2007年02月22日

"Stay With Me"

最近また"YouTube"に埋まっている貴重な映像をほじくり返す
のが楽しくなってきました。先日取り上げたヴァンゲリスの映像は
比較的新しいものでしたが、今日は70年代初め頃のものです。

昨年の6月26日に取り上げたフェイセズのアルバム"A Nod Is
As Good As A Wink To A Blind Horse"から、シングルカット
された"Stay With Me"の演奏シーンを発掘しました。アルバムが
発表されたのは'71年のことで、この映像もほぼ同時期でしょう。
とにかくカッコいいです。ロンウッドにも注目して下さい!


Faces "Stay With Me" 1971


同じ時期にソロ活動も並行して行っていたロッドは、むしろそちらで
大きな成功を収めます。これほどの素晴らしい演奏を聞かせながらも、
フェイセズは徐々にロッドのバックバンドと化して行き、その名前すら
「ロッドスチュアート&フェイセズ」となります。

それに失望したロニーレインが'73年に脱退、ロンウッドはご存知の通り
ローリングストーンズへ参加。バンドは解散しました。

下の映像はロッドのソロですが、バックを務めているのはフェイセズの
面々。上の映像と同じ'71年のものです。前述した昨年6月の記事でも
書いているんですが、とにかく一度生で見たかった。'71年といえば
私はまだ2歳なので当然無理なんですが、凄いエネルギーを感じさせる
グループです。

Rod Stewart "Maggie May" 1971




ラベル:YouTube
posted by 千酔亭 at 21:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。