2007年02月08日

校歌

さっき初めて、自分の卒業した高校のホームページを見ました。
あることすら知りませんでした。

札幌白石高等学校といいまして、それほどレベルの高い高校では
ありません。札幌の中心部から地下鉄で10分、バスに乗り換えて
20分くらいでしょうか。かなりのどかな風景に囲まれています。

今どうなっているのかはわかりませんが、私が通っていた頃は
(85年4月〜88年3月)学校の前は畑。裏手はグラウンドですが、
その向こう側は雑草が生い茂る野原でした。10分も歩くと牛が
いて、カッコウの鳴き声も聞こえたものです。

「白石高体操」なんていう学校独自の体操があって、入学して
最初にぶつかる難関です(笑)。体育の授業で覚えさせられて、
テストまであったります。3年間イヤというほどやりましたが、
さすがにもう忘れました。

担任は3年間ずっと同じ。「ベラ」というあだ名のベテラン教師。
もちろん女性。もう定年退職しているはずですが、元気なんで
しょうか。小学校から大学まで、多くの先生に教わりましたが、
やはり最も印象深いし、「恩師」なんていう言葉を使える唯一の
先生です。半ば強引に学級委員長をやらされたのも懐かしい。


このホームページで校歌を聴けるんですが、いや〜覚えている
もんですね。1番だけですが、淀みなくスラスラでてきます。
白石高体操とは違います(笑)。卒業して19年、ただの1度も
歌っていないのに、不思議なもんですね…。

もっと遡って小学校の校歌も思い出せました。途中で新設校に
移った中学校はさすがにうろ覚えですが、「すずめ百まで踊り
忘れず」とは良く言ったものです。


同級生たちは今頃どうしているんでしょうか。


posted by 千酔亭 at 21:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。