2008年03月31日

傾き補正

最近ちょっと、カメラの傾きグセがひどい。意識しているうちはいいんだけど、夢中になって撮っていると20カットくらい連続で傾いていて、あとでパソコンで見てがっかりします。自分の平衡感覚を疑ってしまう。例えば所沢で撮ったこの写真。

KatamukiPhoto.JPG

明らかな右肩下がり。カナ3連続ブロックの2本目だったんですが、傾きが目立ちすぎるので、お蔵入りさせました…。自分が使っているソフトには、傾き補正機能がないんですよね。やっぱフォトショップ買わなきゃダメかな〜と思っていたんですが、神は貧乏人を見捨てなかった。何と無料ダウンロードできる、傾き補正ソフトがあったのです。

 E.C. Ver 1.4 

WEB上でたまたま見つけたときは、果たしてどんなもんかと半信半疑だったんですが、使ってみてさらにびっくり。わかりやすくて、とても簡単。他人にお勧めできるものと思うので、使い方を説明しましょう。なお、ここが一番の問題なのかも知れませんが、補正を行うにはビットマップ形式である必要があります。なのでjpegファイルの場合には、いったん形式を変換しなくてはなりません。

ec140-1.JPG

こんな感じの味気ない画面が表示されます。写真が保存してあるフォルダを指定すると、自動的にビットマップ形式のものだけを選択してくれるので、目的の写真を選びます。

ec140-2.JPG

同時に画面に四角い選択ツールが表示されるので、傾きに合わせて任意の2箇所をクリックします。この写真では客席やネットのような、水平なものがあるので、指定しやすいといえます。

ec140-3.JPG

ec140-4.JPG

2箇所を選ぶと、それぞれの中心点が線で結ばれ、補正の基準となります。メニューバーの「編集」から「実行」を選択すると…。

ec140-5.JPG

写真が左に傾き、角度の補正がなされました。同時に画面には、トリミングツールが表示されます。マウスで大きさを調整して、これまたメニューバーの「編集」から「実行」を選択すると、こうなります。

ec140-6.JPG

ツールバーが保存先を指定するものに変わるので、任意のフォルダを指定し、保存して完了。簡単なのですよ。角度を数値で指定することも可能です。これが無料って結構感動モノ。

KatamukiHosei.JPG

最初から真っ直ぐ撮れるに越したことはないんですが、なかなかそううまくはいかないもの。このソフトはかなり重宝しそうです。
タグ:写真
posted by 千酔亭 at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月30日

本日も家の中

やはり疲れがたまっていたんですね。昨日は1時頃に寝たんですが、7時過ぎに一度トイレに行って、もうちょっと寝ようと床に戻ったら、目が覚めたのは10時半。掃除やら洗濯やら、やるべきことをやって、午後からはテレビで野球を見ながらビール飲んでいたら、夕方また眠くなってしまい、ちょっと横になったつもりが、目が覚めたのは21時過ぎ…。仕事で大きな山を越えたという安心感から、緊張が緩んだのかな? これだけ寝てしまうと、逆に夜眠れるか心配。

起きている間に、また家の中でちょっと写真を撮りました。曇り空だと、花を撮りに行く気がしないんですよね…。火曜日以降に晴れるようなので、会社にカメラ持って行って、昼休みに撮ろうと思います。今通ってる場所は今週で最後だし。

NewLens11.JPG

NewLens13.JPG

NewLens15.JPG

すみません、これだけです。

この手のちょっとした焼き物が大好きなのです。昨日の招き猫や、以前に載せた干支の土鈴なんかもそうですが、ちょっとしたコレクションになりつつあります。素朴でいいんですよね。それを撮るのもまた楽しい。背景や角度を変えて撮ると、ただ置いておくのとは違った表情になります。今回の「鯉のぼり武者」は特にそう。題材としてとても面白い。

近所の店に、一寸法師がお椀の舟を漕いでるやつがあったから、今度それを買おうと画策中。でもその前にV・プレミアリーグの決勝だ。男子ではサントリーが決勝に進めなかったんですね…。ちとお気の毒です。
タグ:写真 カメラ
posted by 千酔亭 at 22:20| Comment(3) | TrackBack(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月29日

新兵器到着

とても忙しかった3月ですが、ようやく大きな山を越えました。まだ来週1週間は同じ仕事に関わってますが、残務整理という感じですし、残業もほとんどなくなるでしょう。

その間に梅は散り、早咲きの桜も終わって、ソメイヨシノが満開を迎えようとしています。私の大好きなモクレンも見頃ですね。明日は撮影に行こうと思ってたんですが、どうも分厚い雲に覆われた空模様になりそうです。残念…。

撮影に行きたかったもう1つの理由は、先日の記事でもちょっと触れた、新しいレンズが届いたから。キャノンの"EF70-200mm F4L IS USM"。200mmでもF4と明るく、手ブレ補正機能がつき、超音波モーターで合焦時の音も静か。しかも細身で軽量といいことずくめ。お値段はamazonで11万6660円です。

NewLens1.JPG

NewLens2.JPG

NewLens3.JPG

"STABILIZER"と書いてあるところが手ブレ補正機能のスイッチ。正確には「イメージ・スタビライザー」。すぐ下にモードスイッチもあり、1は通常の補正。2は流し撮りなど、被写体を追いかける撮り方をする際の補正。バレーの撮影ではこちらが活躍しますかね。

NewLens8.JPG

軽く試し撮りということで、夕方の薄暗い部屋の中、ISの威力を測ってみました。私が今まで常用していた、実売2万円台の安物レンズでは、とてもじゃないけど手持ちでは撮れない条件です。

NewLens5.JPG
絞り優先AE F5 1/8秒 +1/3補正 ISO1600 WB:AUTO 200mm

かなりシャープに撮れました。20枚近く撮って、失敗写真も2〜3ありましたが、これまでのレンズなら数が逆でした。成功といえるものが2〜3しかなかった。コントラストも凄くいい感じで、早くも気に入りましたね、このレンズ。

NewLens6.JPG
絞り優先AE F5 1/13秒 ISO1600 WB:AUTO 200mm

焼き物の質感もよく出ていると思います。安物買いの銭失いになるより、多少高くてもいいものを買うべきですね。よくわかりました。まだ部屋の中でちょっと撮っただけだというのに、こういう気持ちになるとは思わなかった(笑)。

明日、曇りでもいいから、ちょっと撮ってきましょうかね。月〜火曜日にかけての雨が、花散らしになるかも知れないし…。
タグ:カメラ 写真
posted by 千酔亭 at 21:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月26日

【武富士バンブー】現金書留…

チャレンジマッチ(入替戦)のチケット販売について、ようやく詳細が発表になりました。神奈川県バレーボール協会のサイトで…。Vリーグの方では、まだ何もないんですがね…。決勝が終わった頃に出るんでしょうか? ファイナルラウンドの特設サイトに載せるなんていう、嫌味なことしないで下さいね。

で、購入方法が凄い。チケットぴあでは手に入りません。

@藤沢市秩父宮記念体育館、藤沢市秋葉台文化体育館での対面販売(3/29〜)
A現金書留に申込書(PDF)と返信用封筒、チケット代金を同封し、神奈川県バレーボール協会事務局宛に郵送する

販売経費を少しでも安く済ませようという魂胆が、とってもよく見えます。さらに1階でも2階でも、チケット代は一律2000円ときたもんだ。神奈川県バレーボール協会さん、もしかしてJVAに押し付けられて、開催を嫌々引き受けたんですか?

この詳細を見て、応援に行くつもりだったけど止めた…、なんて人が出そうですね。チケット販売を簡単にすることも、集客には重要なことなんですがね…。まあ、これが入替戦の現実ってことで…。

バンブーの皆さん、チャレンジマッチ出場は、これを最後にしましょうね。
posted by 千酔亭 at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) |  → 武富士バンブー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月23日

いざ決勝へ

デンソーエアリービーズが初の決勝進出を決めました。現在のチーム力と状態の良さを考えれば当然の結果ではありますが、とにかくホッとしています。昨日の負け方にはさすがにがっかりして、酒を飲んでフテ寝してしまいましたが、しかしシーガルズに負ける今のエアリービーズではない。3-0で一蹴し、昨日の敗戦から素早く頭を切り替える、心の強さも見せてくれました。

LiveScore080323.jpg

決勝進出ともなるとスポーツ新聞も取り上げてくれます。サンケイスポーツで、達川監督や岡野のコメントを入れた、ちょっとした記事が出ています。


『デンソー、前日の敗戦引きずらず』

両者とも笑顔の会見だったようで、その様子が目に浮かぶようです。2年前には入替戦に出ていたチームが、今は自信に満ちあふれています。世代のバランスが良く、もともと確かだった基礎技術はさらに高くなり、中堅・若手の着実な成長とロンドンの加入で、課題の決定力不足も解消。キルブロックを量産するだけではない、総合力のデンソーエアリービーズを、今年は堪能することができました。

残るはあと1試合。決勝です。

AirybeesSF3.JPG

相手は予想通り東レアローズ。昨日逆転負けを喰らったチームです。でも「勝てない相手では決してない」ということもまた、はっきりとわかりました。上記のサンスポの記事で、達川監督が「東レはスタミナがある。若さと勢いに負けないようにしたい」と語っています。これがつまり、前日に敗れた敗因と踏んでいるところでしょう(もちろんそれが全てではないですが)。

もう1つ、なるほどと思った記事があります。ご存知"suis annex weblog"様の「今年のデンソー」。最後の方で、下記のような指摘をされています。記事の無断転載になりますが、仏のT.wさんなら許してくださると勝手に信じて(笑)、一部引用させていただきます。

  デンソーが今シーズン苦しんでいる対戦相手といえば、
  久光製薬と東レと武富士である。この3チームに共通する
  特徴としては、センタープレーヤーの攻撃が攻撃の重要な
  柱となっているという点が挙がるだろう

  「高くて早い」速攻が打てる選手がいる、あるいは
  そのような攻撃を仕掛けることの出来るセッターがいるチームが、
  今シーズンのデンソーに対抗できるチームと言えよう。

これは1部分の抜粋ですので、ぜひとも全体をお読みください。この記事には「なるほど〜〜〜〜〜」と思いました。昨日の逆転負けは、東レが「ブロード馬鹿」の西脇を引っ込めて、冨田を投入したことから始まったように思えるからです。第1セットで、いつものようにキルブロックを量産したエアリービーズでしたが、冨田がスタメンに入った2セット以降パッタリ止まってしまいました。

確かに西脇は、高い決定力を誇る素晴らしいセンタープレイヤーですが、ブロックは…だし、攻撃も移動系ばかり。冨田への交代は決して消極的なものではなく、打数は多くないものの、効果的なボディーブローを喰らった形で試合に敗れました。しかしそういう「弱点」があるからといって、急にブロックシステムを変えられるものではない。

決勝に向けてエアリービーズに必要なのは、「攻めの選手交代」なのではないかと考えます。岡野→片下、細田→大槻は守りの交代。横山→眞は、あくまでワンブロ。岡野→木村は、岡野の決定状況次第。眞をレフトに使うのは、レセプションを考えるとリスクが大きい…。そう考えていくと、「攻めの選手交代」要員になり得るのは、実は1人しかいない。

Mai1.JPG

ボケ写真ですが、福田舞です。これまでは劣勢の場面での出場か、ピンチサーバーという使い方でしたが、今日の試合で初めて(たぶん)、リードの場面で投入されました。ここに達川監督の意図を感じたのは、鋭いのか、単なる考え過ぎか…。

福田は本来サイドアタッカーですが、達川監督はセンターの控えと考えていることが多いようです。高さがあるわけではなく、スピードと切れで勝負するタイプ。同じタイプと言える井上より、全く異なる矢野の交代要員として、これは「あり」なのではないか? 実際今日は、第1セットのみとはいえ、そのような形での交代でした。

東レは確かに強い。しかし2セット連取するところまでは行きました。立ち上がりの良くない東レを土俵際まで一気に追い込みました。しかし、小牧ではできなかったあと一押し…。

その一押しを、攻めの交代に見出そうというのは、発想として当然だと思います。ブロック力は少々落ちますが、機動力と決定力は高まります。今までと同じでは勝てない。守りに入り過ぎてもいけない。鍵は「ここ一番での攻めの姿勢」にある。決勝は一発勝負。勝機は必ずあります。自分はエアリービーズの勝利を信じて疑いません。1μmたりとも動かない。


さいたまスーパーアリーナで櫻井と岡野の感涙を撮るべく、新しいレンズの購入を決めました。夏〜秋頃に買おうと思っていたのですが前倒しします。手ブレ補正機能付きの高いやつ。いつもちょっとブレ気味の「千酔亭クオリティ」から、もうちょっとはいい写真が撮れるはずです(笑)。

AirybeesSF2.JPG

決勝は結構いい席が取れました。4月6日が待ち遠しくてなりません。

2008年03月21日

決勝進出への大きな一歩

仕事をしながらライブスコア観戦というのは、なかなか難しいものです。なぜかって、どんなに嬉しくても感情を抑えなければならないから。怒りやイライラを抑えるのは慣れていますし、それならどうってことはない。でも心の中では ヽ(゚∀゚)ノ ってな感じなのに、 仕事中だから ( -_-) こんな顔をしていなきゃならない…。まあ、机の下で密かにガッツポーズしてましたけどね。

LiveScore080321.jpg

セミファイナルの初戦、デンソーエアリービーズは久光をセットカウント3-1で下し、決勝進出へ大きな1勝を挙げました。前記事でも書いたとおり、リーグ戦での結果はともかく、力で劣るとは絶対に思わなかったし、チーム状態もエアリーの方が上向き。加えてホーム同然の小牧開催。負ける訳がないじゃないか!

本日の殊勲賞は、何と言ってもこの人。

Yoshiko1.JPG

センターの矢野美子です。打数が少なめなのはいつものこと。前が3枚になるローテが多いから、アタッカーよりブロッカーの役割を、より多く求められているようです。そのブロックで、今日は素晴らしい仕事をしました。シャットの数字だけでブロック全体を判断するほど、私も浅はかではないつもりですが、でもこの日のヨシコはセットの重要な局面でシャットを連発し、チームの勝利に数字以上の大きな貢献をしました。

第2セット、20点を超えてからの連続ブロック。第4セット中盤、久光に5点差をつけられ、走られかかったところでの2つのブロック。同じく第4セット、23-22という局面で出たブロック…。ライブスコアを見ながら「ヨシコ、ここで1本頼む!!」と念じて、

矢野 美子 ブロック決定 

と表示されたときの嬉しさ。しかもそれが1試合で何度も出た時の爽快感ときたら、ちょっと筆舌に尽くし難い。でも仕事中だから、それを抑えなきゃいけない。そのストレスもまた、かなりのものでした。

対角のキラに比べたら、そりゃヨシコは地味かも知れませんが、しかし本当にいい選手なのですよ。「矢野美子ここにあり」を見せてくれた、何ともスカっとする試合でした。生で見られた人、うらやましいです…。

明日は休みなので、じっくり応援できます。連勝で決勝進出を決めましょう。決して勝てない相手じゃありません。思考は今日と同じでいい。「いかに外人を抑えるか」ではなく、「いかに外人一辺倒にさせるか」。ブロックが鍵を握るのも今日と同じです。

Yoshiko2.JPG

2008年03月16日

4強確定

V・プレミアリーグはレギュラーラウンドの全日程を終了しました。東レ、デンソー、久光まで確定していた、セミファイナル進出のもう1チームは、他力本願ながら岡山シーガルズが滑り込みました。もうパイオニアで間違いないと、ほぼ全てのバレーファンが思っていたと思いますが、最後の最後に日立佐和が意地を見せてくれました。

Seagulls4.JPG

その試合のライブスコアを見ていましたが、パソコンの画面を通してでも、山城未沙と飯田香理が発する「青白い炎」が見えるようでした。戦術がどうのというレベルじゃなく、パイオニアは明らかに気持ちで負けたと思います。そういう試合だってある。生で、せめてテレビで見たかったな〜と思います。

この日の富山大会は、第1試合でシーガルズがJTをストレートで一蹴して、4強への望みをつなぎ、第2試合で日立佐和が執念の初勝利を上げ、パイオニアの4強進出を阻み、第3試合はデンソー・久光ともセミファイナルを見据えた手の内隠しで、控え中心の「面白メンバー」での試合でした。あ〜全部見たかった! 先日取り上げたデンソーの石田さやかも前衛でプレーし、リーグ公式の試合会場レポートで、アタックの切れ味が素晴らしいと取り上げられていました。うれしいですね〜。福田舞も見事でした。こんな選手が控えとはねぇ…。眞もそうだけど、本当にもったいない。

それに比べてバンブーは…。今日も勝つことを前提に作っていた文章があったんだけど、お蔵入りだよ…。これが今年のバンブークオリティ。残念ながらそういうこと。今はもうそれ以上は触れない。4月に入って時間が取れるようになったら、今リーグの総括をしようと思います。

さて、金曜日から始まるセミファイナルは、このような日程です。

21日(金)
デンソー vs 久光
東レ vs 岡山

22日(土)
久光 vs 岡山
東レ vs デンソー

23日(日)
デンソー vs 岡山
東レ vs 久光

決勝のカードは東レ vs デンソーになるだろうと睨んでいます。チーム状態が下降線を描いている久光と、東レとデンソーに歯が立たない岡山はさすがに苦しいでしょう(ロンドン加入前のデンソーには1レグで勝ってますが、あとの2戦の負け方が悪すぎる)。

デンソーは東レに1レグで勝ち、2レグと3レグで負けています。ただし3レグは控えメンバーを2人入れているので参考外。むしろあれだけ粘れたのが大きな収穫。久光戦は今日の試合が参考外で、1レグ・2レグとも負けています。ただし1レグは目の前で見ていて、12月19日の記事にも書きましたが、デンソーが勝ち試合を落とした…という内容。しかも第5セットにキラが負傷退場。2レグは完敗でしたが、久光はあの時期がピークでした。3レグに入ってから本当に試合内容が悪い。逆にデンソーはチーム状態が上がっている。もちろん希望的観測込みですが(笑)、でも外してはいないと思います。

東レ
1レグ 6勝3敗
2レグ 8勝1敗
3レグ 9勝0敗

デンソー
1レグ 6勝3敗
2レグ 6勝3敗
3レグ 8勝1敗

久光
1レグ 6勝3敗
2レグ 7勝2敗
3レグ 5勝4敗

岡山
1レグ 5勝4敗
2レグ 5勝4敗
3レグ 4勝5敗

4強進出確定後もスタメンをあまり変えなかった東レ。逆に4強確定後は露骨にメンバーを落としたデンソーと久光。最後まで4強が確定しなかった岡山。これがどう影響するのか? もしかすると東レは、監督の「青さ」が、一発勝負のセミファイナルで出てしまうかも知れません。それともう1つの特筆事項は、岡山がレギュラーラウンドで対久光3連勝であること。これが大きな鍵を握る可能性があります。

仕事もあり、小牧まで応援に行くことはできませんが、デンソーエアリービーズの決勝進出を強く祈っております。愛知県内だし、ホーム開催みたいなもの。さいたまスーパーアリーナの、決勝の舞台で待っています。

Airybees4.JPG


2008年03月14日

【武富士バンブー】入替戦&新人紹介

まさに「忙中閑あり」というべきか、システムの不具合で今日はやるべきことができず、時間をもてあますほどヒマでした。まあ、その分あとにしわ寄せが来ることにはなるんですが、他部門から助っ人を狩り出してやるようなので、かえって良かったのかも知れません。臨時でも何でも、いる人間は有効に使わなくては。

そんなことはともかく、今日もまたバレーネタです。かなり続いておりますが、ネタが尽きません。全日本系のネタは、あえて書いてませんけどね。すごい勢いで興味が薄れてるので…。

バンブーは先日のパイオニア戦に敗れ、入替戦出場が正式に決まりました。現実主義者の私は、早い段階から覚悟を決めてましたが、回避の可能性をギリギリまで考えていた人、少なくないんですね。私は、今年はこれでいいと思っています。入替戦に出て、一人一人が「ここは私達の来るところじゃない」という悔しさを、骨の髄まで染み込ませてもらいたい。来年度のV・プレミアリーグは11月8日スタート。例年になく始まりが早いですから、黒鷲後からの半年間、しっかりと準備をしなくてはいけません。私自身、初めて練習見学にも行ってみようかと思っています。

さて、新人選手の紹介が、チームの公式ページにようやく出ました。もう何度も試合に出ている澤畠文子と、山中綾乃の2名です。

新人選手が加入!! 元気いっぱいのプレーにご注目ください

SoraNF.JPG
澤畠文子

MikuNF.JPG
山中綾乃

澤畠はもっとバリバリ使って欲しいんですが…。黒鷲が本格デビューの場になるんでしょう。山中は長い目で見なくてはいけません。セッター育成には時間がかかります。セッターとしては長身の部類に入りますし、順調に育ってほしいな〜と切に願っています。


V・プレミアリーグのレギュラーラウンドは今週にて終了。バンブーは土曜にシーガルズ戦、日曜に車体戦です。ぜひとも連勝で締めくくりましょう。明日も仕事なので内容は追いかけられませんが、ところどころ得点経過を見つつ、勝利を祈っております。

lumine.JPG

posted by 千酔亭 at 22:06| Comment(0) | TrackBack(0) |  → 武富士バンブー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月09日

デンソーエアリービーズ@所沢市民体育館

TokorozawaA1.JPG

昨日の続きで、先週の所沢の写真を載せております。今日はデンソーの写真。すでに4強を決めており、今週は控えメンバーを多く使う編成で試合に臨んでいます。サイドでは木村や眞、センターには関を使い、福田はその両方で試合に出ていました。ここで何度も指摘していますが、疲れが見える細田を休ませるのは重要なことです。彼女にはセミファイナルで、大いに働いてもらわなきゃいけない。矢野を休ませたのは手の怪我の問題でしょう(正確なところは知らないけど、テーピングが凄いことになっていた)。

TokorozawaA20.JPG

12月の深谷で見たときより動きに切れがあった井上は、リーグ後半にピークをもってくる調整をしていたんでしょう。不動のレギュラーだと、そういうこともできるんですよね。夏場にいいトレーニングができていたようだし、結果として、全日本に召集されなかったことが、いい方に作用したな〜と思います。スパイク決定率が50%を超えることも珍しくなく、去年までの「ブロックだけ」というイメージでは全くありません。試合後にインタビューを受ける姿には、貫禄すら感じました。

TokorozawaA14.JPG

それはそうと、この日初めて「コート内で」姿を見た選手がいます。石田さやかです。

TokorozawaA2.JPG

今年はベンチ入りすることも少なく、出番がないまま終わるのかな〜と思っていたら、この日はユニフォーム姿でコートに登場。しかしスパイク練習には参加せず、櫻井とレシーブ練習をしていました。片下の姿が見えないし、お役目はレシーバーの様子。私がいた側のコートサイドで練習していたので、じっくり見ることができました。

TokorozawaA7.JPG

TokorozawaA6.JPG

試合でも全てのセットで、岡野に代わる形で出場し、いいレシーブを見せていました。パイオニアにサーブで狙われましたが、12/15で成功率80%! 素晴らしい仕事をしました。こんないい選手だったんですねぇ。達川さん、使わないならバンブーにくれ(本気)。

TokorozawaA18.JPG

TokorozawaA13.JPG

TokorozawaA15.JPG

試合は第1セットこそパイオニアに取られたものの、第2セット以降は危なげなく取ったという感じ。ブロックが非常に良く機能して、シャットだけでも18本。ワンタッチやコースの絞込みもきっちりできていました。攻撃はやはりサイド中心で、うまくセンターを織り交ぜる形。矢野の打数はさすがに少なかったものの、井上は抜群でした。

で、今日のシーガルズ戦のスタッツを見ると、スタメンが関、第2セット途中から福田が入っています。福田は12本打って9本決めている。ライトセミが多かったとか? 切れのいいブロードもあるんですけど…。う〜ん、見たかったな〜。

今日は眞も大活躍でした。敗れたシーガルズの河本監督が、試合後コメントで褒めていた、「外国人選手より頑張った昨年のレギュラー」ってのは、眞をおいて他にないでしょう。スパイクはもちろん、ブロックもいいし、力があることはみんなわかってるんですが、試合に出るためにはやはりレセプションを磨かなきゃいけません。控えで眠らせておくのは本当にもったいない。期待度の大きい選手です。

TokorozawaA4.JPG

TokorozawaA3.JPG

TokorozawaA8.JPG

TokorozawaA10.JPG

TokorozawaA16.JPG

セミファイナルの開催地、愛知県小牧市は地元のようなもの。何とか2位までに食い込んで、決勝に駒を進めて欲しい。すでにチケットは買いました。クソ忙しい中、上司の目線を気にしつつ、仕事中に電子チケットぴあで購入しております(笑)。何度でも言いますが、3位決定戦じゃなく、決勝でエアリービーズを見たい。近いようで遠い4月6日を、首を長くして待つことにします。

TokorozawaA5.JPG

2008年03月08日

【武富士バンブー】@所沢市民体育館

週休1日、残業山盛り、10時〜16時は殺人的忙しさ…。そんな状況が3月いっぱい続くのかと思うと、春なのに鬱な気分の千酔亭です。まあ、昨年に比べればマシらしいんですが、ここんとこ楽をしていたので、この忙しさは結構こたえます。

Tokorozawa1.JPG

さて、ようやく所沢の写真を載せられます。1週間経って、今日はもう山口で試合だったんですよね。佐和に勝ったようですが、なんじゃこの苦戦ぶりは…。こういうことじゃいかんよ、本当に。そういえば東レ戦も、第3セットの途中までは良かったのに、終盤に連続失点を喫し、第4セットは崩れてしまいました。

今日の監督コメント、同じような状況になりながらも持ち堪えたことを、「チームの成長の証しであると思う」なんて言ってますが、いやいや、ハッキリ言って悪いけど、相手が佐和だから持ち堪えられたんでしょ? ライスコ見てないからはっきりとはわからないけど、戦評の内容からすると、辛くも逃げ切ったという感じみたいだし…。

2月2日の車体戦につけた記事タイトル「転がる石のように」ってのが、悪い意味で今年のバンブーを象徴しています。3月の所沢と昨年12月の深谷を比べたら、全体として確かに良くなっているし、それ自体は間違いないんですが、でも転がり出すと止まらないのは、どうにも変わりません。スタッツの数字は悪くないけど、喜ぶ気にはなれませんねぇ…。

あ、所沢のJT戦は良かったですよ。JTがグダグダだったのもありますけどね。そういう訳で、先週の写真をいろいろと…。

TokorozawaB0.JPG
何はなくとも、この写真から

TokorozawaB1.JPG
ユカは練習を見る限り、行けそうなんだけど…

TokorozawaB2.JPG
アラキングに負けるな!

TokorozawaB10.JPG
カナのカッコいいAクイック

TokorozawaB11.JPG
ニコちゃんも大活躍でした

TokorozawaB4.JPG
ルミ姉に本来の切れが戻っていました

TokorozawaB5.JPG
つるじは今年の個人的MIPです

TokorozawaB9.JPG
この写真だけJT戦。カナ3連続ブロックの3本目です

ロクな写真がなくて載せられてはいませんが、ユキが着実にたくましさを増しています。まだまだ波が大きいですが、波にすらならなかった昨年に比べれば、格段の進歩を遂げています。つるじに鍛えてもらってますよね。ホント、つるじが来てくれて良かったと思います。

明日のパイオニア戦、絶対勝て!

TokorozawaB7.JPG
posted by 千酔亭 at 23:58| Comment(4) | TrackBack(1) |  → 武富士バンブー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。