2007年02月09日

本当なのか!?

『成人男性の3割、自宅の洋式トイレで座って小用』

自分の感覚ではあまりに信じ難いことなんですが、何と28.4%
もの男性が、座って小便をしているらしい。記事の出どころは
読売ウィークリー。

確かにそういう人がいてもおかしくない。どんな格好でしようと
その人の自由ではある。しかしそれにしても30%近くいるとは、
男の「女性化」が進んでいるようで、かなりショックな数字です。

「汚したくない」という声から、清潔志向なんて見方がありますが、
掃除を自分ですればいいだけのこと。それを「掃除が楽」などという
横着なやつから、「同居する女性に言われた」という情けない男、
「時代の流れ」という意味不明な回答まで、もう何だかわからない。

高い位置からジャバジャバやるのが当たり前と思っているので、
どうにも理解できない。掃除が苦になることもないし…う〜ん、
座る派の人には誠に申し訳ないが、本当に気持ち悪い。まさか
終わった後にティッシュで拭いたりしていないだろうな。

子供に座ってするよう躾けている母親までいるのだという。学校に
洋式便器がなかったら、その男の子は多分トイレで困ることになる
でしょう。子供の頃にズボンとパンツを膝のあたりまで下げてする
癖がついていた人の中には、大人になってもある程度の位置まで
下げないとできない、という人もいます。立小便をうまくできない
男の子は、一体どうなるんでしょうか。


街中ではさすがにしませんが、人里離れたところでキャンプなど
やった時、差し支えのなさそうな場所で盛大に立ちションするのは
気分がいいもんです。何ともいえない爽快感があります。これぞ
男の特権。田舎で育った子供の頃には、普通にやっていたことです。
友達と並んで、どっちが遠くに飛ばせるかなんて、バカなことを
真面目にやっていました。

都会じゃそんなことできないのはわかりますが、どうにも情けなく
感じてしまいます。






posted by 千酔亭 at 20:32| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。