2007年09月30日

連覇おめでとう

久々に野球の話題。北海道日本ハムファイターズがパリーグ連覇を
成し遂げました。開幕前は正直言って無理だと思ってました。新庄と
岡島はまだしも、小笠原の穴は埋められるもんじゃない。良くて3位
だろうと…多分ほとんどの人がそう思っていたはずです。実際4月を
終えた段階では最下位で、その状況に少なからず納得もしていました。

しかし交流戦の14連勝から上昇気流に乗り、8月に首位に立ってから
ソフトバンクとロッテに詰め寄られはしたものの、最後までその座を
明け渡すことはありませんでした。

昨日までの数字で、チーム打率は5位、得点は6位。ホームラン数に
至っては大差をつけられての6位。これでも優勝できるんですね。
少ないチャンスを点に結びつけ、投手力と守備の堅さで押し切って
しまう。点の取り方、勝ち方を知っている。

 「うちは3連打で1点しか取れないが、向こうは1安打で1点取る。」
  (楽天 野村監督)

 「本塁打も総得点も低かったけど、点の取り方の幅が広かった。」
  (ソフトバンク 王監督)

 「強さは感じないけど、気付いたら負けている。」
  (西武 伊東監督)

勝ち方にもいろいろあります。「打線は水物」なんていう言葉もあり
ますが、犠打、進塁打、盗塁、四死球、敵失…そういったことをフルに
生かしたからこそ、波を少なくシーズンを乗り切れたんだと思います。

ヒルマン監督と高田GMがチームを離れるようですが、哲学と方法論を
しっかり持った今の日本ハムなら、それで崩れることもないでしょう。
観客動員も伸びたのは、選手個人ではなく「チームの」ファンが増えた
何よりの証明です。

全体のベクトルが、進むべき方向にしっかりフィックスした結果の
見事な連覇。プロスポーツチームとしての1つの理想形を見た思いです。

タグ:プロ野球
posted by 千酔亭 at 17:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月29日

スプリンターズステークス

秋のGIシーズン開幕戦、スプリンターズステークス。あまり相性が
良くないという感覚があります。去年もあと一歩のところで余計な
やつが飛んできたんですよね…。

まずは例によって前日オッズから。

1.サンアディユ 4.3
2.スズカフェニックス 5.7
3.アストンマーチャン 6.6
4.アイルラヴァゲイン 7.9
5.キングストレイル 7.9
6.クーヴェルチュール 13.5
7.ペールギュント 14.2
8.プリサイスマシーン 15.3
9.コイウタ 19.1

ここまでが20倍以下。人気が割れてますね。現時点での印象で言う
なら、傑出したスプリンターってのはいません。だからこそ1200の
経験がない馬も参戦しているんでしょう。高松宮記念を1・2着した
スズカフェニックスとペールギュントにしても、スプリンターという
感じではありません。

今回いちばん問題になるのは、馬インフルエンザによる移動制限の
影響で、入厩が遅れた馬の仕上がり具合。スズカとペールはまさに
それに当たる馬で、スポーツ紙や競馬新聞を見る限りでは、何とか
間に合ったという感じのようです。実力は認めつつ、少しマイナス。

では夏場を使ってきた組はどうなのか。今年の夏は猛暑でしたから、
放牧も挟まず春から使い続けている馬や、7月以降に3戦以上使って
いる馬は、疲れが気になるところです。該当するのはサンアディユ、
クーヴェルチュール、アグネスラズベリ。ここも狙いを下げたい。

休み明けの昨年2着馬メイショウボーラーや、プリサイスマシーンも
割り引くとすると、残るのはこんなあたり。混戦の時は距離適正が
長めの馬を上位に取るので、印はこうなりました。

◎ キングストレイル
○ アイルラヴァゲイン
▲ アストンマーチャン
△ スズカフェニックス
△ ペールギュント
△ プリサイスマシーン
△ サンアディユ

大外枠はプラスではないですが、キングストレイルに距離の不安は
感じません。休み明けを快勝しての2戦目。中山8戦5連対の戦績も
いいでしょう。今年好調の勝春が、皐月賞に続いて決めてくれるの
ではないでしょうか。

馬券は馬単で購入済です。春のGIは散々でしたが、秋は幸先のいい
スタートを切りたいものです。

<9月30日 追記>
あ〜4着か〜。4角の手応えではいけるかと思ったんですけどね〜。
中山千二の大外枠は、思った以上に不利になるんですね。馬場も
かなり悪くて、追い出してからフットワークがバラバラでした。
それでもよく立て直して伸びてきたんですがね…。力があるのは
確かですが、今回はちょっと厳しかった。

中舘のGI勝ちは13年ぶりですか。ヒシアマゾンのエリザベス女王杯
以来とのこと。あのレースのことはよく覚えています。チョウカイ
キャロル、アグネスパレードの3頭で凄い叩き合いになったレース
でした。その後は(というかその頃から)ローカルジョッキーという
イメージで、頭もずい分薄くなったようですが(笑)、逃げ馬に
乗せたらやはり一味違いますね。おめでとうございます。
タグ:競馬
posted by 千酔亭 at 20:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月28日

駆け込み需要

10月から大幅値上げ…となれば、9月に駆け込み需要があるのは
わかりきっていましたが、それでもこれほどとは思わなかった。
商品はコピー用紙。原油や古紙価格の高騰が、もともと薄利で
あるところを直撃しました。古紙配合率100%の用紙は製造中止。
近い将来、市場から姿を消します。

古紙が再び白い紙となり、ペットボトルが同じ姿に再生される。
しかしそれはパルプや石油から新しく作るより、何倍もコストが
かかるのだそうです。リサイクル=環境に良いとは限らないと
どの程度認識されているんでしょうか。

そういう自分自身、これまで「リサイクル社会」に警鐘を鳴らす
書籍をいくつか読みましたが、どこまでを受け入れるべきなのか
判断がつきません。「発電で石油を生焚きするのなら、石油製品で
あるプラスチックを燃やして、発電に使うことのどこが無駄か。」
確かにそう言われればその通り。じゃあ分別なんて必要ないのか?

自治体の規則がある以上、それに従わない訳にはいかないものの、
何か無駄なことをやっているように思えてしまう。食品トレーや
包装容器などの廃プラも、結局のところ再利用されず捨てられる
量の方が多いのだとか。自分が良いことと信じてやってきたことが
180度ひっくり返されるのは、あまり愉快なことではありません。
でもそちらの方が正しいなら、考えを改めなきゃいけないですね。

オイルショックに端を発した、'70年代のトイレットペーパー騒動
とはちょっと違いますが、「石油価格が上がると紙が売れる」なんて
落語のネタみたいなことを、仕事しながら考えていました。
posted by 千酔亭 at 23:35| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月27日

今週はきつい…

忙しくて頭から湯気が出そうです。月曜・火曜あたりはまだ、帰りの
電車の中でblogに書くことを考える余裕がありましたが、今日は運良く
座れたものだから、ついうっかり寝入ってしまいました。気がついたら
3駅も乗り越していた…。

今こうしてカタカタと入力をしながら、明日の午前中にやらなければ
いけないことを考えています。まともな更新は週末に。

posted by 千酔亭 at 21:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月25日

あれれ?

あれ? 向井のblogを見たら櫻井が写っている…。

月曜日に岡山で、東レとデンソーがバレー教室と招待試合、イベントを
行ったそうなんですが、そこに櫻井がいるということはつまり、全日本
からは外れたってことですね? 要するに櫻井は最初から数合わせ要員
だったってことか。試合形式の練習をするにはリベロは2人必要だから、
そのために入っていた。もっと言えば、菅山が戻ってくるまでのつなぎ
だった…ってことでしょう。日本一のリベロに何たる扱いか…。

それと、全日本合宿に宝来も参加しているようです。情報元は大林の
blog
ですから確かでしょう。何のためですかね? センターはいらない。
サイドで必要なのはレシーブができる選手。これに該当するのはむしろ
菅山の方(サイドとして起用する是非は置いといて)。ファンの方には
申し訳ないけど、必要ないと思います。

正直「スポンサー枠」かな〜と思います。あのCMまだ使ってますしね。
根拠はないし、邪推だと言われればそれまでですが、でも多分それが
真実でしょう。それくらい不可解です。宝来の全日本復帰を当然だと
いう方がいるのなら、ぜひその理由をお伺いしたい。いや皮肉じゃなく
真剣に教えて欲しい。

大山が参加しているのかはまだ確認できていません。東レの関係者が
選手の体調を第一に考えるなら参加させないでしょう。そうであって
ほしいと願っています。


「究極の勝利」ならぬ「究極の妥協」としか思えない全日本に、どこまで
期待すべきなんでしょう。チーム編成の最高決定権がテレビ局にある
ように思えてなりません。以前にも書きましたが、テレビ局にとって
大切なことは「結果」ではなく「過程」にあります。結果としてメダルが
取れればベストではあるけど、事実上難しいことは百も承知でしょう。
肝心なのは「取れる可能性」をどこまで引っ張れるかにあります。

それを盛り上げるキャストとして、4年前に大きな可能性を見せてくれた
メグカナは必要不可欠。「小よく大を制す」をチームの柱として据え、
そこにアテネで悔しい思いをした人たちと、アテネ後に登場した選手達、
スパイス的にアテネ以前の五輪を知るベテランも加える。

他の皆様にどう見えるかはわかりませんが、私にはそう見えます。これを
良いキャスティングだと思うなら、それを否定する気は毛頭ありません。
ただ選手選考の主導権がどこにあるのかを考えると、暗澹たる気持ちに
なってしまうだけです。


<9月26日追記>
大山加奈は合宿に参加しているようです。彼女のファンの方のサイトを
いくつかのぞいて見たんですが、みんな喜んでいますね。そういうもの
でしょうか? もちろんファン心理としては見たいでしょうけど…。

今も閉鎖されずに残っている彼女のblogで、腰痛と戦った日々の日記を
見ることができますが、今無理をするとまたそうなるかも知れないとは
思わないものなんでしょうか。

もしこれがバンブーの誰かであったとしたら、私は「なぜ出したのか!」と
強烈なチーム批判をしたことでしょう。
posted by 千酔亭 at 23:09| Comment(2) | TrackBack(0) | バレーボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月24日

地域密着型へシフトせよ!

昨日、何の気なしに遅い時間までテレビをつけていたら、フットサル初の全国リーグ「Fリーグ」の開幕を報じていました。リーグ自体のスタートを飾る試合ですから、演出も派手にやっているし、観客動員も結構な数だったようです。bjリーグ同様、こちらも地域密着を掲げており、Vリーグにとっては屋内球技の強敵が増えたことになります。

「Fリーグ、23日に開幕 地域密着でファン獲得目指す」(朝日新聞)

北は岩手から南は大分までの8チームで、大阪や名古屋といった大都市はもちろん、人口10万人の花巻市を拠点とするところもあります。まさに地域密着が大命題になるでしょう。何としても成功してもらいたいです。東京にもチームがありますが、「東京」とは名乗らず、ホームアリーナのある「町田」をチーム名につけています。かくあるべしと思いますね。

bjリーグもですが、一度見に行ってみるつもりでいます。Vリーグとの差を実感してこようと思っています。bjもFもその会場で行われるのは1試合のみ。2〜3試合を詰め込むVとはそこから違っています。その方が経費が少なく済むというのがVの発想でしょう。

ホーム&アウェーじゃない以上、例えば青森でシーガルズ対バンブーの試合をやっても、全日本選手を抱えていない「不人気チーム」同士の対戦では観客を集められない。いや、正直に言ってしまうと、バンブーの地元たる埼玉でも厳しいでしょう。JTや東レといった人気選手を抱えるチームを織り交ぜて欲しいと言うのが、地方の協会の切なる願いではないでしょうか。「個人の人気に依存したリーグ」と言わざるを得ません。客を呼べる選手(=全日本で活躍した選手)がどれだけそこに来るかがチケットの売れ行きを左右する。

ただ、これをわかりにくくしているのが社員の大量動員で、かなりの数の自由席を埋めてしまいます。純然たるバレーファンより、企業の福利厚生が優先される。これがVの現実です。「個人の人気と企業の動員に依存したリーグ」と言えばより正確ですかね。

もう何度も書いていることですが、地域密着でチームのファンを育てるという発想に、一刻も早くシフトすべきです。デンソー対トヨタ車体の「愛知ダービー」が岩手や岡山で行われ、愛知では一度もないなんて、愚かなことだと気付かなきゃいけない。bjとFに追い越されてから重い腰を上げたって、それでは遅いのだから。

ワールドカップのスペシャルサポーターが決定したそうです。全日本で動員(+視聴率)の方便となるのが彼ら。「Hey! Say! JUMP」だとか。メンバー誰も知りません。知りたくもありません。企業による動員とアイドル目当ての追っかけを除いた、純然たるバレーファンの実数はいかほどか。調べる手立てなどもちろんありませんが、スポーツ新聞における扱いの小ささは、ある程度その指標となっている気がします。
posted by 千酔亭 at 19:26| Comment(4) | TrackBack(0) |  → Vリーグ関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月22日

ブログパーツ

私のblogでもサイドバーに色々くっつけてますが、ブログパーツには
実に多種多様なものがあります。アクセスカウンターのような実用的
なものから、時計やニュースなどのアクセサリー、アフィリエイトを
目的としたものもあります。

私はだいたいいつもブログパーツ.comさんで物色して、気に入った
ものを貼り付けています。見ていると面白いですね。目的に沿って
カテゴリー分けされている中で、「アクセサリー/アイデア」の項目には
面白いものが多々あります。いくつかここに貼ってみましょう。まずは
YAMAHAの「ウクレレブログパーツ」。










出る音までコントロールできるわけではありませんが、弦のところで
カーソルを動かすと、ウクレレのいい音が鳴ります。

音といえば、こんなのもありました。ただしいい音ではありません。
「boobooクッション」ですからね…。色と言語を選んで"Done"の
ボタンを押し、続けて"Go"を押すと例のクッションが表示されます。
そこをクリックすると…素敵な音が鳴り響きます。



続いてはこちら。余計なお世話以外の何物でもありません…。それを
知ったからといって何の役にも立ちませんが、7〜8年後にこの言葉が
連呼されることは間違いないでしょう。



下らないついでにもう1つ、「こんなヤツは日本男子じゃない」百カ条
ってのもありました。いくつかあてはまるような…。




当blogのサイドバーにも1つ、本当にアホらしい奴を貼っておきました。
一番下にありますので、ぜひ覗いて見てください(笑)。

posted by 千酔亭 at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | インターネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月21日

『Yの悲劇』

ミステリの古典作品を読み始めてると16日に書いたばかりですが、
昨日ひとつの歴史的名作を読了しました。エラリイ・クイーンの
『Yの悲劇』です。作品自体はもちろん、以前から知っていました。
何となく海外物を敬遠していたので、これまで読む機会がありま
せんでした。

ミステリにはベスト10とか20とか、そんなのがよくありますが、
この作品はその手のランキングで、必ずと言っていいほど名前が
上がる常連作。読み終えてみて、その事実に心から納得しました。
本当に面白かった。

TregedyOfY.JPG ハヤカワ・ミステリ文庫

作品紹介は例によって文庫の裏表紙に頼りましょう。

 行方不明の富豪ヨーク・ハッターの死体がニューヨークの港に
 揚がった。警察は毒物による自殺と断定したが、その後ハッター
 一族の邸では奇怪な事件が起こり始める。子供のジャッキーが
 毒物の入った飲み物で危うく命を落としそうになり、未亡人の
 エミリーがマンドリンという奇妙な凶器で殺害されたのだ。
 狂気じみた一族を巻き込んで展開される驚愕すべき完全犯罪。
 名探偵ドルリイ・レーンが解明に挑む連続殺人の全貌とは?
 スリリングな謎、用意周到な伏線、明晰な論理性と、本格
 ミステリに求められるすべてを備えた不朽の名作。

説明の通り至るところに伏線が張られ、一族の狂気の背景、複雑な
プロットに思わず引き込まれて行きます。最も犯人に近づいた有力な
証言者は「聾・唖・盲」という三重の障害をもっており、触覚と嗅覚に
基づく「証言」が捜査をさらに混迷させます。しかしレーンは極めて
明快な論理をもって真相にたどりつくのです。

通常の探偵小説なら、謎解きをしてエンディングへ…というところ
ですが、この作品はそうではありません。あまりにも意外な結果に
レーンはどう対処すべきか苦悩し、申吟し、ついには非情の決断を
下すに至ります。

…このくらいならネタバレにはならないでしょう。とにかく読んで
みて下さい。この作品はあちこちのサイトで取り上げられてますが、
ネタバレも多いので気をつけて見て下さい。巻末の解説も、決して
先には読まないで下さい。

意外なことに、海外での評価はそれほど高くないのだそうだ。なぜ
日本人の心にこれほど訴えるのか…を語ろうとすると、ネタバレを
避けられないので止めておきます。あえて言うなら、完璧な論理に
加えて、人間臭さが強い作品だからじゃないかと、私は思います。

今まで読まずにいたことを後悔しました。未読の方に自信をもって
お勧めします。


posted by 千酔亭 at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月20日

何を企んでいるんだ?

中西美雁さんのblog、9月20日の更新記事をご覧下さい。

…怪しいですね。タイトルが「ふふふ」ですよ。何を画策して、
どんな活動をしているんでしょうか。しかも「女子ファンの方は
お楽しみに」と言われた日には、そりゃいろいろ考えます。

ついに単行本を出すか? 買うよ。ここでも大々的に宣伝するよ。
それとも雑誌の連載記事でもスタートさせるのか?

当blogの過去ログで5月11日の記事を見ていただきたいんですが、
そこで美雁さんのblogから引用する形で、彼女の思いを紹介して
います。それが実現できたのではないか…と想像しています。

期待してますよ〜。『メディアの文法的な無難な文章じゃない、
掘り下げたもの』ってやつを。あなたしかいないんですから。

posted by 千酔亭 at 21:16| Comment(2) | TrackBack(0) | バレーボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月18日

バレーボール3題

先日も書きました鶴田のバンブー入りですが、やっと公式サイトで
発表がありました。

『新たな戦力が加わりました!! 』

…原さんになってますね。ミセスであることは知ってましたが、復帰を
機に現姓で…ということなんでしょう。成田もそうでしたね。先野や
仁木は旧姓のままですが、現姓は大山さんに矢野さんだったはず。
…何で現姓だけ「さん付け」なのか自分でもわかりません(笑)。

で、ニコリッチの発表はまだ?


次は全日本の「やっぱりそうなのか…」という話題。

『25日から大阪合宿 カナ&姫も呼ぶ…女子バレー日本代表帰国』

大山は肩だけでなく腰も、再び痛めてしまったようです。呼ぶべきでは
もちろんありません。無理をさせる必要は全くないはずです。守備を
期待している訳ではないのだから、栗原の控えは小山がいれば十分。
大山の身体が、目先の視聴率の犠牲にならないことを切に祈ります。

菅山は現在どんな状態なのかわかりませんが、実戦からは遠ざかって
います。ただ、件の体調不良が回復しているなら、控えのアタッカー
兼レシーバーとして入れるのはいいでしょう。彼女がベストの選択か
どうかということは置いといて、そういう存在は絶対に必要ですから。

有田はダメなんですかね…。国体で左肩にテーピングが施されていた
のは見てますが、十分プレーできるはずです。チームの方針なんで
しょうか。もちろん有田とNECを責めてる訳ではありません。むしろ
選手を守れない東レの方がどうかと思います。

単純に見たいんですよね。全日本で有田を。でも北京後…ですかね。


次は選手のblogを発見したので、その話。ちょうど今日取り上げた
大山と、ごく短期間ですが有田もやってましたっけ。色々と問題が
あるようで、長くやっているのは東レの向井だけかと思ってましたが、
もう1人、学生時代から続けてる人がいました。デンソーの福田です。
うかつにも全然知りませんでした。

『ファンタジスタ gB』

あまり…というか、更新はちと少ないですが、隠れデンソーファンで
ある私としましては嬉しい発見なのです。そう考えると、選手全員の
blogがあるバンブーは、よそのファンからすると羨ましいでしょうね。

今日の更新でも、小松がリハビリの進み具合を報告してくれています。
こういう情報はなかなか表に出てこないですから、ありがたいもんです。
そういえば向井のblogでは、5月に引退を思い悩んだ話が書き綴られて
いました。正直なやつだと思いましたね。

何が好きだとか面白かったとか、そんな話ももちろんいいんですが、
たまに心の内を垣間見せられると、応援したろうと思いますね。

posted by 千酔亭 at 22:21| Comment(2) | TrackBack(0) | バレーボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。