2007年02月15日

花粉が!

徐々に花粉が飛び始めていますね。鼻はまだ大丈夫ですが、
目がかゆいです。この時期ですでにマスクが必要という人は、
相当敏感な人ですね。まあ予防の意味もあるんでしょうけど。
本番はまだこれからです。

鼻が詰まってしまうと、知らず知らず(特に寝ている間)口で
呼吸をしてしまうので、喉まで痛めてしまうのが何とも辛い。
集中力がなくなるし、一番いい季節だというのに、外に出る
のが億劫になります。雨を「ありがたい」と感じてしまうのは
唯一この季節だけ。

アレルギーなので特効薬はありませんが、それでも何とか
ならないもんですかね。杉を切って広葉樹を植えましょうよ。
毎年数百本くらいずつ、バッサバッサと威勢よく!

それとも世間的には、花粉症シーズンは「ビジネスチャンス」
なんでしょうか。広告や店頭に並ぶ商品を見ていると、そんな
気がしてしまいます。『テメーら所詮は他人事だろう』と疑い
深くなるのも、この季節の特徴です…って、俺だけか?


全日本杉伐採推進協会会長
千酔亭 





posted by 千酔亭 at 21:09| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月14日

写真もろもろ

プレー中の写真を撮るなら、高い位置からの方がいいよな〜と
痛感させられるのですが、やはり近くで見たいし、プレー中に
こだわらなければ、写真はしっかり撮れる。でもそれなら一眼
じゃなくても…ってことになる。レンズの質の問題なんですが、
私のではやっぱり色々と難しいですね。もちろん腕の問題も
ありますが。

次回は3月初めの川越大会に行きます。そこでは今までと違う
席を押さえました。これまではサイドライン側のアリーナ席で
見ていましたが、土曜は2階席、日曜はエンドライン側の
アリーナ席にしました。どのくらい違うものかいろいろ実験
してみます。

というわけで今日は、プレー中ではない写真を中心に。

0211_1.JPG
大山加奈は元気そうでした

0211_4.JPG
栗原恵は去年に比べて今ひとつな気がします

0211_6.JPG
各チームの厳しいマークにあう木村沙織

0211_7.JPG
もうちょっとブロックが出て欲しい荒木絵理香

0211_8.JPG
元日立の2人 宝来眞紀子と谷口"隊長"雅美

0211_9.JPG
いい筋肉してるケニー

0211_10.JPG
予想以上だった嶋田美樹

0211_11.JPG
…ちょっと萌えた井野亜季子


posted by 千酔亭 at 20:10| Comment(0) | TrackBack(0) |  → Vリーグ関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月13日

ひそかに応援するチーム

埼玉県民たる私は武富士バンブーを応援しておりますが、実はひそかに
デンソーも応援しております。優先順位はもちろんバンブーが先なので、
越谷での直接対決は全面的にバンブーの応援でしたが、東レとの対戦と
なった昨日は目一杯デンソーを応援しておりました。

ブロックが強い…というか、とにかくシャットアウトが多いチームで、
これでスパイク決定率とディグが良くなってくれば、もっと上を目指せる
チームではなかろうかと思います。眞(さな)や矢野といった若手が力を
発揮し、中堅の井上や横山、ベテランの櫻井や岡野と、世代の歯車が
がっちり噛み合っています。今回も健闘していますが、もう少し先が
楽しみなチームです。

Denso5.JPG
髪を切って、何か子供っぽくなったキャプテン岡野

Denso1.JPG
やけに低い位置でサインを出すセッター横山

Denso2.JPG
「ブロックメーカー」センターの井上

Denso3.JPG
この日ブロック7本。成長著しいセンター矢野

Denso4.JPG
途中出場の細田。高さはありませんがパワフルです

Denso8.JPG
フルセット勝ちに感涙のリベロ櫻井。ディグが凄かった!

Denso10.JPG
眞はレシーブがもう一つですが、本当にいいアタッカーです


この日も先発にはモレタ・ケニアが入り、どんなもんかと改めて見て
いたんですが、全く大したことはありません。これなら最初から細田を
入れたほうがいいでしょう…どう考えても。連れてきた以上、使わない
訳にはいかないんでしょうか。第4、第5セットと連取したのは、レフトに
細田・岡野、ライトに眞を入れた形。これが一番いいと思います。

外人の起用はバックアタックがあるからだろうとは思いますが、実際あまり
決まっていないのだから、眞はもちろん岡野や細田にも打たせればいい。
武富士の足立(173cm)や久光の狩野(174cm)にできて、彼女たちにできない
道理はなかろう。早いパイプ攻撃を組み込めれば攻撃の幅は増します。


この日の東レ戦。達川監督がローテを間違えて、岡野がまだ前衛の場面で
ピンチサーバー(165cmのセッター大槻)を入れるという、罰金ものの
大ポカをやらかしました。最終的に勝ったから良かったようなものの、
負けていたらどうしたんでしょうか。

チーム応援団のちょっと間延びした(失礼)「きら〜」とか「よし〜」が
いい味出していて、何だか微笑ましかったですね。4強進出しない限り、
今シーズンはもう見る機会がないですが、何とか頑張って欲しいですね。

2007年02月12日

3敗目…

今日も行ってきました東京体育館。3試合目が武富士vs久光
でしたが、結果は0-3の完敗。まあ、ある程度予想していた
結果ではあります。それくらいチーム状態は良くない。

昨日の試合後の勝利者インタビューで、「今のチーム状態は
どうですか?」と聞かれたシエリが、言葉に詰まるシーンが
ありました。3秒くらいの沈黙の後「まあまあです」と答えて
いましたが、これは「悪い」と言っているのと同じです。

昨日もそうでしたが、サーブレシーブが相当乱れていました。
スタッツでは成功率73.4%ですが、これはどう考えても甘過ぎ。
何度も言っていますが、記録員ごとに基準がバラバラですね。
センター線をまともに使えず、毎度のエステス頼みでした。

石原監督もそうなることを見越しているのか。ここ数試合、
一部のローテでエステスをサーブカットフォーメーションから
外しています。そうなると必然的にルミ姉がカットに入り、
そこを狙われたりもする訳です。どうもエンジンのかかりが
遅い最近のルミ姉なので、あまり負担を増やしたくはない
ですけどね〜。

最も競った(といっても最終的には20-25)第3セットでチエを
レフトにしましたが、一度最初からこの形を試してもらいたい。
というか、去年の形(チエ・ルミ姉がレフト。ライトに外人)を
一度やってみてくれないだろうか。ルミ姉の負担が増えるので、
言ってることが矛盾しますが、その方が攻撃は上手く回る気が
します。それともエステスがセッター対角を嫌がっているんで
しょうか。もうちょっと何とかなると思うんですけどね…。


とは言え、ほとんどの攻撃に2枚ブロックがついていた印象で、
あれだけサーブで崩されちゃどうしようもないし、決定力の差が
露骨に出てしまった試合ですね。ブロックの課題も相変わらず
でした。当ててはいるんですけどね…。それをつなげることが
できていない。

久光のMVPは佐野です。エステスの強烈なスパイクに対して
完璧にコースに入り、体全体を使ってあの重いスパイクを
上げていました。武富士にとっては「拾い負け」の感さえして
くるほどでした。

落合も見事でした。サーブで一番やられたし、数字だけを
見るとスパイク決定率が低いですが、相当無理な体勢から
打っていたのも何本かあって、むしろレフトエースとは
こういうものだと感心させられました。サーブレシーブは
イマイチだったので、何でもっと徹底的に狙わないのかと
思ったんですけどね…。


ではあとは写真で。今日は応援がメインになってしまって、
あまり撮っていません。

Bamboo0212_1.JPG
ルミ姉はさっぱりでした…

Bamboo0212_3.JPG
今日もエステス頼みです

Bamboo0212_2.JPG
成田の憎たらしいフェイント

Bamboo0212_4.JPG
試合終了後。悔しそうな内藤キャプテン

Bamboo0212_5.JPG
負けた試合では笑顔は慎みましょうね

Bamboo0212_6.JPG
退場間際。スタンドに誰かを探している石川


来週の対戦は土曜が東レ、日曜がシーガルズです。再び連勝
できるように立て直して欲しいものです。

これ以外の写真はまた後日ということで。




ラベル:バレーボール
posted by 千酔亭 at 21:21| Comment(0) | TrackBack(0) |  → 武富士バンブー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月11日

11勝目!!

東京体育館へ行って参りました。行われた3試合全て見ましたが、
取り急ぎ武富士バンブーの結果を。もちろん勝ちました。セット
カウント3-1です。序盤こそ車体のサーブに苦しめられましたが、
きっちり修正できるのがこのチームの強さ。接戦の第2セットを
取ると、その後の2セットも連取して、見事勝利を収めました。

チエの復活が本物かどうか…。ここが試金石だったのですが、
残念ながら今日のチエはダメダメでした。序盤こそなかなかの
スタートをきったものの、連続シャットを食って、それからは
あまりトスが上がらなくなってしまいました。まあ、それでも
レシーブやつなぎで頑張っていました。

今日もエステスの日でした。3枚ブロック何のそので、上から
バカスカ打っていました。足立もまあまあ良かったですかね。
エンジンのかかりが遅いのは相変わらずだし、珍しくミスも
多かったですが、それでも決めるところは決めてくれます。


今日のヒロインをもう一人挙げるとすれば、リベロの和久山
でしょう。サーブレシーブは(彼女にしてみれば)やや苦戦気味
でしたが、ディグでスーパープレーを連発してくれました。
試合後の勝利者インタビューに呼ばれたのも納得です。


Bamboo0211_7.JPG
ちょっとピンボケ気味ですが…試合終了後のシエリ。

Bamboo0211_3.JPG
神様、仏様、エステス様

Bamboo0211_5.JPG
尻上がりに調子を上げたルミ姉です

Bamboo0211_4.JPG
石川は徐々に切れを取り戻しつつあります。

Bamboo0211_2.JPG
チエは今ひとつでした…

Bamboo0211_10.JPG
現キャプテンと前キャプテンがコソコソと…

Bamboo0211_9.JPG
大林とエステスが何やら話していました


明日も行ってきます〜。

posted by 千酔亭 at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) |  → 武富士バンブー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月10日

10勝目!

最近多いですが、今日もフルセットの末、武富士バンブーは
勝利を収めました。セット率の差で上を行く久光を追いかけ、
ピタリと2位につけています。

今日の相手は前節で敗れているJT。谷口とケニーに好き放題
やられましたので、今回はそれにどう対処するか注目していま
したが、ケニーはともかく谷口をかなり封じられました。

このチームはとにかく、センターは何てことありませんので、
前記の決定力ある2人をどう封じるかが全てです。かと言って
両方を潰すことは難しいので、サーブで徹底して谷口を狙う
作戦に出たようです。サーブレシーブ成功率は51.7%(15/29)。
前回が60.0%(12/20)ですから、途中で何度も小酒や朝倉に
代わっていたことを考えると、その徹底ぶりが伺えます。

スパイク決定率は前回の58.3%(21/36)に対して、今回は
36.8%(14/38)。本数ベースで見ると大したことないように
思われるかも知れませんが、この差は大きいですね。高木の
決定率も半減させています。


話をバンブー側に戻しましょう。今日の殊勲賞はもちろん
エステスです。ここまでも十分大活躍を見せてはいましたが、
それでも本人いわく「まだ本調子ではない」とのことでした。

かつての"アルタモノワ"を知る者にとっては、衰えたかなと
思うところでもあったのですが、今日はもう大爆発でした。
決定率は47.8%(32/67)。前回が28.6%(12/42)でしたから、
ついにエンジンがかかったかという出来。特に最終セットの
ケニーとの打ち合いは、会場で見たかったですね〜。


もう1人、本日の敢闘賞はチエです。こちらもようやく
エンジンがかかりました。第1レグの不調は何だったのかと
思うくらいの大活躍。今日の決定率は50.0%(18/36)で、
ちなみに前回は0%(0/3 しかも失点2)でしたから、比べる
のもバカバカしいほどです。足立がやや冴えなかったものの、
それを補って余りある出来でした。

ミスやサーブ効果率、ブロックの数字に大差はないので、
スパイク決定率が今回の勝敗を左右しました。

武富士:前回34.0% ⇒ 今回43.2%
JT : 前回47.2% ⇒ 今回37.9%

逆にこの数字ならもうちょっと楽に勝てって感じでしょうか。
いずれにしても一つの大きな山を越えてくれたので、まずは
明日のトヨタ車体戦に勝って、久光戦に弾みをつけたいところ
ですね。この2試合は東京体育館へ見に行ってきます!

首位交代もあるかも知れないし、気合入れて応援してきます。

posted by 千酔亭 at 21:25| Comment(0) | TrackBack(0) |  → 武富士バンブー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月09日

本当なのか!?

『成人男性の3割、自宅の洋式トイレで座って小用』

自分の感覚ではあまりに信じ難いことなんですが、何と28.4%
もの男性が、座って小便をしているらしい。記事の出どころは
読売ウィークリー。

確かにそういう人がいてもおかしくない。どんな格好でしようと
その人の自由ではある。しかしそれにしても30%近くいるとは、
男の「女性化」が進んでいるようで、かなりショックな数字です。

「汚したくない」という声から、清潔志向なんて見方がありますが、
掃除を自分ですればいいだけのこと。それを「掃除が楽」などという
横着なやつから、「同居する女性に言われた」という情けない男、
「時代の流れ」という意味不明な回答まで、もう何だかわからない。

高い位置からジャバジャバやるのが当たり前と思っているので、
どうにも理解できない。掃除が苦になることもないし…う〜ん、
座る派の人には誠に申し訳ないが、本当に気持ち悪い。まさか
終わった後にティッシュで拭いたりしていないだろうな。

子供に座ってするよう躾けている母親までいるのだという。学校に
洋式便器がなかったら、その男の子は多分トイレで困ることになる
でしょう。子供の頃にズボンとパンツを膝のあたりまで下げてする
癖がついていた人の中には、大人になってもある程度の位置まで
下げないとできない、という人もいます。立小便をうまくできない
男の子は、一体どうなるんでしょうか。


街中ではさすがにしませんが、人里離れたところでキャンプなど
やった時、差し支えのなさそうな場所で盛大に立ちションするのは
気分がいいもんです。何ともいえない爽快感があります。これぞ
男の特権。田舎で育った子供の頃には、普通にやっていたことです。
友達と並んで、どっちが遠くに飛ばせるかなんて、バカなことを
真面目にやっていました。

都会じゃそんなことできないのはわかりますが、どうにも情けなく
感じてしまいます。




posted by 千酔亭 at 20:32| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月08日

校歌

さっき初めて、自分の卒業した高校のホームページを見ました。
あることすら知りませんでした。

札幌白石高等学校といいまして、それほどレベルの高い高校では
ありません。札幌の中心部から地下鉄で10分、バスに乗り換えて
20分くらいでしょうか。かなりのどかな風景に囲まれています。

今どうなっているのかはわかりませんが、私が通っていた頃は
(85年4月〜88年3月)学校の前は畑。裏手はグラウンドですが、
その向こう側は雑草が生い茂る野原でした。10分も歩くと牛が
いて、カッコウの鳴き声も聞こえたものです。

「白石高体操」なんていう学校独自の体操があって、入学して
最初にぶつかる難関です(笑)。体育の授業で覚えさせられて、
テストまであったります。3年間イヤというほどやりましたが、
さすがにもう忘れました。

担任は3年間ずっと同じ。「ベラ」というあだ名のベテラン教師。
もちろん女性。もう定年退職しているはずですが、元気なんで
しょうか。小学校から大学まで、多くの先生に教わりましたが、
やはり最も印象深いし、「恩師」なんていう言葉を使える唯一の
先生です。半ば強引に学級委員長をやらされたのも懐かしい。


このホームページで校歌を聴けるんですが、いや〜覚えている
もんですね。1番だけですが、淀みなくスラスラでてきます。
白石高体操とは違います(笑)。卒業して19年、ただの1度も
歌っていないのに、不思議なもんですね…。

もっと遡って小学校の校歌も思い出せました。途中で新設校に
移った中学校はさすがにうろ覚えですが、「すずめ百まで踊り
忘れず」とは良く言ったものです。


同級生たちは今頃どうしているんでしょうか。
posted by 千酔亭 at 21:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月07日

何とか見られる?

駄作を量産してしまった先週末でしたが、まだ見られそうなものは
残しておきたいので、アップしておきます。「五目撮り」にせず、
テーマを絞った上で、設定をいくつも変えつつ撮って行くほうが
いいですね。やっとそこに気がつきました。気分のままにバシバシ
やっても、その時はいいですが、後でがっかりするもんです。

Kamo.JPG
やたらと人馴れした鴨でした

hakusekirei.JPG
動きが早いので撮るのが大変です

mukudori.JPG
なぜかムクドリが大好きです

lake.JPG
池への映り込みがきれいです

otokonoko.JPG
このあと空振りします

onnanoko.JPG
兄の蹴ったボールを拾う、甲斐甲斐しい妹

couple.JPG
お気に入りの1枚です


ここのところずっと天気の良かった関東地方ですが、週末にかけて
下り坂のようです。小石川植物園の梅が見頃のようで、土曜日に
見に行きたかったんですけどね〜。日曜か月曜に早起きできたら、
バレー観戦の前に見に行きます。

posted by 千酔亭 at 21:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月06日

夜景撮影

昨日の続きです。三脚を持っていかなかったので、夜間撮影は
ちょっと厳しいんですが、シャッタースピードを早めに設定し、
ガードレールなどを三脚代わりにしつつ、何とか撮りました。
昨日のよりはマシですかね。

yakan12.JPG
夕方5時半くらいです

yakan2.JPG
以前に撮ったことがある天王洲の橋です

yakan3.JPG
ドラマか何かの撮影をやっていることがあります

yakan5.JPG
入ったことはありませんがレストランです

yakan8.JPG
冬はお休みの噴水

yakan9.JPG
窓越しに撮っています

yakan10.JPG
陸の上です。念のため

yakan11.JPG
土曜日の最後の1枚


やっぱり三脚は必須ですね。持ち歩くのが面倒で、置いてきて
しまいましたが…。載せた写真の影には、数々の手ブレ写真が
あります(笑)。



posted by 千酔亭 at 21:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。