2005年11月17日

グラチャン観戦記 その1

2戦を終えて1勝1敗。昨日のポーランド戦はかなりもったいない負け方だったようですね(鍵だった第4セットを日テレがカットしやがったので、推測でしか言えない)。最近の対戦成績で大きく勝ち越しているとは言っても、その多くはポーランドの大エース グリンカがいなかった中での結果。ここでキッチリ勝ってもらいたかったんですが…残念でした。

大山加奈の腰の状態が心配だったのですが、とりあえず大丈夫そうで何より。ここ最近の全日本のレフトは高橋みゆき、菅山かおる、吉澤智恵と170cm前後の選手が中心で、柳本監督の「スピードと変化」というキャッチフレーズも苦し紛れに聞こえたものですが、やはり「大砲」がいてもらいたいポジションですね(吉澤ファンとしては自己矛盾を感じる部分でもあるのですが…)。相手レシーバーを弾き飛ばす、彼女のストレート打ちは見ていて爽快です。テレビ越しに聞くのでもスパイク時の音が他の選手と違います。

まだ完全でない状態でこれだけできているのだから、先が楽しみなところではありますが、この大会の後もXリーグがあり、黒鷲旗があり、それからまた全日本の合宿に入ることになるんでしょう。頑張りすぎて悪化させないことを祈りたいもの。

大友愛が目立ってないですね。今日の韓国戦ではそこそこ活躍してましたが、昨日は「昼あんどん状態」でした。サーブレシーブがキチッとセッターに返ってこそ生きるセンターというポジションであり、そこに問題があったのは確かなんですが、対角の杉山を物差しにすると明らかに物足りなかった。何といえばいいのか…レースカーが公道をしずしずと走っているような感じを受けてしまう。

7月のワールドグランプリ。ライトのポジションに入った彼女は本当に生き生きとして見えました。その時の印象がまだ脳裏に色濃く残っているだけに、余計にそう思ってしまうんだと思います。現在のチームで与えられた役割をきちんとこなしているのだから、それでいいのかも知れませんが「もったいない」感じがしてなりません。

解説でおなじみの中田久美さんが「高橋(みゆき)がレギュラーにいるようでは、日本に未来はない」と言ったそうですが、確かにチームの大型化は北京への大きなテーマでしょう。しかし現状ではそれを中心に据えてメンバーを編成するとレシーブ力が極端に落ちる。(希望的観測を交えて)現在の全日本で言うなら、大友をライトに回し、センターには杉山と決定力で宝来に勝る荒木を。レフト対角は大山と木村…う〜ん、リベロが入ることを考慮してもやはり少し不安ですかね。特にサーブレシーブが。

「小さいからこそできることだってある」というのは、とあるインタビューでの吉澤の弁ですが、「絶対にボールを落とさない」という執念を感じさせるプレーというのは、やはり小さな選手から感じることが多いように思います。菅山も櫻井も竹下も、読みと反応の鋭さには舌を巻きます。

「大」と「小」をうまく組み合わせるのが監督の腕の見せ所なんでしょうけど、本当に難しいでしょうね。悩みすぎてハゲてしまいそうです。



posted by 千酔亭 at 00:08| Comment(0) | TrackBack(0) | バレーボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月14日

バレーボールが面白い

スポーツは見る専門の私ですが、中でも好きなのはサッカー(代表戦のみ)と、バレーボール(女子のみ)です。どのスポーツでもここ何年か特にそうだと思いますが、国際試合は盛り上がるけど国内リーグはやや下火。より正確に言えば、「世界を相手に戦う日本人」には大きな注目が集まっているのに対し、国内組はやや扱いが小さいようです。

もともとそういう傾向があったとは思いますが、こんなに極端ではなかった。その比重が大きく変わったきっかけになったのは、野茂英雄のメジャーリーグ挑戦(95年)であり、サッカー日本代表のワールドカップ初出場(98年)ではなかったでしょうか。

野茂が3年連続で2桁勝利を挙げ、細かったメジャーへの道を大きく広げたことによって、追随する選手が出始め、それに伴って野球ファンのメジャーリーグへの注目度を飛躍的に高めた。逆に国内リーグはその人気を急速に落とし、低い視聴率がそれを裏付けた。

サッカーもそうでしょう。代表戦に比べてJリーグの注目度ははるかに低く、出番が少なくても海外組は、国内組とは別格の扱いだ。「試合に何分出たか」ならまだいい。「ベンチ入りしたか」なんていう低い次元でも記事になってしまう。さすがにいいことだとは思えないが…。

明日からバレーボールの「グランドチャンピオンズカップ」が始まります。今日も大会を中継する日テレが特番組んでました。腰痛で全日本を離れていた大山加奈が戻ってきたのは嬉しい限り。彼女は自分のブログで「みなさんに心配かけたり、励まされ支えられて来たのでその感謝の気持ちをコート上で表したいと思います。」なんていうコメントを出している通り、本当に真っ直ぐな性格の持ち主。腰は完治した訳ではなく、少々心配でもありますが、何とかいい結果を出してもらいたいものです。レシーブがもっと上手になって、コート上でより自信を持ってプレーできるようになれば、世界を代表するアタッカーになれる素質を持っていると思います。

…あと吉澤智恵も好きです。う〜ん、おれもなかなかミーハーだな。

野球の国内リーグにも、サッカーのJリーグにも大して興味のない私ですが、バレーのXリーグは見たい。地上波でももうちょっと中継しましょうよ、テレビ局さん。
posted by 千酔亭 at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | バレーボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月13日

カラス対策

自転車をこいで近所を何気なく走っていたら、一瞬ドキッとするものを目にしました。

カラス.JPG


もちろん実物の訳はなく紙製です。カラスがゴミを散らかすのを防ぐための対策として、少なくともしばらくの間は効果を発揮するんじゃないでしょうか。

でも何ていうか…残酷な感じがしますね。近隣住民の被っている迷惑というものは重々理解していますが、子供がこれを見てどう思うんでしょうか。カラスが非常に頭のいい動物であるということを理解するにはいい「教材」ですが、死骸に似せたものを吊るすというのは…カラスという動物に対して「怖い」とか「気持ち悪い」とかいう意識を増長させるだけのような気がします。

もう少し何か…いい対策がないもんですかね。

posted by 千酔亭 at 20:10| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月11日

怪しい貼り紙

私の家の近所にはジャスコやイトーヨーカドー、マックスバリューなどの大型店舗がありますが、その近辺でよく見かける妙な貼り紙があります。

チラシ.JPG


本当に怪しいですね。

内容を額面通りに受け取っていいのか、それとも新手の詐欺なのか。そのままの意味だとすると、これを書いた人は結構金持ちかも知れませんね。「家はある、金もある。でも一人じゃ寂しいから、誰か一緒に住んでくれないか?」そんなところだろうか…。

でも字を見ると、何か頼りなさげな老人を思い浮かべてしまう。「とりあえず家も金もあるんだけど、一人じゃ何もできないから、誰か面倒見てくれぇ…。」 うん。こっちの方がピンとくる。

電話した人いるんだろうか? 気になるけど自分が電話して聞いてみる訳にもいかないしねぇ。

posted by 千酔亭 at 20:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月10日

お笑いブーム

テレビをつければ芸人にあたる。それくらいのお笑いブーム。今年中には終わるなんて声もありましたが、なんのなんの。まだまだ続きそうな気配です。

ブームの火付け役になったのは、何と言ってもNHKの「爆笑オンエアバトル」でしょう。日テレの「エンタの神様」や、年末の「M−1グランプリ」は、むしろ後乗り。ますだおかだ、麒麟、タカアンドトシ、陣内智則等々、良質の芸人達を送り出してきました。

ただ、それでもやっぱり、ブームの終焉が近い感じはしてきましたね。HGのような「キワモノ」が出てくるとそれを強く感じます。波田陽区はそろそろ消えそうですね。「エンタの神様」は罪深いですよ。一発屋を製造しては、次々に消費していく。番組内の笑い声は合成。無粋な字幕スーパー…。

結局「テレビで生き残っていく芸人」とは即ち、「アドリブの利く芸人」に他ならない。ネタは抜群に面白いのに、テレビではその良さが全く出ない芸人はテレビ向きではないということ。逆に、例えば青木さやかあたりは、ネタは泣けてくるほどつまらないけど、テレビでは生き生きとして見える。向き不向きというか、それぞれに適性があるものだと思う。

17日の木曜日に、久しぶりに「ルミネtheよしもと」に行ってきます。舞台芸人の面白さを味わってきたいと思います。千鳥を生で見るのは初めてなので、かなり楽しみにしてます♪
posted by 千酔亭 at 22:02| Comment(2) | TrackBack(0) | テレビ・映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月09日

かわいい?

昨日だったか一昨日だったか、日テレの「ズームインSUPER」で歌手の倖田來未を取り上げていました。羽鳥アナが道行く人に写真を見せて「この人知ってますか?」と問う。すかさず「倖田來未!!」と返す女子高生。続けて「かわいい!」とか「エロい!」なんていう声が重なる。

勝手に写真を使うわけにもいかないので、オフィシャルサイトへのリンクを貼っておきますが…かわいいですか? 好みの違い、感覚の違いと言ってしまえばそれまでなんだけど、自分には「動く蝋人形」にしか見えない。「エロい」とも思わない。単に下品なだけじゃないか。要するに「作り過ぎ」。人間っぽく見えない。

芸能人で自分が「かわいい」と思った女性と言えば…深津絵里とか黒谷友香とか、あとは小西真奈美かな。考えてみると自分は少なからず、女性に「知性」を求めているのかと思う。少なくとも見た目に知性を感じさせない女性には、本当に全く魅力を感じない。

「ジェネレーションギャップってのは、こうして広がっていくんだろうなぁ」と考える秋の夜長。

posted by 千酔亭 at 22:12| Comment(0) | TrackBack(1) | テレビ・映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月08日

無人島の1枚

「無人島にもって行きたいCD」

つまり、のんびり寝られる以外に大した楽しみもない場所へ、CDを持って行って聴けるなら何を選ぶか? 音楽好きな人ならかなり悩むでしょう。自分の持っているCDは約300枚。内訳はロックが約50%、ジャズが約45%、その他(クラシック等)約5%。この中から1枚だけ選べというのは至難の業…でもない。「これ!」というものがあります。

それはニール・ヤング 1970年の大傑作「アフター・ザ・ゴールド・ラッシュ」。とにかく全ての曲が掛け値なしに素晴らしい。

AfterTheGoldRush.JPG


このアルバムを初めて聴いたのは中学2年生の頃でした。ラジオでたまたま耳にした「Only Love Can Break Your Heart」が心臓にグサリと刺さり、翌日にはレンタルレコード店へ借りに行って、最後まで聴き終わらないうちに買うことを決意。さらにその翌日にレコードを購入しました。

それから聴き続けること22年。14歳の少年は36歳のおっさんになりました(^^; 多分じいさんになっても、自分が生きている限りずっと聴いているでしょう。無人島どころか墓場まで持って行きたいCDです。

このアルバムの素晴らしさを表現するには、自分の語彙・文章力ではあまりに貧弱なので、最も的確にこの作品を形容した他人の言葉を借用します。

「最初歌にしようとしようとしたものが、ほとんど手を加えずに微妙な感覚で表現されているとてもいい例が、ニール・ヤングの歌にはある。鉈でバサバサと木をけずっていって出来た彫刻のような味わいがある。」(渋谷陽一:ロック ベスト・アルバム・セレクションより引用)

posted by 千酔亭 at 23:15| Comment(5) | TrackBack(1) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月07日

蚊の季節

蚊といえば「夏」のイメージがありますが、自分にとって蚊は「秋」の季語です。なぜって、夏場は全然刺されないのに、涼しくなって来ると刺されるから。何故なんでしょう? 体質なのか、刺されると「蜂にでも刺されたの?」って聞かれるくらい腫れ上がります。いつだったか、唇を刺されたときはえらいことになりました。

なので、蚊の羽音には人一倍敏感です。あの「ぷ〜〜〜〜〜〜ん」という羽音が耳に入ると、よほど深い眠りに入っていない限りは、すぐに飛び起きます。真夜中だろうと朝方だろうと、すかさず電気をつけて蚊を探します。大体の場合、ベッドからそれほど離れていない位置の壁とか天井に止まってます。

「こいつか…おれの安眠を妨害した奴は…。」心の中でそうつぶやきながら、右手に握るキンチョール。映画に出てくるスナイパーよろしく静かに構え、そっと噴射バルブのボタンを押す。

「シュ〜」っという音と共に噴射されるピレスロイド系殺虫剤。命の危険を察した蚊は慌てて飛び立つが、時すでに遅し。ピレスロイドは、蚊の体表から体内に入り、神経を攻撃して蚊を興奮させ、やがてケイレンを起こしマヒ状態にさせる(参照:KINCHO/大日本除虫菊株式会社ホームページ)。


もう、とにかく見つけるまで探します。どうしても見つからなかったら部屋全体に殺虫剤を噴霧して、自分は1〜2分間トイレの中で宅配ピザのチラシでも見てます。換気をしてから再び布団に入り、朝までぐっすり。

いや、わかってますよ。そこまでやるんだったら蚊取り線香とかキンチョーリキッドでも常時焚いとけばいいだろうって。でもまあ、殺虫剤を撒き散らすのは「非常時」だけにしときたいんです。常に部屋の中に殺虫成分が漂ってるのって、あまり気分的に良くないので。

蚊との戦いもあと少し。何とかこれ以上刺されずに秋を乗り切りたい。

posted by 千酔亭 at 21:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月06日

幻の焼酎?

「赤霧島」という焼酎があります。芋焼酎とは思えない華やかな香りがあり、後味も素晴らしいのが特長。メーカーである霧島酒造のHPによれば、幻の紫芋「ムラサキマサリ」を100%使用しているのだとか。初めて飲んだ時にはちょっと感動すら覚えたものでした。それくらいおいしい。

この商品、1年中売っている訳ではなく、毎年ちょうど今頃の時期に数量限定で販売されます。原料であるムラサキマサリの収穫量が限られている為です。限定品といえばプレミアがつくことがよくありますが、この焼酎も例外ではありません。折りしも今は焼酎ブーム。本来の値段の数倍もついていることは珍しくも何ともない。

一時よりもやや下がってきたとはいえ、例えば人気銘柄の「佐藤(黒)」は、本来の価格は一升瓶で2990円(関東近辺。地域によって少し差がある)。しかし市場価格は6000円〜15000円です。高過ぎ!! 6000円程度で売っているところが良心的に思えてくる。

で、赤霧島ですが、本来の価格は900mlで1000円程度。特別高いものじゃないんです。ネットで探してみると、予想通り軒並み売り切れ。ようやくあったかと思うと、値段が5000円台だったり、別の物との抱き合わせ販売だったり…。ひどいのになると「飲み比べセット」なんていう名前をつけて、別銘柄のものと6本セットにして売ってた。黒ぢょかとのセットもあったり(約7000円)、強欲過ぎるよホントに…。

5000円も出して買うものじゃないし、あきらめるしかないかな〜と思っていたんですが…ありましたよ。近所のスーパーで…1000円ちょっとで。「灯台もと暗し」とは良く言ったもんです。飲み仲間の、ちょっと気になっている女性から「見つけたら私の分も買っといて下さいね〜」と言われていたので2本購入。早速メールで「確保」の知らせを送ると、「うれし〜!」と返ってきました。良かった良かった…。

赤霧島.JPG


ちょっといい気分で晩酌中。これで来週の仕事も頑張れる。



posted by 千酔亭 at 21:48| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ファンタジーステークス

POGの持ち馬、ブラックチーターが出走します。新馬戦の勝ちっぷりからかなりの器であると想像していますが、ここで大きく躓くようでは先が見えてしまう。スケールの違いを見せつけるような勝ち方をしてもらいたいもんだと思っています。結果
posted by 千酔亭 at 00:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。