2007年02月28日

データで見る各チームの状況 その2

本日のデータはエース(と、それに順ずる選手)への依存率。
1人に集中している場合もあるでしょうし、2人に分散する
パターンもあると思いますが、ここにも各チームの特徴が
よく表れています。下手な説明より数字をどうぞ。

表が横に長くなってしまうので、サムネイル表示しています。
クリックで拡大します。選手名の青字はセンターの選手。

katayori.bmp

やはり武富士のエステスが最も高い占有率…ではありますが、
正直私はもっと高いと思っていました。逆に今年は散っている
んじゃないかと思っていた久光は、意外なほどフェヘイラに
集まっていますね。これでも分散しているように感じるのは、
去年のケニアのイメージが強すぎるせいでしょうか。

ちなみに昨年の「ケニア率」は何と46.6%! 2位の落合ですら
18.7%ですから、いかに偏っていたかわかろうというものです。
2人合わせて65.3%は今年のJTをも上回ります。

そのJTはケニーと谷口だけで62.5%の高率。高木も合わせると
3/4を超えてしまいます。武富士もそうですが、センターからの
攻撃発生率が低いですね〜。打数3位までにセンターの選手が
出てきません。NECもそうです。杉山がいる分、辛うじて7割は
超えていませんが、サイド偏重が際立っていて、NECらしく
ない感じがします。


このあたりと最も対照的なのが日立佐和とシーガルズでしょう。
佐和の上位3人はサイドの選手ですが、3人合わせても占有率は
50%程度。それほど差がなく飯田と嶋田が続いており、かなり
トスを散らしている印象です。

シーガルズに至っては、2位と3位がセンターの選手。いかに
このチームのバレーが独特であるかわかろうというものです。


武富士は足立が2位でチエが3位ですが、最近は足立が下がった
ところにチエが入ることが多く、得点パターンの偏りがさらに
進みつつあります。新人の石田も頑張ってはいますが、しかし
バンブーファンとしては井村と内藤の新旧キャプテンに、より
一層の奮起を期待したい。

センター線をどれだけ効率よく使えるかによって、サイドの
負担は大きく違ってくるのだから、まずはサーブレシーブを
確実に返し、中央からの攻撃発生率を高めたいところ。三澤も
戻ってきたことだし、もっとやれるはずです。


明日はそのセンターに的を絞って、いろいろ調べてみます。

posted by 千酔亭 at 22:39| Comment(3) | TrackBack(0) |  → Vリーグ関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月27日

データで見る各チームの状況

早いものでV・プレミアリーグは2レグを終了。ここまで18試合
消化して、各チームの個性が良くも悪くも見えてきています。
「予想通り」も「予想外」もあって、なかなか面白いのですが、
今回私はミスによる失点に絞っていろいろ調べてみました。

少々意地の悪い見方ではありますが、そこから見えてくるもの
もあり、それなりに面白い分析にはなったかと思います。


Vリーグのホームページには試合ごとだけじゃなく、チームや
個人ごとの記録が集計され、PDFで公開されています。試合を
見られなくとも、ここからある程度のことを推測することが
可能で、まずは単純にセット平均のミスが少ない順に並べて
みましょう。

miss_total.bmp

まあだいたい予想通りでしょうか。堅いバレーをするチームが
順当に上位に来てますね。NECは自滅ばかりしていた第1レグの
影響で最下位ですが、第2レグは大きく減らしており、逆に増え
ているJTと入れ替わるのは時間の問題でしょう。久光が意外に
多いな〜と思ったんですが、これには明確な理由がありました。

続いてこの数字からサーブミスによる失点のみを抜き出します。
効果率も合わせてご覧いただきましょう。

miss_serve.bmp

何と久光は最もサーブミスの多いチームなのです。もちろん
それには1人で3分の1弱(55本)を占める橋本の存在があるん
ですが…。

効果率はトヨタ車体に次いで高く、それだけ相手のレシーブを
崩している訳ですから、無駄にミスをしているのではない。
それに比べて、効果率が最下位でありながら、失点は2番目に
多いJTは相当問題がありそうです。

ミスは少なく、効果率は高く…ってのが理想ですから、その観点
からすれば、武富士と車体は優秀です。


では次に、最初の数字(ミスによる失点の合計)から、サーブ
ミスによる失点を除いた数字をご覧いただきましょう。表中の
「SP」とはスパイクのことです。

miss_sonota.bmp

久光がいかにサーブ以外のミスが少ないかわかります。こんな
数字を見ているだけでも、首位に立って当然だと思いますね。
東レは明らかにスパイクミスが多く、課題がはっきり見えます。

JTは…ひどいですね〜。ケニーと谷口がせっせと水を汲んでは
いるものの、バケツに何か所も穴が開いていて、そこからどんどん
漏れてしまっている…。そんなイメージが浮かんでしまいます。

ただ、東レもそうなんですが、全日本に3人取られてしまっていて、
しっかり合わせる時間もないままリーグに突入してしまっており、
そこに同情の余地は大いにあります。下位に沈んでいるNECも
杉山が長く離れていました。

全日本組が離れている間にも、チームはどんどん出来上がって
いる訳で、いかに杉山といえど合わせるのは容易ではありません。
その意味では、リーグ直前に未知の外国人が入ったデンソーの
混乱も、察するに余りあるものがあります。

それを言ったら久光も…と思われるかも知れませんが、ここに
大きな違いがあり、「バンチ・リードブロック」という世界標準の
システムを取り入れる久光に対し、「伝統的日本バレー」をする
デンソーには、外国人選手はなじみにくいのかも知れません。
まあ、あくまで想像ですが。


我が武富士バンブーは特別に優れた数字があるわけではなく、
特別に劣った数字もない。それだけバランスの取れたチームで
あり、戦術の確かさと、エースの決定力で勝っているといえる
のではないでしょうか。

明日以降に、そのあたりをもうちょっと掘り下げてみたいと
思います。


posted by 千酔亭 at 22:18| Comment(2) | TrackBack(0) |  → Vリーグ関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月25日

4敗目…

武富士バンブー、残念ながら敗れました。久光が勝ったので、
文字通りの1日天下でしたね。昨日も書きましたが、今の状態
では今日の結果は予想できたし、上り調子のNECとは対象的。

GAORAで放送があったので、中継を見られるネットカフェへ
行ってきました。いつもの布陣だった第1セットを、これまた
いつものように落とし、第2セットから、チエをレフトに回す
フォーメーションに変えました。

それ以降は比較的順調に点を取れるようになり、相手のミスも
あって流れをつかみかけてはいるんですが、そこで自分たちに
ミスが出てしまう。サーブレシーブも終始不安定で、今日も
センター線がうまく使えない。井村のトスがネット側にブレ
がちで、ブロックにつかまってしまうことが多かったですね。


その井村、第2セットの最後で足首を捻ってしまったらしく、
セット終了後にはシエリに支えられながらベンチに戻りました。
足首をテーピングでがっちり固め、第3セット以降も出ましたが、
やはり影響はあったと思います。ジャンピングフローターで
打つサーブも、通常のフローターにしていました。効果率が
結構高いだけに、これも痛手です。

試合中は気持ちが張っているから、意外に大丈夫なものですが、
来週以降どうなのかちょっと心配です。おそらく軽度の捻挫
だと思われます。


チャンスボールなのにセッターへのトスが短かったり、2段
トスが大きくブレたりと、スタッツには表れない細かなミスが
リーグ序盤より多くなっている気がします。フルセットの
試合が多いですが、今日の試合はフルセットに持ち込むこと
さえできなかったと言うべきで、勝てる試合を落とした感が
否めません。

サーブレシーブの修正は、すぐにできるようなことではありま
せんが、ここを何とかしないとジリ貧の結果に終わりそうで、
不安が先立ちます。来週はホームの川越大会。土曜日の相手は
またもNEC。日曜日はJTで、共に1度敗れている相手。とはいえ
リーグ屈指の「ミスの多い相手」でもあるので、これに付き合わ
ないことが肝心。

土日とも現地で応援して参ります!


posted by 千酔亭 at 19:50| Comment(0) | TrackBack(0) |  → 武富士バンブー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月24日

14勝目!

武富士バンブーは今日もまたフルセットの末デンソーを下し、
青息吐息の勝利を収めました。開始から2セットを連取される
苦しい展開でしたが、エステスと、第3セットからレフトに
回ったチエが大活躍。サーブレシーブが悪く、センター線が
機能しない中、本当によくやってくれました。

いつものようにライブスコア観戦だったんですが、第1セット
途中から見始めるとスコア3-8でテクニカルタイムアウト中。
しかしここから足立と石川が共に連続得点し、デンソーにも
ミスが出始める。18-15になった時にはこれで行けるか…と
思いました。

しかしそこから、というか最初からなんですが、眞をどうにも
止められない。決定率は80%を超え、デュースになってからは
エステスvs眞状態。このセット結局は落としてしまいます。

中盤に8連続失点を食らって、振り返るのも嫌な第2セットも
取られ、石原監督はオーダーを修正します。今日もライトで
消えていたチエをレフトに回し、ライトには石田を入れる形。
これでチエが生き返りました。

さらに、エステスを前衛レフトからスタートさせ、センターも
石川から三澤に変える必勝体制で、第3・第4セットを取り返し
ます。第3セット最後の三澤の連続ブロックは見事でした。

最終セットはデュースまでもつれこむ接戦の末、バンブーが
取りましたが、とにかく今日はミスが多かった。その象徴が
このセット。相手が挙げた15点のうち、何と7点がバンブーの
ミスによるもの。完全に一人相撲です。今日1試合で28失点。
今年最悪じゃないでしょうか。


こんな試合やってちゃ明日のNEC戦は苦戦必至です。勝敗上
では並んでいても、久光にじわじわ離されていくよ…って締め
ようと思っていたら、何と久光がシーガルズに敗れるという
まさかの展開が待っていました。ウソ〜〜〜〜!

こちらもライブスコア追ってたんですが、今日の久光は何か
変でした。落合を早々に下げてしまい、数字上では特別悪い
こともない先野も第3セット途中交代。かと思えば、決定率が
低いアナパウラはそのままで、しかもそこに球を集める橋本。
こういう時にこそ小山を使えばいいのに、それさえしない。

第4セット、森にボコボコにやられて12-24のマッチポイント。
そんなところでなぜか、真鍋監督はセッターを渡辺に交代…。
全く無意味としか思えないんですが、途中で捨てていたんで
しょうか。それとも食あたりで全員調子が悪かったとか?

シーガルズは確かに独特なバレーをするチームですが、
何も今に始まったことじゃない。シーガルズどうこうではなく、
今日は久光が明らかにおかしかった。


そんなわけで、毎試合「綱渡り」しているバンブーが、なぜか
単独トップに立ってしまいました。そんな感じ全くしないん
ですけどね〜。バンブーファンはみんなそう思ってるはず。

明日はGAORAでテレビ観戦します。


P.S.
前にもありましたが、リーグ公式の試合会場レポートにミスが
目立ちます。『武富士の大槻が2本連続でブロックを決め』って、
大槻はデンソーのセッターだよ!! 背番号が同じだからって、
アホな間違いするんじゃない。正しくは『武富士の三澤』です。

別に急ぐもんじゃないんだし、ちゃんと確認してからアップ
して欲しいですね。
posted by 千酔亭 at 20:32| Comment(0) | TrackBack(0) |  → 武富士バンブー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月23日

グラムロックの雄

「グラムロック」というロックの中の1ジャンルは、現在ではほぼ死に絶えていますが、それが最も光を放っていた'70年代の前半、大きな人気を得ていたのがT.REX。マーク・ボランという強烈な個性が生み出した世界は、今もなお魅力的で、色あせることがありません。

最初に現れたスターがいきなり頂点にたどり着いてしまったのが、このジャンルを短命に終わらせた理由でしょうか。ビジュアル系の走りとも言えますし、単純明快なサウンドはパンクへの影響も絶大でした。映像はかなり色々とあったんですが、'72年の傑作"The Slider"から、この曲をチョイスしました。


T.REX "Metal Guru" 1972

もう1人、忘れてはならないのがデヴィッド・ボウイ。'80年代半ば以降のスマートなボウイしか知らない人には、この時期の奇抜なファッションはびっくりかも知れません。いかにもアーティスト然とした若き日のボウイは、掛け値なしにカッコいい。大傑作アルバム"Ziggy Stardust"の収録曲で、私が最も好きな曲の演奏シーンも発掘しましたので、ぜひ聞いてみて下さい。以前に何かのCMで使われていたので、聞いたことあるかも知れませんよ。


David Bowie "Starman" 1972

おまけと言っては何ですが、今日取り上げたグラムの雄2人が競演している映像も見つけました。1分ちょっとの短いものですが、こんなことがあったんですね〜。


Marc Bolan and David Bowie 1977 on TV show

タグ:YouTube
posted by 千酔亭 at 21:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月22日

"Stay With Me"

最近また"YouTube"に埋まっている貴重な映像をほじくり返す
のが楽しくなってきました。先日取り上げたヴァンゲリスの映像は
比較的新しいものでしたが、今日は70年代初め頃のものです。

昨年の6月26日に取り上げたフェイセズのアルバム"A Nod Is
As Good As A Wink To A Blind Horse"から、シングルカット
された"Stay With Me"の演奏シーンを発掘しました。アルバムが
発表されたのは'71年のことで、この映像もほぼ同時期でしょう。
とにかくカッコいいです。ロンウッドにも注目して下さい!


Faces "Stay With Me" 1971


同じ時期にソロ活動も並行して行っていたロッドは、むしろそちらで
大きな成功を収めます。これほどの素晴らしい演奏を聞かせながらも、
フェイセズは徐々にロッドのバックバンドと化して行き、その名前すら
「ロッドスチュアート&フェイセズ」となります。

それに失望したロニーレインが'73年に脱退、ロンウッドはご存知の通り
ローリングストーンズへ参加。バンドは解散しました。

下の映像はロッドのソロですが、バックを務めているのはフェイセズの
面々。上の映像と同じ'71年のものです。前述した昨年6月の記事でも
書いているんですが、とにかく一度生で見たかった。'71年といえば
私はまだ2歳なので当然無理なんですが、凄いエネルギーを感じさせる
グループです。

Rod Stewart "Maggie May" 1971


タグ:YouTube
posted by 千酔亭 at 21:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月21日

映画撮影中

まずはこちらを。

『川口は第2のふるさと』
「母べえ」製作会見 吉永小百合さんらが抱負


川口は私の住む町で、SKIPシティは家から自転車で10分程度の
ところ。そんな近くで映画の撮影をやっていたとは…。戦前の下町の
町並みを再現したオープンセットがあるそうで、今度の週末に写真
撮ってこようと思います。…撮れるのかどうかわかりませんが。
吉永小百合を見られたらラッキーですね。

「キューポラのある街」はずいぶん前に見たことがあります。確か
学校の授業か何かで見たんじゃなかったか?(当時は札幌にいたん
ですが)映画のイメージと今の川口は全く違います。

キューポラとは鋳物用の溶銑炉。かつては鋳物の街として栄えた川口も
今や東京のベッドタウンと化し、駅前には高層マンションが林立します。
騒音や煙突から出るすすが嫌われ、鋳物工場は次々に閉鎖、若しくは
郊外に移転しています。

それでもまだ駅の近くで頑張っている鋳物工場もあり、かすかながらも
かつての面影を残しています。吉永小百合が「足を向けては寝られない
第二のふるさと」とまで言っているのは、住み始めて約7年の新参者にも、
何かうれしく感じます。


こんなサイトを見つけたので、ぜひご覧ください。

路地裏のさんぽにん「JR京浜東北線・川口駅周辺を歩く!」




posted by 千酔亭 at 20:49| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ・映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月19日

クラシックの風格

ヴァンゲリスという名前を聞いて、すぐに何曲か思いつく人は
決して少なくないでしょう。映画や五輪等の大きなイベントで
彼の曲が使われているし、かの名曲『炎のランナー』を聞いた
ことがない人なんているんでしょうか。記憶に新しいところで
2002年のサッカーワールドカップの公式アンセムも忘れられ
ません。

ヴァンゲリスの名前自体は小学生の頃から知っていましたが、
その音世界に触れたのは中学2年の時。1983年公開の名作
『南極物語』のサントラにおいてでした。私は当時中学2年生。
映画は個人的に見に行ったのではなく、学校全体で見に行った
ものでした。

ストーリーはわかっていたし、とにかく眠かったので、前半は
ウトウトしながら見ていた記憶があります。自分にとって演技
やストーリー以上の大きなインパクトは、ヴァンゲリスの音楽
でした。映像とのえもいわれぬ一体感があり、徐々に引き付け
られていったものでした。サントラをレコードで買いましたが、
どこにやってしまったんでしょう?

急にこの映画のことを思い出したのは、ご存知 "YouTube" で
『南極物語』を見つけたから。久しぶりにその美しい音楽を
聞いて、次に『炎のランナー』を探し、聞き終わる頃にはCDを
買おうと決意していました。


Vangelis "Antarctica" 1983

ヴァンゲリスの音楽には、クラシックのような風格と荘厳さが
あり、CDを買いに行った店でイージーリスニングに分類されて
いるのを見たときには「アホか!」と思いましたね。ベスト盤は
あまり買わないんですが、これは別です。

Vangelis.jpg
Vangelis "Odyssey" 2003

『ブレードランナー』や『新大陸発見〜コロンブスのテーマ』、
YESのジョン・アンダーソンとの共演などもあって、非常に聞き
どころの多い作品。かなりの勢いでお勧めです。

ではもう1曲。もちろん『炎のランナー』です。


Vangelis "Chariots of Fire" 1981

posted by 千酔亭 at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月18日

13勝目!

4強争いもだいぶ見えてきたか? 今週のV・プレミアリーグ、
武富士バンブーは土日ともフルセットの末、辛くも勝利し、
13勝目を挙げました。首位の久光がパイオニアに敗れたため、
勝敗の上では並んでいます(セット率の差で2位)。

まず土曜日の東レ戦。所用のためライブスコアを見られず、
細かいところはわかりませんが、スタッツを見る限り西脇を
止められなかったようですね。決定率64.5%は尋常な数字
ではありません。それでも勝てたのは相手のミスの多さに
助けられた部分もあるんでしょう。

各セットのスタートローテーションを見ていると、気がつく
ことがあります。東レは第3セットまで前衛レフトから順に
木村・大山・荒木の順に並べ、第1セットは25-19と圧倒
しました。

西脇にマッチアップするのは石川が1ローテ、内藤が2ローテ。
おそらく石川が対処できなかったんでしょう、第2セットで
石原監督は1つ回し、西脇と内藤が完全にマッチアップする
形にしました。

接戦の末にこのセットを取りましたが、それでは不十分と
考えたのか、第3セットでは193cmのエステスを前衛レフトで
スタートさせ、西脇をつぶしにかかったものと思われます。
実際途中で冨田と替わっていますから、効果があったんで
しょう。このセット25-20でバンブーが取っています。

すると東レの菅野監督、第4セットでは何とローテを4つも
回して、西脇を後衛ライトからスタートさせる布陣にして
います。石原監督も1つ回しているんですが、4つは予想外
だったでしょうか。第2セットに続いて内藤とマッチアップ
する形だったんですが、ここは25-23の接戦を東レが取り
ました。

15点で終わる第5セット、バンブーは当然エステスを前衛
レフトでスタートさせましたが、東レは第4セットと同じ
ローテ。西脇が後衛ライトで、木村も後衛センター。短い
第5セットでこの布陣は消極的に見えます。最も得点力の
高いローテからスタートすべきところで、確かに前は3枚
揃っていますが、東レにとってベストの選択とは思えない。

勝負は案外そのあたりでついているんじゃないでしょうか。


で、本日のシーガルズ戦。またフルセットですよ…。実は
好きなんじゃないか? と訝りたくなるくらいフルセットが
多いですね。何と6試合目。ストレート勝ちはたった1回で、
ストレート負けも1回だけですから、こなしたセット数が
全チームの中で一番多い! たたでさえ日程がハードだと
いうのに。さすがに疲れが出ているのか、今日もルミ姉は
途中交代でした。

前回の試合の時にも書きましたが、なぜかシーガルズ戦は
苦戦します。今日も若浦にボカスカやられて、相当きつい
内容だったようです。スタッツで決定率を見ると森や神田の
方が上なんですが、バンブーファンの視点でライブスコアを
見ていたものにとっては、若浦の名前ばかり見させられた
気がします。

あとは毎度のことですが、神様仏様エステス様でしたね。
エステスがメインで、他の選手はスパイスみたいな状態。
これが逆になると強いんでしょうけどね〜。


ところで今日の試合、序盤にアクシデントがありました。
ライブスコアを見ていたら、第1セットの序盤で石川から
小松に早くも交代。まさか石川に怪我でもあったのでは…
と思っていたら、そのわずか数分後、今度は小松から石川
に交代。ローテを考えても意味がわからない。

これは何かおかしいと思ったものの、ライブスコアでは
確かめようがない。仕方がなく「2ちゃんねる」の実況板を
見に行くと、そこに『負傷退場』の文字が…。石川は単に
動きが冴えなかったから変えられただけのようです。

バレーは野球やサッカーと違って、選手の怪我の状況など
マスコミから伝わってこないので何とも心配です。小松の
症状が少しでも軽いことを祈ります。


来週は第2レグの最終週。土曜は調子下降気味のデンソーと。
日曜は本来の出来を取り戻しつつあるNECと相対します。
ここも何とか連勝と行きたいですねぇ。日曜はGAORAで
中継があるので、先月行ったネットカフェにまた行って
こようと思います。

posted by 千酔亭 at 21:04| Comment(2) | TrackBack(0) |  → 武富士バンブー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月16日

川口グリーンセンター

私の住む川口市に「グリーンセンター」という植物園のような
施設があります。実際には遊具があったり、結婚式ができる
くらいのホールがあったり、鳥が飼われていたりと純然たる
植物園ではありませんが、それなりに楽しむことができます。

先週の土曜日、天気が今ひとつだったので、小石川まで行く
べきか迷った末、近場(自転車で10分)のグリーンセンターに
しました。晴れたり曇ったりでしたが、それでも撮影には
十分な明るさがありました。

gc00.JPG
着いた時はまだ曇っていました

gc01.JPG
孔雀など、鳥もいろいろいますが、ちとケージが狭い

gc02.JPG
早春を代表する花の一つ 福寿草

gc04.JPG
冬咲きヒイラギナンテン(柊南天)

gc05.JPG
これも早春を代表する花 シナマンサク(支那満作)です

gc_roubai.JPG
ロウバイ(蝋梅)です。名前の由来は蝋細工みたいだから

gc_ume3.JPG

gc_ume5.JPG

gc_ume4.JPG


梅もこないだの御苑よりはかなり良く撮れました。が、今回は
途中でバッテリーがやばくなって、何とも中途半端な形で終了。
園内を走るミニSLやミニ新幹線を撮れず終い。今週末に改めて
撮りに行こうと思っていたのに、天気がちょっと怪しい。

崩れるのは夜になってかららしいので、曇り始める前に何とか
撮ってしまおう。花粉に負けてたまるか。


posted by 千酔亭 at 22:08| Comment(2) | TrackBack(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。