを打つ」という攻撃に結びついたか。さらには得点になったか。ローテーションごとに数字にすると、なかなか興味深いものになる気がします。もちろんこれは1つの例で、他にも切り口は無数にあります。

定期、不定期を問わず、バレーボールの雑誌にこういう数字が出てこないのは、そこまで突っ込んで見ているファンなんていない…という認識からでしょうか。でも専門誌等のメディアによる発信が(自分の知る限り)皆無である以上、多くの人にとっては興味の持ちようがありません。

バレーボールの見方を「深く」、ただし「分かりやすく」、それでいて「(値段を)安く」紹介できる雑誌があれば、明るい見通しがない現状を、少なからず変えられるんじゃないかと思っています。ちなみに”Footballista”は、表紙も含めて40ページの中綴じ製本。首都圏、関西、東海の駅売店等での販売が中心。それ以外の地域にはメール便での発送を行っています。

ballista_photo.jpg
ラベル:バレーボール
posted by 千酔亭 at 00:38| Comment(3) | TrackBack(0) | バレーボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。