2009年04月25日

写真撮影について

『不安です。』  RYU'S EYES

まずはこのリンク先の記事をお読み下さい。バレーボールをよく取材されているフリーカメラマンの方のblogです。

私自身、2006年の9月に一眼レフのデジカメを買い、それ以降バレー観戦に行く際は、ほぼ毎回持参するようになりました。安物レンズしか持っていませんし、センスを疑われそうな下手な写真ばかりですが、blogに載せていくことを楽しんでいました。

しかしその一方で「肖像権」に、あえてフタをしていたことを認めなくてはなりません。

最初のうちは撮ること自体が楽しくて、せっかく撮ったんだからそれを載せたいという気持ちだけでした。そこから徐々に自分が書きたい内容に沿って場面を選んで撮るようになり、ここ1年は「チャレンジリーグにもこんな魅力的な選手がいるんだ」ということを知らしめたくて、何回かに分けて多く載せるようにしてきました。プレミアに比べて悲しいほど露出が少ないですから、自分としてはそこに意味を見出してきました。

とはいえ、どんな理屈をつけようと、本質的にまずいことには変わりありません。冒頭にリンクを貼った記事を読んで何がショックだったかって、自分の行為が、巡り巡ってバレー界全体に悪影響を与えていたということです。私としては、ここに載せた写真を選手が見ても、嫌な気分になることがないよう配慮してきたつもりですが、そういう問題ではないようです。特に自分は女子の試合ばかり見ているので尚更ですね。

blog上に公開しなければ良いだけのことかも知れません。でも一眼のカメラを当たり前のように構えていることが根本的に問題なのだということを、まず自分が止めることで示したいと思います。「当たり前」と一笑に付される程度のことでも、今はすごく重要に思えるのです。
ラベル:バレーボール
posted by 千酔亭 at 22:04| Comment(6) | TrackBack(0) |  → Vリーグ関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月23日

Save Our Volleyball !!

公式では未発表ですが、NECブルーロケッツの廃部が正式決定したようです。「検討」という記事が出た時もそうですが、ちょっと情報の出方がいやらしい。意図的なリークとしか思えません。

入替戦を見に行ったとき、男子と女子のチームバスの差に驚きました。女子のはチームロゴが側面にでかでかと入った真新しいバス。携帯電話の広告も側面の一部と後面にあり、NECはこれを宣伝媒体と捉えているんだなとよくわかります。しかし男子のは、やや年季の入った感じの普通の観光バス。これ、いつからなんでしょうか? ここまで露骨に差をつけるのかと、開いた口が塞がりませんでした。

NECやパイオニアもそうですが、電気機器業界の昨今の状況を考えれば、「経営環境の悪化による経費削減のため」という理由はわかります。団体球技のチームを3つも抱える余裕がなくなってしまったということ。ただチームがあれば、そこにファンもいるわけで、1つでもなくすことにどれだけの痛みを伴うか、それを理解していない気がします。理解した上で今回のような情報の出し方をし、ファンに対して未だに公式のアナウンスをしないなら、あまりに不誠実と言わざるを得ません。

4月9日に出ていた『【重要】NECロケッツクラブ サービス内容及び年会費改定のご案内』ってやつを、「行間読めというメッセージ」と書いたdhalmelさんの卓見に従えば、実際のところ入替戦の前にはすでに廃部が決まっていたはずです。ファンの行動でチームを存続させられると信じ、署名の用紙をもって頭を下げて回っていた人たちのことを考えると、何とも胸が痛くなります。

バレーボール協会やVリーグ機構からはほとんど声が聞こえてきません。唯一、時事通信の記事に「リーグ関係者」のコメントが載ってましたが、「まだ対応は考えていない」という脳天気なもの。彼らはあと何チーム廃部になれば危機感をもってくれるんでしょうか。機構の偉いさんたちは過去に何度もイタリアのセリエAを見に行ってるはずなんですが、何を学んだの? その成果は? それとも「見に行った」という事実こそが重要? 機構にはそんなにたくさんお金が余ってるの? だったら活動資金が不足しているチームに分配してもらえないか。腹立たしいのを通り越して、ただ呆れてしまいます。

真綿で首を絞めるように、じわじわと縮小していくバレー界に、川渕三郎や河内敏光のような人はいないのだろうか。ファンが感じている痛みをわかってくれる人はいないのだろうか。




posted by 千酔亭 at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) |  → Vリーグ関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月06日

Give Bamboo A Chance !!

バンブーはセットカウント1-3で敗れ、チャレンジリーグ降格が決まりました。チームの存続がまだ決まっていない状況ですから、プレミア残留で少しでもその可能性を膨らませたいところでしたが、望む結果は得られませんでした。試合を見て思うことはいろいろありましたが、内容について詳細に書く気にはなれません。昨日も書いたとおり、結果が全ての入替戦。昨日よりもサイド陣に戦う姿勢が見えたとはいえ、負けは負け。結果を受け止めるしかありません。 ただ「相性」についていろいろ考えてしまいました。

今シーズンのバンブーはJTに分が悪かった。レギュラーラウンドの3試合は1勝2敗。得セット4に対し失セット9。1勝しているとはいえ、はっきりいってあれはJTの自滅に近い。久光とNECにも3タテ喰らってます。かと思えばパイオニアには3戦全勝。デンソーにも相性が良く、2勝1敗と勝ち越しています。しかしその1敗こそが、今シーズン最大の悔いだったんじゃないでしょうか。昨年12月8日、フルセットにもつれこんだ熱戦は一時10-6とリードしながら、逆転負けを喰らいました。ここをしっかり勝っていれば、そもそも入替戦に出ることなどなかったはずです。そう考えると、自分はやはり入替戦という名の「罰ゲーム」を論ずることに意味を感じない。

試合後、チームバスの後ろあたりで、ぼんやりと選手やチームスタッフ、応援団の方々、選手のご家族、他のファンの皆さんの様子などを眺めていました。ほんの2mほど前にルミ姐がいて、チアの皆さんとおしゃべりをしたり、一緒に写真を撮ったりしています。カナも近くに来て、応援団の皆さんにお礼を言っていました。アマが知人の子供と遊んでいたり、レオがファンの方と話していたり、意外なほど暗さはありません。まあ、廃部という最大級の衝撃を事前に受けていますから、そういう意味では降格は悪い出来事の1つとして受け止められるのかも知れません。だって、落ちたら這い上がればいいんですから。1年で戻れる力はあります。

だから…、とにかくまずはチームを存続させたい。

イトーヨーカドープリオールとして22年。武富士バンブーとして8年。30年もの長きに渡って活動してきたチームの伝統を、一企業の経営事情で途切れさせてしまうのはあまりに惜しい。埼玉県でのバレーの普及、発展に少なからず貢献してきたし、このチームをなくしてしまうのはVリーグのみならず、地域レベルでも、バレー界全体にとっても大きな損失のはずです。伝統を途切れさせることなく、この先も末永く繋いでいくために、どうかバンブーにチャンスをもらえないだろうか。できれば今の拠点を動かすことなく、より地域に密着した運営をしていけるように。Vリーグに、バレーボールに、チャンスを与えて欲しい。賛同してくれる企業はないだろうか。2年程度の時限措置でもいい。自力で活動する術を身につける時間が欲しい。

タイムリミットまでの1ヶ月少々で自分に何ができるか。今一度洗い直してみようと思います。

0904CM 247.JPG
posted by 千酔亭 at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) |  → 武富士バンブー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月04日

チャレンジマッチ初日

第1試合の開始時間が10時って早過ぎです。6時45分に家を出て、会場に着いたのは8時半頃。すでに長蛇の列。青ロケ存続の署名活動をされている方が、クリップボードに用紙を挟んで動き回っていました。もちろん協力しましたとも。

0904CM 003.JPG

細かいことは省きますが、とにかく今日は勝ちました。お世辞にも褒められた内容ではありませんでしたが、チャレンジマッチは結果が全て。勝ったことで良しとします。ただし今日みたいなことでは、明日のJT戦は所沢の二の舞になるでしょう。もう一度しっかり気合を入れ直して、「運命の一戦」に備えてほしいと思います。

負けたとはいえ、第2試合の日立佐和の戦いぶりは素晴らしかった。特に城と江畑の両レフト。力のあるスパイクを次々と相手コートに叩き込んでいました。江畑は去年のサマーで見た、あの素晴らしい動きを取り戻していました。怪我で出遅れてしまいましたが、彼女がリーグ序盤から本来の力を発揮していれば、リーグの結果はまた違ったものになっていただろうと思います。ライトの藤崎もこんないい選手だったとは、知らなくてごめんなさいって感じです。 結果論ですが、シダルカという守れない大雑把な大砲を入れたことで、チームの「らしさ」が失われてしまったのかなと、今日の試合を見て思いました。

試合後、悔し涙を流す佐和の選手たちを見て、改めて明日の試合は勝たなければ、勝たせなければという思いでいます。

0904CM 060.JPG

0904CM 063.JPG

0904CM 088.JPG

0904CM 153.JPG
posted by 千酔亭 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) |  → 武富士バンブー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月01日

NEC男子、廃部を検討…

V4度のNEC男子、廃部を検討(サンスポ)

出てきましたね、次が…。電気機器業界が厳しいのは周知の事実。パイオニアは存続が決まりましたが、NEC男子はどうでしょうか。人気選手を抱え、注目度の高い女子は存続が決定済。これが現実です。

あと3日後に迫ったチャレンジマッチは、NEC男子にとって文字通り「生き残り」をかけた試合になりました。実力的に言って負けるとは思えませんが、今回の「検討」はパイオニアの時と同じ響きをもって私の耳には聞こえます。即廃部とはしないけど事実上決定で、ただし猶予期間を設けますよ…という「軟着陸」狙いのメッセージ。

NEC男子のファンの方、協力できることがあったらお知らせ下さい。自分でもいろいろ探してみます。バンブーやパイオニアのファンだけじゃなく、他チームのファンの方にもよくお分かりいただけたと思います。事はVリーグ全体の危機なのです。


4/1 22:02追記
廃部に反対を表明し、blog上で署名活動を行っているサイトを紹介します。
「トライアングル」
NEC男子バレー部廃部に断固反対!〜皆様にお願いです〜
posted by 千酔亭 at 00:49| Comment(4) | TrackBack(0) |  → Vリーグ関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。