2005年11月14日

バレーボールが面白い

スポーツは見る専門の私ですが、中でも好きなのはサッカー(代表戦のみ)と、バレーボール(女子のみ)です。どのスポーツでもここ何年か特にそうだと思いますが、国際試合は盛り上がるけど国内リーグはやや下火。より正確に言えば、「世界を相手に戦う日本人」には大きな注目が集まっているのに対し、国内組はやや扱いが小さいようです。

もともとそういう傾向があったとは思いますが、こんなに極端ではなかった。その比重が大きく変わったきっかけになったのは、野茂英雄のメジャーリーグ挑戦(95年)であり、サッカー日本代表のワールドカップ初出場(98年)ではなかったでしょうか。

野茂が3年連続で2桁勝利を挙げ、細かったメジャーへの道を大きく広げたことによって、追随する選手が出始め、それに伴って野球ファンのメジャーリーグへの注目度を飛躍的に高めた。逆に国内リーグはその人気を急速に落とし、低い視聴率がそれを裏付けた。

サッカーもそうでしょう。代表戦に比べてJリーグの注目度ははるかに低く、出番が少なくても海外組は、国内組とは別格の扱いだ。「試合に何分出たか」ならまだいい。「ベンチ入りしたか」なんていう低い次元でも記事になってしまう。さすがにいいことだとは思えないが…。

明日からバレーボールの「グランドチャンピオンズカップ」が始まります。今日も大会を中継する日テレが特番組んでました。腰痛で全日本を離れていた大山加奈が戻ってきたのは嬉しい限り。彼女は自分のブログで「みなさんに心配かけたり、励まされ支えられて来たのでその感謝の気持ちをコート上で表したいと思います。」なんていうコメントを出している通り、本当に真っ直ぐな性格の持ち主。腰は完治した訳ではなく、少々心配でもありますが、何とかいい結果を出してもらいたいものです。レシーブがもっと上手になって、コート上でより自信を持ってプレーできるようになれば、世界を代表するアタッカーになれる素質を持っていると思います。

…あと吉澤智恵も好きです。う〜ん、おれもなかなかミーハーだな。

野球の国内リーグにも、サッカーのJリーグにも大して興味のない私ですが、バレーのXリーグは見たい。地上波でももうちょっと中継しましょうよ、テレビ局さん。


posted by 千酔亭 at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | バレーボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。